駆け込み寺






 起業したのが平成5年だから、早いもので今春で24期目に突入した。毎年の決算を終えると、設立当初のことをしみじみと思い出す。


 設立時はまだ40歳代。気概があり、起業しても何とかなる自信もあった。最初からひとりでやるつもりだったが、予定が狂った。前の会社に長期派遣で来ていたアルバイトNに、私を連れてってくれと頼み込まれた。仕方なく了解したら、事もあろうかNは同級生のOを連れてきて2人雇ってくれと言う。全くもって失礼千万な話であるが、1人面倒見るのも2人面倒みるのも同じこと。やむなく承知した。NとOのど素人2人を抱えた波乱の船出であった。


 時は売り手市場。優秀な学生を採用しようとしても、起業したばかりの零細企業になど来ようはずがない。そのうち知り合いの大学教授から、8年間在学して卒業できないでいる学生がいるが、引き取ってくれないかとの依頼があった。Aというその学生に面談すると頭はそう悪くない。こちらとしては学歴は不要。できればいいのだ。即刻、大学中退を命じて入社させた。


 そうこうしていると、ある会社の社長から、会社の将来を託すTという名の社員がいるのでそちらで指導してもらいたいと。給料は向う持ちの手弁当社員として雇うことになった。また別の大学教授から、大阪の会社に勤めていた卒業生の女性が訳あり退社することになった。そちらで雇ってくれないかとの依頼があった。Yという名のその女性に面接した。現場でトイレがしたくなったらどうするのかと尋ねたら、野糞でも何でもすると言う。現場で蛇や猪に会ったらどうすると尋ねたら、そんなのへっちゃらだと答える。愛くるしい顔に似あわず、男以上に肝が据わっていたので採用した。その他、新卒の事務職女性と専門学校卒業生などを加えて、当初ひとりでやるつもりがあっという間に10人の所帯となった。


 その頃から、わが社は同業者から『駆け込み寺』だと評判になった。何も好き好んでど素人や問題児を雇わなくてもと揶揄された。しかし、ほんとの意味の『駆け込み寺』はそれからだった。


 自閉症の学生Kを雇うことになったからだ。これも某大学教授からの依頼である。どの会社を受けても辞退されて困っている。ボランテイアだと思って頼むから雇ってくれと。両親ともども会社に来て懇願され、仕方なく受けた。リスクは承知していたが、案の定、すぐにいろんな問題を起こしてしまった。


 Kと一緒に現場に入ったAから、Kが現場でうずくまったままだと電話が入った。女子社員のYもTもKとは一緒に仕事できないと言う。次第に社員同士の不調和音が拡散した。みんなKを同等目線で見るからそうなるのだ、もっと慈しみを持て、Kとどう向き合うかが人生勉強になるのだ、そもそも君だってそう威張れたものでもない、などとみんなを戒めた。


 『駆け込み寺』と評されたわが社は、若いど素人や問題児が集る寺子屋であった。もとより社を大きくするつもりはなく、財を蓄えるつもりもない。若い彼らの一時の人生修行の場であればいいと考えた。苦労も多く、喧嘩もあり葛藤があったが、活気があり、笑いがあった。若い者が互いに切磋琢磨して人間を磨き、私も磨かれた。そんな『駆け込み寺』の社員も、ひとりまたひとりと育って卒業していき、今では別々の道を歩んで活躍している。毎年決算時に甦る起業時の懐かしい思い出である。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR