情報という名のテロ






 パリ・同時テロに関連して、新聞各紙やテレビ報道各社は異口同音に「テロは許せない」「対テロに国際連帯せよ」といった趣旨の内容を報じている。そして実際、「テロは許せない」という共通認識を各国が共有する動きが見られる。また最近のロシアとトルコの一件についても、最低限度の冷静さによって一発触発は免れそうである。

 それではテロを撲滅するために、世界は何をなすべきか。テロ集団を壊滅する作戦として既に仏軍は空爆を再開し、各国もそれに同調する姿勢である。しかし、果たしてそれでテロは撲滅できるのか。たまたま朝日新聞の川柳に目が留まった。「やるやられ やられたらやる やられる」復讐という負の連鎖で何が解決するのか、はなはだ疑問に思うのである。

 テロ対策もさることながら、それ以上に気になるのがテロに関する怪情報である。その怪情報とは、一言でいえば今回のテロは陰謀による偽装(やらせ)だというものです。おまけに「9.11テロ」や「ボストンマラソンテロ」も同じく偽装(やらせ)だという。その根拠なるものをグダグダと記載しているが、どれも決定的なものではない。

 陰謀説、やらせ説の発信のソースは日本国内外を含めて概ねインテリジェントである。国内では医師などの知識階級である。知識階級人がまことしやかにフェイスブックやツイッターなどで語るものだから、「いいね」「そうだったの」と賛同し、瞬く間にシェアーによって情報拡散している。

 もしこの怪情報が事実あるいは事実に近いものであったならば、国家が軍事産業の隆盛のために国民を殺害していることになる。また、なぜこのことが国際的に問題視されないのか。これは情報という名のれっきとしたテロである。怪情報のソースたる者はSNSという手段ではなく、堂々と出てきて情報の信憑性について的確に語るべきである。そして我々は溢れる情報の信憑性を冷静に審査する力を持たねばならない。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

geoさん
お久しぶりです。
しかし こんなことが事実だったらマジ怖いです。
国単位でそこまでやるとは思いたくないけど
こういう情報が削除されず自由に流れるって所は
まだマシなのかな?とも思えます。
受け取り手はしっかり見極めないといけませんね。

Re: No title

チカちゃん、
お久しぶりですね。
昨日の中京ダートの頂点、
どうでしたか?
牝馬の快挙に驚きです。

> こういう情報が削除されず自由に流れるって所は
> まだマシなのかな?とも思えます。

中国でない証拠ですね。
ほんとのことわかったように平然とうそぶいてる
医師が許せません。
国家転覆詐欺罪です。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR