茶番の上塗り






 もともと茶番であるものを、どう理屈付けようが、どうひっくり返そうが、所詮は茶番の上塗りに過ぎない。その茶番劇に、日本中が真剣な振りして取り組んでいる様子が滑稽でならない。一連の東京都知事の疑惑に関してである。しかしながら、ひとりの茶番によって世界の大都市機能が停滞していることを考えると、笑ってもいられない深刻な事態である。


 頭脳明晰なあの方の品性はいわずもがな、パジャマや回転寿司まで公費とくれば、もうこれは品性というより人間性の問題であり、かえって、大きな悪事はできない案外わかり易い人間かも知れぬ。ここまで苔にされてもなお執着するとは、敵ながらあっぱれである。往生際が悪いと罵倒されても居つくその根性たるや、並みの精神ではない。


 彼が繰り返した「第三者による公平な厳しい調査」は、はからずも茶番であることを立証するものになった。ヤメ検のふたりの弁護士による調査は明らかに「第三者による公平な厳しい調査」ではないからである。その理由は以下のとおり。


1. 被疑者の秘書を通じて選任されていること。被疑者と無関係に選任されなければ公平な第三者と言えない。第三者は第三者によって選任されなければならない。

2. ふたりとも同じ弁護士事務所所属の上司と部下であり、内通していること。

3. 第三者委員会というのは少なくとも3名以上の専門が異なるメンバーで構成されることが要件であり、その要件を満たしてないこと。

4. 被疑者および被疑者の秘書のヒアリングを基に調査結果を作成しており、それを裏づける関係者へのヒアリングが皆無であること。


 こんな調査結果は別に弁護士に頼まなくとも自身が吐けば済むこと。それとも第三者に頼まないと善悪も常識もわからないというのか。巷ではこの時期に辞めさせると厄介だとか言ってるが、そんな悠長なことを言っている暇はない。即時に退陣して大都市の機能を回復すべく国を挙げて超法的な策を講ずるべきである。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR