燕の恩返しと鳩の怨念






 この季節、今年も燕がわが家に戻って来た。毎年、ガレージの天井の角っこの同じ場所に巣を作るのだが、昨年は風が強くて、作っては落っこち貼っては剥がれて、最後まで不完全な巣であった。


 そのせいか、今年はその不完全な巣を見廻って、修繕して使えるものかどうか点検しに来ている様子である。さながら、地震による被害家屋の赤紙、黄紙の判定のように。燕が家に寄り付くと幸運を運ぶと言われる。さして幸運はないが、こうした平穏な日常を過ごせるのも燕のお陰かも知れない。







燕の巣





 昔、単身赴任していた頃、マンションのベランダに無数の鳩が寄り付き、ベランダの床は日を追うごとに鳩の糞で埋め尽くされた。鳩害対策として、忌避剤の散布、防鳥ワイヤー、防鳥ネットなどベランダ全体をネットで覆ったがあまり効果はなかった。


 いよいよマンションを引き払うとき、ベランダに埋め尽くされた糞とともに、出たばかりの卵も処分した。それからしばらくして、原因不明の高熱が続いてなかなか治らなかった。いろいろ検査した結果、鳩菌が原因であることがわかった。


 燕には燕の、鳩には鳩の、人には人の、それぞれに大切な命があって、それぞれに大切な命を互いに守りあってこそ、命が引き継がれているのだなぁ。燕が飛び交うこの季節になると、過去の殺生の戒めとともに、生きとし生けるものの命の大切さを痛感するのである。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます

ジオさん、こんにちは♪
ツバメが巣を作ってくれるなんて羨ましいこと。
うちにも作りかけの巣の片鱗が残っていた事が
ありましたが、その後は却下されたようです^^

鳩菌なるものが有るとは、驚きました。鳩の怨念菌?
今年は蜂の巣に悩まされていますが、放置すると
真夏にはえらい事になるので、1㎝未満のうちに
女王蜂に謝りながら取らせて貰っています。今で13個。
蜂菌の高熱が出たらどうしましょう(・。・;

ジオさんの最後の5行。同感です。
今日も殺虫剤を使わず、巣を落としました。
まだ子が入ってなくて幸いでした。

Re: ありがとうございます

うきふねさん、
こんにちは。

> うちにも作りかけの巣の片鱗が残っていた事が
> ありましたが、その後は却下されたようです^^

それでもよござんすよ。
寄り付いてくれてるわけですから。

> 蜂菌の高熱が出たらどうしましょう(・。・;

5年前、瀬戸内海の島の山の中で
スズメバチに刺されて大変なことになりました。
刺された手や腕が2倍に膨れあがり
治るまで1ケ月かかりました。

> ジオさんの最後の5行。同感です。

久しぶりに優しい言葉で締めくくりました。
ありがとうございます。

No title

本日、シニア・ナビに登録しました。

ツバメとハトの記事、楽しく読ませていただきました。

皆さん!シニアと思えない素晴らしいブログを作っていて

本当に勉強になります。

御暇でしたら、マイブログにも遊びに来てください。

No title

アシナガバチが
巣をつくろうとしている
見つけては壊している
あっちも
必死でがんばっている

Re: No title

坂本さま
はじめまして。

> 本日、シニア・ナビに登録しました。

そうでしたか。
私は登録してますが、最近はあまり覗きません。
これからもよろしくお願いします。

Re: No title

ripple7さん、
こんにちは。
アシナガバチですか?
スズメバチよりまだましなのでは?
さすがに、蜂が巣を作るところに
福ありとはいいませんね。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR