逆転勝訴(環境の闇に一石)






 暑かった今年の盛夏を過ぎた頃、東京の弁護士事務所から私のもとに一通のメールが届いた。

 『・・・・・・・・去る8月6日にようやく高等裁判所より判決言い渡しがございまして、当方請求を全部認容し、操業差止を命じた一審判決を取り消す、逆転勝訴判決を得ることができました。判決文を分析致しましたが、勝訴の要因は、当然ながら、先生方から賜りました意見書及び調査報告書のお陰によるところが大きいと改めて感じた次第です。代理人弁護士として心より御礼申し上げます。誠にありがとうございました。安定型最終処分場の操業差止請求事件で、処分場側が勝訴した事例は非常に珍しく、当職らが調査した限りで公表事例で勝訴事例はほぼありません。本件は貴重な先例となるものと思われます。・・・・・・・』

 某市の最終処分場を運営する会社の社長と私が最初に出会ったのは、もうかれこれ10年も前のことである。国と県の認可を受けて操業開始したばかりの最終処分場が、地元住民による操業差止請求を受けて裁判沙汰になっていた。最終処分場から排出される有害物質が地元住民の井戸に浸透して健康を害するという訴えである。このことについて、科学的にそうでないことを立証して欲しいとの依頼を受けた。そもそも裁判案件に頭を突っ込むつもりはなく、にべもなく断った。なにも私のような零細会社に依頼しなくてもと大手の会社を紹介したが、面倒でリスクを伴うためどこも拒否したらしい。まだ40歳そこそこの若社長は勉強熱心で自らデータをとりまとめ、私に何度も懇願した。その心意気にほだされて、あくまでも中立公正な立場で検証することを条件に、やむなく受諾した。

 そもそもこの種の環境問題の裁判には、裏の闇組織が存在するのが常識である。環境破壊だの健康被害だのを旗印に、地元住民を巻き込む闇の組織があるのだ。闇の組織とは、あまり詳らかに言うことでもないが、あえて一文字で表すと「暴」「共」「部」の3つの組織である。これらが一体となって、裁判沙汰を嫌がる事業主体から多大な和解金を巻き上げるのが目的である。従って原告たる地元住民はあくまでも形式的なものであって、原告の本質は闇の組織にある。彼らは手段を選ばない。誹謗中傷を街宣カーで吹聴して廻る。無断で処分場内に立ち入り有害異物を散布する。その直後に化学分析を勝手に行い、それみたことかとメデイアに散布する。組織にはそれ専門のお抱えの弁護士がいる。名誉教授という肩書きだけの御用学者を抱える。彼らはみな闇金で繋がっているのだ。

 受諾した以上、あくまで中立公正な立場で徹底的な科学調査と解析を1年間かけて行った。その結果、処分場から許容量以上の有害物質が排出される可能性は極めて少ないことが明らかになった。また、万一許容量以上の有害物質が排出されたと仮定しても、地元住民の井戸に浸透する可能性は皆無に等しいという結論に至った。そして私自身も証人席に立たされた。まるでテレビドラマで見る法廷の場面に。相手弁護士は重箱の隅をつつくようにチクチクと証人の私を追及する。それに感情的になれば相手の罠に嵌る。あくまで冷静に客観的な事実を淡々と証言する。それでも相手は御用学者を何人も登用し、ついに地裁では敗北を喫した。

 全くもって不合理で理不尽な判決結果に納得できるはずはなく、控訴した。必勝を誓って、まず弁護士を東京の名うて弁護士事務所に変えた。裁判官の疑問や質問に対して、ひとつずつ科学的な論拠を示す努力を重ねていく。同時に相手の訴状の矛盾点をひとつずつ明らかにしていく。当方の主張に対して、専門の第一人者の意見をいただく。そのような努力を積み重ねた10年越しの逆転勝訴である。

 今回の逆転勝訴は、環境問題の闇の世界に一石を投じることになったことは確かである。しかし、それにしても日本の裁判は長い。また、この種の専門的かつ科学的な裁判の難しさを改めて思い知らされる。それに、そもそも国や県が許可した産廃施設が一部組織の闇工作によって訴えられるとは。そして万一敗訴して操業停止になれば、それこそゴミの捨て場に困るのは国であり県であり、住民である。こうした許認可権と利権に絡む闇組織と裁判のイタチごっこは、今の日本のアキレス腱と言っていい。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

先ずは、勝訴、おめでとうございます。
長年のご苦労が、報われて良かったですね。

隣接する市(旧・町)のことです。
当時の町長は、町の下水道整備に尽力しました。
ところが、周辺住民の激しい反対運動がありました。
今では、周辺住民も下水道の恩恵を受けています。
勿論、彼らが心配した悪臭や環境汚染などは、一切ありません。

これからは、放射性廃棄物の処理場問題が続きます。
必要性は解るけど、自分の傍は嫌だというやつですね。

Re: No title

吾喰楽さん、
おはようございます。
広島は朝からひどい雨です。
防災の日に昨年と同じような
災害が起きはしないかと心配です。

>隣接する市(旧・町)のことです。
>・・・・・・・
>今では、周辺住民も下水道の恩恵を受けています。

同じことが全国で起きています。
個々の住民が私欲や思想に惑わされることなく
自立することが望まれます。

>必要性は解るけど、自分の傍は嫌だというやつですね。

結局、そういうことですね。

No title

少し前、テレビで見た「影の地帯」を思い出します。
松本清張の原作で、名水で有名な村に産廃処理所を
つくるとかいう話で、闇の組織がからんできます。
何度かテレビドラマ化されたようですが、私の見た
のはケータイの動画などが入る現代版でした。
原作とはだいぶ違うようです。
実りある仕事になってよかったですね。

Re: No title

rippleさん、

> 少し前、テレビで見た「影の地帯」を思い出します。
> 松本清張の原作で、名水で有名な村に産廃処理所を
> つくるとかいう話で、闇の組織がからんできます。

その原作もドラマも見ました。
まさに、それを地で行くストーリーです。
そんなことがあるとは私も驚きました。

今回、たまたま勝訴しましたが、多分、
最高裁までいくでしょう。
正義が評価される裁判であって欲しいものです。
ちなみに、裁判官も相当に勉強していましたが、
あまりに専門的過ぎて無理です。

No title

先生。誠にありがとうございました。
長男が、高校受験前には、中学校へ計5回ほど右翼の街宣車が来ました。。「お父さん。俺が高校落ちたら お父さんのせいやけね!」
心が折れそうにもなりました。
でも親や子供達には「いいか。これから お父さんの男の達引きをよく見とけ!」そんな子供達も皆 成人しました。

誠、天に通ず。
勝訴より、信念を通せたことの方が嬉しかったです。

P.S 瓦そば食べに来てください!

Re: No title

三村社長、
ご無沙汰しています。
このブログをよくぞ読んでいただきました。

敵も見てるでしょう。
危険を承知であえてアップしました。
あなたへの賛歌でもあります。

まだ勝負は決着いてません。
最高裁までいくでしょう。
男に惚れられれば
とことんやるしかないでしょ。
あの世まで付き合いましょう。

瓦そばもいいですが、
田んぼの中のあのうどん屋の
きつねうどんを奢ってください。


No title

久永先生。

「一灯を掲げて暗夜を行く。暗夜を憂うことなかれ。ただ一灯を頼め」
佐藤 一斎  日中は陽光で明るく、夜は電灯などと、表面的には何不自由なくあるようですが、実際の心の内は裏腹に戦々恐々でした。

一灯、、、。それはまさに久永先生でした。

うどん!承知しました。新米のおにぎりもつけます!

Re: No title

三村壮右さま

私は一灯を放つ蛍にはなりきれませんでした。
ただ、明かりへの道標をお示しすることはできたかも知れません。
勿論、明かりを放ったのは三村さんご自身です。
戦々恐々とした日々を、確固たる信念をもって
生きてきた証です。

新米のおにぎり、ありがとうございます。
お願いついでに、
うどん屋近くの傾いた家に、確か
「どぶろくあります」との幟が。
気になっています。


プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR