義兄の死






 私は今、恩人の義兄が亡くなり、打ちひしがれた思いで泣きじゃくっている。


 義兄は寡黙で不器用な大工職人であった。大工仕事一筋に、家事はおろか、日常の一切を私の姉に任せっきりであった。姉の死後、世間のことも家の事情も一切わからず、それこそ現金ひとつ通帳から出すことすら儘ならなかった。


 義兄の人生は、頼りきっていた姉の死によってぽっかりと空き、それに癌の病が追い討ちをかけた。生きる希望も生気も失せ、いわば亡骸の状態であった。最期は体全体に癌が進行して、痛々しい姿で逝ってしまったと聞く。頼り切っていた姉の死後の義兄が不憫でならない。せめてもの救いは、一人娘と孫のいる関東に引き取られて後のことであった。それに、頼る姉の元に逝って良かったと思う。


 私が高校3年のとき、到底、大学に行けるような経済環境ではなかったが、たまたま育った田舎に国立大学の医学部と工学部があった。もうすっかり進学を諦めていたところ、工学部だったらわが家に下宿して通えるから進学したらどうかと、義兄から救いの言葉をいただいた。文系を目指していたがそんなことはどうでも良く、一気に進学という重い扉が開いた歓喜の瞬間であった。


 その義兄がポツリと発した、天使のような救いの言葉は今でも耳に残る。工学部の学生生活は厳しい。昼間は講義を受けて、夜は遅くまで実験をやる。寝袋で大学に寝泊まりすることも多かった。そんな私に、姉と義兄が夜の弁当を届けに大学に来てくれた。深夜に下宿先の義兄の家に戻ると、食卓にニッカウイスキーの大瓶が置いてあり、「自由に飲んでください」と書置きがあった。


 姉と義兄には恩返ししたつもりでいたが、ふたりを亡くしてみて、恩というものはそうたやすく返せないものだとしみじみ思う。義兄が手を差し伸べてくれなければ、大学の進学も今の自分もない。しかしそれよりも、義兄の死は、人の恩を慈しみ、感謝して生きねばならぬことを、改めて私に教えてくれた。最期のお別れをすることすら叶わなかった私を、寡黙の義兄が天国から叱っているかも知れない。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

突然のご連絡失礼致します。
きみきと申します。
懸賞のブログサイトを運営しているのですが、
貴サイト様を拝見させていただきまして、
是非相互リンクさせていただきたくご連絡差し上げました!
URL: http://goo.gl/7j4rEA
お手数をお掛け致しますが、ご検討のほどよろしくお願い致します。

No title

ジオさん、こんばんは。
泣かせていただきました。

心からご冥福をお祈りします。
お辛いでしょう<(_ _)>

No title

geoさん

謹んでお悔やみ申し上げます。

Re: No title

きみきさん
はじめまして。

懸賞のブログサイトには興味はありませんが、
相互リンクはご自由にどうぞ。

Re: No title

うきふねさん
こんにちは。
毎日、鬱陶しい日が続きますね。
お悔やみの便り、ありがとうございます。
いずれ別れがあるとわかっているものの、
いざその場に出くわすと・・・・・
人の命は儚いものですね。

Re: No title

チカちゃん
こんにちは。
早速のお悔やみのコメント
ありがとうございます。
チカちゃんもここんとこ
立て続けに不幸がありましたね。
遅ればせながらお悔やみ申し上げます。

No title

心からご冥福をお祈り申し上げます。

日ごと、周りの人たちが逝くのを見るにつけ、
我が残り少ない人生をどうやっておくでばいいのか、
考えることの多いこの頃です。

秋には貴兄とそんな事を語り合えたら嬉しいですね。

Re: No title

山猫軒さん
先日はありがとうございました。
お悔やみの言葉もありがとうございます。

> 秋には貴兄とそんな事を語り合えたら嬉しいですね。

是非そうしましょう。

No title

恩は
なかなか
返せない
つぎへ
送ろう

Re: No title

ripple7さん
こんにちは。
連日、蒸しますね。

恩は返したつもりが
返してない
まだ返してないと
思っている間が
救われる

geotechさま
ご無沙汰しており ごめんなさい

御義兄様 心よりお悔やみ申し上げます
文章拝読し泣きました。人の優しさ
恩 永遠の別れ 色々あるのが人生ですが
辛いですね。御義兄様は本当にgeotechさんが可愛いかったのだと思います。そして
誇りだったのだと思います
御冥福をお祈り致します。天国から
ご夫婦で見守られてる事でしょう✨

Re: タイトルなし

ミー子さま
こちらこそご無沙汰してます。

お悔やみのお言葉、
ありがとうございます。
恩はお金では返せません。
人と人とは恩や情で繋がって
いるのだと思います。
ミー子さまのブログにて
奥深い「愛」について学ばせて
いただきました。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR