森友ゴミ問題







 森友学園問題は煙に巻かれたまま幕引きかと思いきや、次なる爆弾証拠によって新たな火種を熾した。民進党によるヒアリングにおいて、設計会社と森友側弁護士のメールのやりとりが公開されたからだ。深度3m以深のゴミの存在を明らかにするために実施したボーリング調査の結果、予想に反して深度3m以深にゴミが確認されなかったという結果が出たものだから、あたふたした結果、不利な証拠は伏せておこうという一部始終が詳らかになった。


 ここで取沙汰されたのが、ボーリング調査結果の「柱状図」の存在とその解釈についてである。国会議員の話も財務省の話も要領を得ないばかりか間違った見解を示しているので、専門家の立場から説明しておく。


 「柱状図」というのはボーリング調査(通常は径66mmで掘削)結果であり、地盤の地質構成、層相(粒度、締まり具合、色調、含有物など)、N値(地盤の強度的数値の計測結果)などが記載されたものである。地盤調査の基礎ともいえるこの柱状図1本で周辺の地盤状況が明らかになり、複数本の柱状図があればそれらを繋いで地質断面図を作成する。




〔柱状図の例〕
新柱状図




〔地質断面図の例〕

地質断面図.jpg



 深度3m以深にゴミが確認されなかったのだから、敷地全体において深度3m以深にゴミがないと断定できるという意見が出る。かと思うと、ボーリング調査地点でたまたまゴミが確認されなかったのであって、周囲にゴミが存在することは大いにありうるという意見が出る。さまざまな意見や憶測が展開し、混乱している。


 これらの意見は正確に言うとどれも間違いである。地盤には自然に堆積した自然地盤(地層)と盛土や埋土などの人工地盤に分けられ、ボーリングサンプルによって容易に区別できる。ゴミなどの廃棄物は窪地に残土などと一緒に投入されるので、ゴミの存在イコール人工地盤である。しかしゴミが存在しないことイコール自然地盤ではない。ゴミを混入しない人工地盤もあるからだ。


 本件の場合、深度3m以深にゴミが確認されなかったという事実も重要であるが、それ以上に、深度3m以深が自然地盤なのかどうか、人工地盤と自然地盤の境界はどこなのかが最大の問題となる。深度3m以深が自然地盤であれば、敷地のどこを探しても深度3m以深にゴミは存在しない。深度3m以深の何m区間にまだ人工地盤であるとすると、その深度までゴミが存在する可能性がある。要するに、ゴミの有無よりも地盤の評価が重要なのである。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR