男と女の愛・優しさ






 男からみて女の考え方や行動に腹が立つことがあっても、それは同じ人間だと思うから腹も立つのであって、女という動物だと思えば腹も立たない。逆も真なり。女からみても男という動物だと思えば、男の考え方や行動に腹を立てずに済むのである。男女の人間関係が窮地に立たされた折々、私は経験則からそのように考えるようにしてきた。曲がりなりにも人間関係を続行したければ、そう考えた方が楽だからである。


 断っておくが、この考え方は決して男尊女卑、女尊男卑とは関係ない話である。男と女はそもそも生理的に違う生き物だから、考え方や行動が違って当然だという基本理念に基づく。そしてこの考え方は、男女に限らず職場の人間関係や近隣、友だちとなど、あらゆる人間関係にも応用できる。そもそも生まれも育ちも、長年生きてきた環境も違う相手と意見の違いがあったとしても、それは至極当然なことであるという悟りの境地である。それでもって、初めて相手の意見を聞く耳が生まれるというものである。


 その女という動物とそこそこ恋愛の経験も重ねてきたこの歳になってみると、男から女への愛(優しさ)と女から男への愛(優しさ)では、普遍性に大きな違いがあることを感じるのである。そこで、偏見かも知れない持論の一端を披露しよう。


 男は好きな女に勿論優しいが、仮に嫌いになっても普通に優しくできる。というか、好き嫌いに関係なく男は普遍的に女に優しい。だからして、好きな女がいても他の女にも同じように優しくするから、誤解が生まれる。それは好き嫌いとは関係ないのだと言い訳しても、女には到底、理解してもらえない。それでは女の男への優しさはどうか。女は好きな男には事のほか異常なまでに優しいが、一旦、嫌いになると手の平を返したように冷淡になれる。この離れ業は何なのか。そこで男は考える。女の優しさとは、相手が好いてくれているという見返りあってのものなのだと。


 男女の関係に限っていうと、男は普遍的に普通に女に優しいのに対して、女は好き嫌いという感情に大きく左右されて優しさを表現するという持論に達する。このことをよくよく紐解くと、男は下心も含めて女という動物が先天的に好きなわけで、だからして、どんな女にも優しくできるのではないか。それに対して、女は男という動物を好きか嫌いかという選別にかけた上で優しさを表現しているのではないか。だとすれば、男はただ単に助べえな動物であり、女は好き嫌いを選別して行動できる進化した動物といえる。下等動物の男が進化動物の女に頭が上がらない理由がわかるような気がする。



男女の違い
イラストは海外人気サイト『Bright Side』から借用したもの。
日常生活の中にみる男女の違いをまとめたイラストの1枚。
恋人と別れた次の日、1週間後、1ケ月後の男女の心境の変化。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

男は
ハンターだから
DNA的に
どうしても
獲物をねらう

女は
子どもを
産み育てるから
情緒的で
守りに入る

いまは例外のほうが多いかもしれませんね。

Re: No title

ripple7さん
こんにちは。

男はハンターですか?
ゲルマンならそうですが、
農耕民族の日本人はどうでしょ。
いずれにしても
女性の方が感情的ですな。

プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR