永遠はあるのか




 永遠の愛、永遠の友情、永遠の命などとか言うが、果たして本当に「永遠」はあるのだろうか。至って現実論者である私でなくとも、未来永劫という時間軸の意味の「永遠」などあろうはずがないことを、人はみな承知しているはずである。それでも「永遠」を信じようとするのは、切なる願望からであろう。願望の最たるものは命の「永遠」である。死後、別の世界に移り、先に旅立った人に再会できるなどという願望は、死への恐怖から逃れるための方便であり、そのために宗教としう職業が生まれたのである。同じように、愛も友情もすべてのものに「永遠」という時間軸など現実的にありはしない。

 ただ、愛する人といるとき、親しい友と過ごすとき、楽しく家族と暮らすとき、その瞬間、瞬間において、自身の感覚が果てしなく平穏に、楽しく、愛おしく埋め尽くされるときがある。そのときまさに、この愛や友情は「永遠」であると感じるのである。つまり、これが心の「永遠」なのだろう。われわれは理性的に「永遠」がないと承知しながらも、心の「永遠」を願い、それを実行しようとしている。「永遠」への扉は自身の心によっていつでも開けられ、いつでも閉じることができる。

 そう考えれば、あまり杓子定規に頭で推考することはない。普段の生活の中にしあわせを感じ、満たされ感を味わい、瞬間、瞬間の心の「永遠」を感じて生きていく方が楽ではないか。そういう風に最近思うことがある。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

難しい課題ですね

ジオさん~人は永遠という言葉に、心の救いを求めているのかも知れません?
「今度生まれ変わったら・・・」っていうものねぇ。
ただ私は、魂が生き続けるというのはあり得るような気もします。

夫婦の場合、現実には空気みたいであっても、亡くなって、その人の存在の大切さを知る場合もあります。
それに思い出は美しいものばかり、残りますから。
だからこそ、平凡だけど命ある幸せを、かみしめていたいものです。

ジオさん~ナビのサークル「おき手紙」の最新作品 移動の作品を、ご覧下さいませ。

Re: 難しい課題ですね

まこさん、
おはようございます。
花散らしの雨です。

> ジオさん~人は永遠という言葉に、心の救いを求めているのかも知れません?

心の救いですね。
人間は所詮は弱いものです。

> ただ私は、魂が生き続けるというのはあり得るような気もします。

そう思いたいのも、人間の勝手な願望でしょう。

> 夫婦の場合、現実には空気みたいであっても、亡くなって、その人の存在の大切さを知る場合もあります。

どうせ知るなら、生きている間に知って仲良くしたいものですが、
人間はあさはかなものです。

> ジオさん~ナビのサークル「おき手紙」の最新作品 移動の作品を、ご覧下さいませ。

はい、後で覗いてみますね。

No title

万物は変化する
だから永遠はない
だが
永遠に変化するという
永遠がある

Re: No title

rippleさん
こんにちは。
花散らしの雨もようやくあがりました。

> 永遠に変化するという
> 永遠がある

ほう。
永遠に変化するという永遠ですか。
永遠とは普遍ではなかったのですね。

No title

ジオさん

ご無沙汰です。
ほんと難しいテーマですね。

>普段の生活の中にしあわせを感じ、満たされ感を味わい、瞬間、瞬間の心の「永遠」を感じて生きていく方が楽ではないか。そういう風に最近思うことがある。

いま、まさにわたしは、その感触を楽しんでいます。
もうこれまでのバタバタ生活から解き放ち
わがまま生活を謳歌することで
自らを再生させているような気がします。
小さなしあわせですね^^

Re: No title

秋桜さん、

ほんとご無沙汰です。
パソに苛立ち薬に苦慮しながら、
毎日地道に治療に専念なさっている姿、
遠くから見守っています。

このテーマを書いていて、
一瞬、秋桜さんのことが脳裏にありました。

人はいつどうなるかわからないですね。
どうなろうと、今をしわわせにするよう努力し、
今がしあわせなら、それがその人の永遠ではないかと。

> もうこれまでのバタバタ生活から解き放ち
> わがまま生活を謳歌することで
> 自らを再生させているような気がします。

それがよろしいです。
わがままな自身を許す器量が必要です。
どうぞ気長に養生なさってください。
良き娘さんや息子さん、その連れ合いに大切にされている
今こそがしあわせですよ。
もう、しあわせ探しは不要ですぞ。

No title

ありがとう~~~ジオさん
心のこもったコメ深くしみました。
うれしかったです。
またいつかお会いできますように。

Re: No title

秋桜さん、
ええ、またいつかお会いしましょう。
それまでお大事に!
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR