『しつけ』の難しさ






 北海道で起きた小学生置き去り・行方不明騒動は、無事に保護され事なきを得た。本当によかったねと、誰もがほっと胸をなでおろした。しかしそれも束の間、「置き去りするとは何事か」と、その子の父親をなじるメールや電話が殺到した。テレビでお馴染みの某教育評論家に至っては、「両親の行為は虐待であり、警察に間違いなく逮捕される」と自身のブログで批判する始末。身近の家人も「なんて酷いことをする」とテレビを見ながら父親を批判する。


 これらの両親に対する一連の批判に対して、『しつけ』という観点から何だか割り切れないものを感じる。その子は直前まで他人や他人の車に石を投げていたという。注意しても止めないから一旦、車から降ろした。そして再度乗せたがそれでも続けたので、お仕置きのつもりで置き去りの形をとったという。伝えられている内容なので事の詳細は定かではない。しかし父親の会見を見て、とても優しい父親であり、その子の将来を見据えて育ててきたであろうことは間違いなく読み取れる。


 確かに山中にひとり置き去りするのは危険かも知れない。『しつけ』の時と場所を間違っていたと言える。そのことを前提にして、「あの子がかわいそう」「父親はむごい」と批判だけする人に問いたい。それではあなたはどのように『しつけ』しますかと。悪ふざけの内容にもよるが、人に石を投げれば怪我をさせることになり、車に石を投げれば補償することになる。そんな行為も見て見ぬふりをするのですか。そうでなければ、どのような方法で『しつけ』すると言うのですか、と。


 幼稚園の年長から小学校の低学年にかけて、最初のやんちゃで聞かない時期がある。ただのやんちゃであればいいが、ときには凶暴であったりもする。私も子どもで経験し、今は孫にも同じ経験をしている。突如道路に走り出して命を落とすこともあり、物を投げて他人を傷つけたりもする。一方、この時期は自我が芽生える時期でもあり、自我を大切に育む必要がある時期でもある。


 子や孫が大切で可愛いのはどの親も同じ。では、可愛い、可愛いでよいのか。優しい、優しいでいいのか。なにをしても許していいのか。それは違うでしょ。その子の将来を見据えて教育的観点からの『しつけ』が必要でしょ。ただただ優しいばかりの親や先生が多い今日の状況を見て、これで日本の将来は大丈夫かと憂う。愛情を持ちつつ、ときには体を張った覚悟の『しつけ』が必要であると私は考える。実は、家人との心のすれ違いは子の『しつけ』の考え方の違いから始まった。『しつけ』とはそれほどに難しいものだと、北海道の不明騒動を見て今更ながら思うのである。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです。
可愛い可愛いで、何をしても注意もせずに見過ごしてやり放題。
こんなことでは子供が将来ちゃんとした人間になるわけがないと
思います。
周りでもよく見かける光景ですが嘆かわしい限りです。
今回の事件、ボクは父親がとった行動を支持します。
ただ問題は、子供を降ろして車を発進させてしばらくの間子供を
一人にしたこと。
行き去ったと思わせて実はすぐにリターンして、こっそり子供の行動を
陰から観察する。
これがあればノープロブレムだったと思うんですが。
それにしても意外だったのは、その後の子供の行動です。
ふつう、お父親が去って行った道を追って行くと思うのですが
違う方向に行った。
これは想定外でした。(◆*艸'v`*)

Re: 躾

やまとおのこさん、
お久しぶりです。

> 可愛い可愛いで、何をしても注意もせずに見過ごしてやり放題。
> こんなことでは子供が将来ちゃんとした人間になるわけがないと
> 思います。

同感していただいてありがとうございます。

> 今回の事件、ボクは父親がとった行動を支持します。

私も支持します。というか、その場ではそんな方法しかないのではと。


> それにしても意外だったのは、その後の子供の行動です。
> ふつう、お父親が去って行った道を追って行くと思うのですが
> 違う方向に行った。

それ、私も不思議です。
その子にそのときの心境を聞きたいです。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR