日本人の心の襞(ひだ)







 日本人を長らくやっていると、日本人っていいなぁと思う一方で、日本人って面倒くさいなぁと思うことも多々ある。それは概ね人間関係においてであり、自分のこともそうだし、他人の人間関係を傍でみててもそう思う。

 日本人というのは、人間関係において何かと摩擦を避けようとする。まだ摩擦が生じていないのに摩擦を予見し、その時点で相手と接触することを避けようとする。なんとなく気まずい雰囲気とか、なんとなく意見が合わないとか、なんとなく反りが合わないとかを察知し、うやむやのうちに縁遠くなる。

 なんとなくでもこうだから、意見が違うとか、相手の非礼とか、はっきりした理由があったらなおさらのことである。無論その場合は、意見の違いを追及することもなく、相手の非礼に抗議するわけでもなく、うやむやのうちに解消しようとする。

 抗議したり反論したり、意見の相違を議論したりしても溝が埋まることはないと確信している。そうすることによって返ってややこしいことになり、関係がさらに悪化し、自身が傷つくことを恐れているのだ。奥ゆかしいといえば奥ゆかしい。大人の人間関係といえばそれまで。上手な人付き合い法といえばそうなのかも知れない。ただ私としては、そういうことに不満を禁じえないことがある。

 同じことを欧米人と比較した場合、恐らくであるが、彼らはどういうことなのかを追求し、議論を求め、場合によっては相手に抗議をするであろう。そして、とことん議論を尽くした上で白黒決着して着地点を見出すであろう。当然のことながらその結果、完全決別もあるし以前より信頼関係が生まれることもある。

 人間関係に限らず、物事の解決方法における日本人と欧米人の違いは、狩猟民族と農耕民族、大陸文化と島国文化によるの血の違いであろう。日本人の中にもうやむやを嫌う人間がいて、そこで忸怩たる思いの不完全燃焼の決着となることも多い。私もどちらかと言えばはっきりしたいタイプであり、自分でもゲルマン民族の血が混じっているとさえ思うことがある。


 日本人の人間関係の処方と欧米人のそれと、どちらが賢いのかどちらが良いのか一概には言えない。ただ、人間関係も社会環境も益々多様化・システム化し、凄まじいスピードで変動している現代において、従来どおりの日本人の人間関係や物の考え方を押し通して済むのかというと、少し疑問に思う。否が応でも白黒決着すべきこと、否が応でも人間関係の清算が求められること、曖昧では通せないことが多くなるのではと思う。素朴で朴訥とし機微に富んだ日本人らしい人間関係を残しつつ、明確化を求められる機会に備えるとしよう。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

困りましたね

>否が応でも白黒決着すべきこと、否が応でも人間関係の清算が
求められること、曖昧では通せないことが多くなるのではと思う。

情けない程の平和主義者である私としては困りました~。
人間は個性があって当りまえだから、無理やり白黒つける事は
ないのではないかと思ってきました。

それでは済まない時代が来ているのでしょうね。
私もシッカリ考えていかなければ。。。

Re: 困りましたね

うきふねさん、
こんにちは。
秋本番のいい季節ですね。

> 情けない程の平和主義者である私としては困りました~。

その情けない平和主義が集まると、
ともすれば国際外交的にとんでもない誤解に。
日本が武力放棄してもアメリカが守ってくれるなど。

身の廻りだけは平和主義でありたいものです。
うきふねさんはそのままでいいです。
平和主義でもしっかり者ですから。

また、五行歌を期待しています。

No title

ドイツに30年以上暮らした義兄のことば。

自己主張がつよく徹底して議論するドイツ人を
尊敬するが、そこで暮らすのは本当に疲れる。

日本に帰ってきて、日本人の優しさ、気配りには
心が温まるが、ものごとを決めるときの曖昧さ、
いい加減さにはほとほと呆れる。

とくに原発の問題について感じると言っています。

Re: No title

ripple7さん、
こんにちは。
秋たけなわですね。
言い得てますなぁ。

議論したいときは
ドイツ人と
うやむやにしたいときは
日本人と
どちらも疲れるだろなぁ。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR