広島事情(広島弁)

 私は隣の山口県出身なので、そんなに広島弁に違和感はないが、多くの転勤族はとまどうらしい。東北弁とかと違ってまったく意味不明な言葉であれば納得できるのですが、ほぼわかるけどニュアンスが今一わからないらしい。広島弁は全般に言葉が汚いというのが転勤族の印象のようである。

 今では街中であまり広島弁は聞かれないが、地元の人と話すと広島弁が行きかう。「あがーな(あんな)かばち(屁理屈)ついて、えろー(ひどく)あまんじゃく(あまのじゃく)じゃのう。われ(君)、なんぼー(いくら)なんでも、そがーに(そんなに)ゆわんでも(言わなくても)よかろーぞよ(いいじゃない)。」こんな調子です。ま、田舎言葉って感じですね。あ、断っておきますが、私はこんなはしたない言葉使いませんよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

懐かしい・・

広島弁、岡山弁・・共に好きです。
昨年、母が亡くなり、広島出の母の為に親戚が遠い所を参列してくれました。
行き交う言葉は、懐かしい広島弁でした。
皆さん、歳を経てきているので、広島弁丸出しです。

地方の言葉は、廃れることなく受け継いで欲しいと、願っています。

Re: 懐かしい・・

コメント、ありがとうございます。
そうですか、お母様は広島出身だったんですね。
それでは、広島弁は聞きなれてますよね。
ほんと、地方の言葉には趣があって魅力的ですよね。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR