巨大地震の予感



 



 大分県のとある山里で5月下旬から地割れが発生し、現在も拡大を続けている。地割れの箇所は81箇所に及び、現在も1時間に数ミリ単位で拡大している。避難勧告が発令され、長期化を睨んで仮設住宅の設置が決定した。「謎の地割れ」と地元新聞などで騒がれてたが、実はそこは地すべり地帯であるので、地すべり活動が活発になったのだろうと一件落着の模様。




綿田地すべり
(西日本新聞より引用)




 しかし、どうも地すべりだけでは解決できない深刻な問題を抱えている。なぜなら、この場所は大分県豊後大野市朝地(アサジ)町綿田(ワタダ)地区であり、中央構造線上にあるからだ。言わずもがな、昨年4月に発生した熊本地震の震源も中央構造線上にある。阪神・淡路大震災が2ケ月程度で収まったのに対して、熊本地震は1年以上も経った今でも震度4の余震が続いている。このことから、熊本地震をきっかけに中央構造線そのものが活発化していると考えることができる。つまり、地割れはその前兆現象と見ることができる。



中央構造線
(Google画像を引用・編集)


 私自身、昨年、大分・鶴見岳で観察した変状からも、中央構造線側からの突き上げ(隆起)が確認され、熊本地震と中央構造線の関係に関心を持っていたところである。

鶴見岳

鶴見岳

(個人の写真とスケッチ)




 思いつくのが約400年前の慶長地震である。徳川家康が大坂城西の丸に入城した年(1599年、慶長4年)の3年前、1596年9月1日の慶長伊予地震、同月4日の慶長豊後地震、さらに同月5日の慶長伏見地震と飛び火した。1週間という短期間に、大分県、愛媛県、京都府と大地震が勃発したが、これらもすべて中央構造線上にある。熊本地震はある意味、序章に過ぎず、これから、豊後(大分)、伊予(愛媛)へと巨大地震が波及すると考えることは、あながち暴論とも言えない。そうであれば、中央構造線上にある伊方原発を即刻、廃炉することが急務である。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大都市には
百メートル以上の
超高層ビルが
ニョッキニョキ
心配です

とくに原発はこわいですね。
放射線廃棄物の最終処分場もないし。

Re: No title

rippleさん
こんにちは。
いよいよ本格的な夏ですね。
神奈川県も賑わう季節ですね。

> 大都市には
> 百メートル以上の
> 超高層ビルが
> ニョッキニョキ
> 心配です

そうですね。
といって、〇〇で起きたからよかったなんて
言っちゃ、駄目ですね。
あれほどの
原発事故起こして
まだ懲りていないですね。



プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR