意識して体で覚える





 メタボ予備軍という健診結果がきっかけでスポーツジムに通い始めて、もうかれこれ3年経つ。厳しいトレーニングの甲斐あって、今ではメタボの面影は微塵もない。ただ、一番に効を奏したのは、厳しいトレーニングよりも何よりも、普段からの意識なのだと今では思う。普段から背筋を伸ばし、常にお腹を引っ込める、そうした意識をもつことなのだと。


 長い間、筋トレを暗中模索で継続してきて、ようやく掴んだ感触。それは、トレーニングする体の部位を意識し、可動域を広げて、ゆっくり行うことである。例えば胸の筋トレの場合、両腕をできるだけ広げた状態から、胸を意識しながらゆっくりと挟み込む。少し軽めのウエイトでゆっくり10回を1セット、5セット位行う。
 

 ほぼ毎日、ランナーマシンで5km走っている。最初の間は超ゆっくりで走っていたが、それでもきつかった。1年間継続して、時速10kmで30分の記録が出た。しかし、そこが限界で初めて知る。継続的に同じスピードで走れることが大切であることを。ゆったりした走る姿勢と呼吸が大切であると。金哲彦先生著「ランニング・メソッド」には肩甲骨を使った走り方が記されている。最初は理解できなかった。でもランニングを継続してみてわかった。時速8 kmを9kmにスピードアップしても、腕を振って肩甲骨を使えば、推進力が上がって8 kmと同じペースで走れることを。


 スポーツに限らず、私の好きなギターにしても、ライフワークとする学問にしてもそうだ。上達の基本は書物の中にあるかも知れないが、実際に上達に導くためには体で覚えるしかない。頭であれこれ考えても駄目だ。実際にやってみて、訓練に訓練を積んだその後に、実感として得られる感触、それがひとつ壁を乗り越えることができた成果なのだ。ヒントは机上の頭にあらず現場の体にあり。


 「生きる」においても、生きる目的のために、苦労し汗をかいて、初めて生きている実感がつかめるというものだ。そしてなによりも、「生きている」という実感と意識が人生にとってとても大切なのだと思う。 




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

スポーツジムに通ってるですか。良いですね。
私も、退職したらそばにあるスポーツジム通いをするつもりだったのですが、その年に心臓の不具合を覚えて、それっきりジム通いは見送りのままで4年が経ちます。
1日1万歩の散歩程度では、なかなか体力増強にはなりません。

Re: No title

呑兵衛あなさま
お盆休みをいただいてました。

> その年に心臓の不具合を覚えて・・・・・・・

そうでしたか。
それは残念ですね。
でも、1日1万歩の散歩程度で十分だと思いますが。

プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR