センチメンタルな夏の終わり




 夏のもろもろの行事を終え、喧騒から静寂へと、ようやく普段の日常を取り戻しつつある。気づけば、秋めいた日差しとなり、朝夕は少しだけだが涼しい風も舞い込む。駆け足の夜長に、ひとり、例年より一段と暑かった今年の夏のことをあれこれと振り返る。

 お盆に集った娘や息子との会話から、彼らの行く末を案じる。孫のあまりの成長の早さに仰天したこと、仲間との再会など、それもこれも私の年表に刻まれたよき夏の思い出となる。

 そして、今年の夏も大切な友を失った。年々歳々、友を見送るたびに命の儚さを思うとともに、人の命は定めなのだと実感するような歳になった。苦しんで逝った友も、突然に逝った友も、それはそれで定めなのだと。であるなら、残されし者は己に正直に、一日一日を悔いることなく精一杯生きることしかないのだと。

 高校野球はいよいよ佳境を迎える。どの試合を見ても泣ける。レギュラーも控えの選手も、記録員もスタンドの野球部員も応援団も、ひとつの輪になって戦うその姿に感動する。サヨナラホームランを打った選手と打たれた相手ピッチャーが、試合終了のサイレンに笑顔で固く握手する。その後、打たれたピッチャーはベンチに帰ってひとり泣きじゃくる。そんな姿のどれもこれも純粋であり、真剣に生きているのだと思うと、泣かずにはいられない。一年間を真剣勝負のひと試合に賭けてきた高校野球部員の夏も終わる。

 この夏も喜びあり悲しみあり感動もあり、一杯泣いて、一杯笑って、一杯汗を流した。夏の終わりを告げる蝉しぐれを聞きながら、またひとつ夏を越したのだと思う。

 蝉しぐれ なにせかされし 吾にとふ





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご無沙汰しています。

 猛暑の夏でしたね
子供さん達が帰省されて
お孫さんも交えて楽しい時間を過ごされた
ようですね

 我が家も4人の子供達が全員集合して
にぎやかに過ごしました。
 昨夜からコオロギの鳴き声が聞こえています。
秋めてきました。

 俳句も詠まれるようですね 素晴らしい句です。

Re: No title


みのりさん、
こちらこそご無沙汰してます。
益々、撮影技術が向上して、
勝手ながら感動的なフォトを
楽しませていただいてます。

>  我が家も4人の子供達が全員集合して
> にぎやかに過ごしました。

そうでしたか。全員集合ですね。
その瞬間の集いは楽しいですが、
散った後には寂しさが残りますね。

>  昨夜からコオロギの鳴き声が聞こえています。
> 秋めてきました。

岡山も今年暑かったでしょ。コオロギの音は
ほっとしますね。
ますますPhotoを楽しんでくださいね。

夏に思う

ジオさん ご無沙汰です~
私もお盆と帰省の行事に追われ、やっと解放されたかと思うと、疲労感ばかり残り、ブログ更新もできていません。
いい加減気持ちを切り替えないといけませんね。
(こんな気持ちになっての初めてです)

定め・・・ホントそうかも知れませんねぇ
その中で、自分にできることを問うてみたいです。
でも理想ばっかりで、なかなか実行できませんが。
「なにせかされし」皆、人生折り返し地点に立ったら、そう思うのかも知れません?
まだまだジオさん 現役で活躍して欲しいです。

秋めいて

こんにちは。
>蝉しぐれ なにせかされし 吾にとふ

思うことは似ていますね。
猛暑も終盤を迎え、秋に向かっての期待が膨らみますが、
去年の夏の自分とは、何かが違う感があります。
エンディング・ノートでも書きたい気分になってます。
ジオさんは、秋になったらまた、お仕事でしょうか。

Re: 夏に思う

まこさん、
こちらこそご無沙汰です。

>やっと解放されたかと思うと、疲労感ばかり残り、ブログ更新もできていません。
> いい加減気持ちを切り替えないといけませんね。

脱力感ってありますよね。
歳のせいでしょうか、
年々、そういうことを感じます。

> その中で、自分にできることを問うてみたいです。
> でも理想ばっかりで、なかなか実行できませんが。

いえいえ、
まこさんは、ちゃんと自分のやりたいことを
貫いているじゃありませんか。

Re: 秋めいて


うきふねさん、
こんにちは。

> 思うことは似ていますね。

いずこも同じでしょうか。

> 去年の夏の自分とは、何かが違う感があります。
> エンディング・ノートでも書きたい気分になってます。

それは、うきふねさんがまだ成長している証では。
エンディング・ノートはまだまだ心にしまっておいてくださいな。

秋から大いに仕事したいのですが、
仕事あるかしら。
私にとっての滋養は仕事です。(変わり者)
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR