国家の狂妄(きょうぼう)







 「目は口ほどに物を言う」の諺のとおり、誰が真実を語り誰が嘘をついているのか、国民の目には一目瞭然である。嘘で誤魔化せば、弱気な政治家は眼が泳ぎ、筋金入りの官僚はただただ一点を見つめる。そして発する言葉は、それはデマ、それは単なる私的なメモ、情報操作だと繰り返し、事実を完全否定する。威風堂々の喜平さんと比べるまでもなかろう。


 では果たしてなぜ一国の主たる政治家が手を染めるのか。調べれば調べるほどに奥が深く、煽(あお)った後に退散した政治家と裏切られた民は、共に日本会議、憲法改正、軍国主義で繋がるのである。ひと握りの政治家の話ではない。多くの政治家が絡んでいる。トップひとりが責められている間、火の粉がふりかかぬかと背後の不安げな閣僚の様子が手に取るように読める。


 お膳立てをされてそれに乗った民に落ち度がないわけではない。しかし、最も責められるべきは巨額な国費を投じて不法なお膳立てをした官にある。しかし一旦問題が表面化すると、知らぬ存ぜぬの一点張り。そして最後は本質から反れた案件でかつては信頼した民を立件する。
 

 国家とはおぞましいものである。あるものをないと言い切る。言ったことを言ってないと嘘ぶる。会ったのに会ってないと言い切る。その証拠も握り潰す。裏切り行為を恫喝で脅す。嘘が正義となり、正直に報告した者は責められ、正義感をもって告発した者は永遠に葬られる。仮に道路の石ころを蹴っただけでも、道交法で別件逮捕する。それが国家捜査というものだ。


 狂妄(きょうぼう)とは、「正気とは思えないほど道理にはずれていること」(広辞苑)である。ひと握りの政治家の野望が国家の狂妾(きょうぼう)を招き、日本を危険な方向に導いているように思えてならない。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

久しぶりに嘘だと判る嘘というものに当りましたよ。
最近の事件が西日本に集まっていることに不思議を感じています。
安倍くんの知り合いが多いということでも無いでしょうが

Re: No title

呑兵衛あなさん
こんにちは。

> 久しぶりに嘘だと判る嘘というものに当りましたよ。

アハハ、もっとうまい嘘つけばいいのにね。
入口で嘘つくから駄目なんすよ。

> 安倍くんの知り合いが多いということでも無いでしょうが

これに似た例は西日本に沢山あります。
氷山の一角ですよ。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR