Alternative Facts






 今、我々の身の廻りには真実でない情報が氾濫している。牛乳は体に害である、東南海地震が近々起きる。インフルエンザ予防接種は効果がない、日本はほんとうは借金していないなど。最近話題の塩水洗浄などは、命に関わる典型的な嘘の情報である。そのソースの多くが知識階級または名が売れた組織によるSNSであるから、騙され易いことこの上ない。「実際はこうなのだ」という常識を覆すセンセーショナルな嘘の情報を流すと、すぐさま知識階級の民衆が飛びつき、それを自身の手柄のように拡散する。すると、その情報が定説に変身するのである。


 身の廻りにとどまらず、情報操作によって予期せぬ新しい政権が生まれ、真実でない数字でもって政権武装され、嘘の数字がひとり歩きするなど、真実でない情報が世界を支配しようとしている。そして、それは真実ではないのではと問い正すと、「Alternative Facts」という言葉まで編み出す。「別の真実」あるいは「代替真実」と訳されようか。これもまた言葉による嘘である。


 氾濫する情報のほとんどが真実ではないと思えばいい訳であるが、それを検証しようとすると、嘘の情報が検索される。もはやSNSは歯止めのない嘘の氾濫源となっている。SNS自身にチェック機能や真実評価システムなどの導入が求められる訳であるが、当面は民衆ひとりひとりが安易に情報に飛びつかない、疑ってかかるなどの心構えが必要である。


 真実はひとつかも知れないし、複数かも知れない。ただ真実ではないものは嘘である。その嘘の情報が大半であることを肝に命じる必要がある。頼りになるのは自身であり、自身による多角的な検証しかない。この情報社会に生きる人間の知恵がまた試されようとしている。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR