「すずめ」から「めじろ」へ





 鳥の話ではありません。「すずめ」とは、広島市民なら誰でも知っている中華そばのお店の屋号なのです。広島市内の平和大通りに近い天満川に面したところにある、目立たなくて小汚い小さなお店なのです。私が住んでいるところからだと車で30分はかかりますが、食べたいとふと思いつくと居ても立っても居られなく、自然に車が向いている、そんな感じのお店です。

 ここのラーメンは生粋の広島醤油豚骨ラーメンです。脂っぽくない醤油豚骨出汁に、麺は細めのストレート麺、具は多めの自家製チャーシューに茹でもやしと刻み青ネギとシナチク。いたってシンプルでオーソドックスなのです。





すずめラーメン



 博多の長浜ラーメンのような脂ぎった豚骨出汁でもなければ、名古屋のあっさりした薄口醤油出汁でもなく、東京のようなラーメン紛いの擬ラーメンでもありません。こくがあり、どんぶりを抱えて最後の一滴まで吸いたい出汁なのです。店には一応レンゲを置いていますが、レンゲを使う人や出汁を残す人は、よそ者だとジロリと睨まれます。

 よく東京なんかで、太いもやしとか、人参、玉ねぎ、煮玉子、ワカメ、ストかまぼこ、ほうれん草などが入ったラーメンを見かけますが、そういうのは邪道です。ラーメンはあくまでシンプルでなければなりません。出汁が主役でそれを引き立てる麺と具でなければなりません。

 私のラーメン談義はさておき、この「つばめ」は変わったお店です。戦後しばらくしてオープンした60年の創業だそうですが、その当時から開店は午後3時。限定400食、なくなり次第弊店し、午後5時には閉店のときもあります。スープに納得できなくてお店を開けない日もあります。メニューは中華そばと瓶ビールのみ。中に入ると整理券を受け取り、即座に一(杯)とか二(杯)とか注文をしてさっと席につかねければなりません。そのリズムが狂うと客に顰蹙を買います。広島人は全般にイラッチなのです。

 次から次に客が途絶えることなく行列ができるときもあります。天満川沿いに自家用車の他に、タクシーやトラックも違法駐車しますが、違反で捕まることはありません。どうもお店周辺は違法駐車特区のようです。



すずめ行列




  ところが、この「すずめ」が後継者の体調不良で今年4月末に閉店したのです。これまでも店舗拡大の話が幾たびかあったようですが、自分の眼の届かないところでの営業は味を守れないと頑なに断ったようです。昨年末から閉店話が噂され、常連客の中から店の味を絶やしてはいけないとの話が盛り上がり、ついに常連客の中から後継することになったそうです。最初、今のオーナーは頑固として首を横に振らなかったのですが、数ヶ月修行を積んで味に納得できたたら許可することになったそうです。そして今年2月から3ケ月間、修行を終えて無事オーナーの許可が下り、昨日、6月18日後継店がオープンしました。その名が「めじろ」です。

 たかが中華そば店の話ですが、味へのこだわり、後継することの難しさ、中華そばを通しての人間の営みなど、感慨深いものです。それというのも、中学生時代にラーメンの屋台を押しながら嫌というほど中華そばを味わった経験から、私には中華そばの味へのこだわりが人一倍あるからです。それに、味へのこだわりから店をよく閉店していた育ての親父の姿が「すずめ」の親父と重なったからでもあります。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

鳥かと思いました

「すずめ」と「めじろ」とはそんな意味だったのですね。
いろいろあったのでしょうが、味が引き継がれたのは幸いでした。
消えてしまったら、生きがいを失くす人ひとだって居たかも
しれませんね。
ジオさんの中学生時代のお話も興味深いものでした。

Re: 鳥かと思いました

☆彡うきふね☆彡さん
こんにちは。

鳥の話でなくて、ごめんなさい。

>味が引き継がれたのは幸いでした。

ええ、あの味は忘れがたく、ほっとしてます。

> ジオさんの中学生時代のお話も興味深いものでした。

極貧の時代も、今となってはいい思い出です。

いい話です

ジオさん~食とはいえ、職人技ですね。
ラーメんの味を追求し、こだわりのある店ですね。
蕎麦とビールだかで、この行列だから、かなりの美味しさだと想像します。
常連客が店を絶やさないために、すずめの暖簾をついだのもいい話でした。
ジオさん、中学生時代があるから、今があるのですね!

写真見たら、私もこのラーメンを食べてみたくなりましたよ。
美味しいだろうなぁ~

Re: いい話です

まこさん、
こんにちは。
明日香の里も梅雨空でしょうか?
梅雨空に紫陽花が映えることでしょう。

>かなりの美味しさだと想像します。

ラーメンの味は十人十舌、
好みがありますからね。

>中学生時代があるから、今があるのですね!

そうとも言えるし、そうでないとも言えます。
どのような環境にしろ、
私は私であったと思います。

> 写真見たら、私もこのラーメンを食べてみたくなりましたよ。

どうぞ、広島ツアーの際はお好み焼きとラーメンにて
歓待いたします。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR