核の矛盾




 北朝鮮が行った5回目の核実験に対して国際社会の非難が高まっている。安全保障と国際社会の平和と安定への脅威であると各国が非難し、日本政府はアメリカ、韓国と協調して北朝鮮への制裁を強化する構えである。


 しかし制裁といっても、中国が裏で支援している以上、何も変わらないのです。北朝鮮にとっては制裁は痛くも痒くもなく、間違いなく今後も核実験を続ける。北朝鮮を国際社会から孤立させるという手法とて、中国とロシアの反対では骨抜きなものになることは必至。もはや国連は不要で無意味な存在と化している。


 北朝鮮を核保有国として認めないアメリカであるが、認めようが認めまいが、北朝鮮の核保有はもはや現実である。核は既にアメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国が保有し、インドとパキスタンも保有を表明している。


 核兵器のない平和社会を実現しようといくら叫んでみたところで、核兵器先制不使用の宣言すらできないのが現実である。核不拡散、核兵器撲滅に関するどのような提案も、どれもこれも綺麗ごとで説得力はない。


 なぜ説得力がないのか。少し冷静に考えてみらたすぐにわかる。核保有国が非難するから説得力がなく、自ら保有する核を手放す決意もなく相手を非難するから説得力がないのである。北朝鮮からしてみれば、自分は持っていて相手に持たせない、それはないでしょ、と思うのは当たり前。ピストルを持っている相手からピストル持つなと言われて、決闘しかけられているようなものである。


 北朝鮮を核保有国として認めないアメリカの態度は、手のひらで太陽を隠そうとしているようなもの。核不拡散、核兵器先制不使用に関してアメリカが毅然とした態度で対峙し、決死の覚悟でもって率先して行動する以外に解決の道はないと思う。


 アメリカが過去に繰り返してきた核実験は許されるというのか。なぜ北朝鮮が核実験を行ったらいけないのか。先に核を保有する国が核を手放さなさず、相手には保有を認めない。核の矛盾についての根源的な議論をしない限り、核のない平和の実現は無理である。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR