同族は吉か凶か






 大学を出てから43歳で自身の会社を興すまでの間在籍していた会社は、昭和32年に従業員21名で創業を開始したという。入社したとき、元北大助教授のFさんが社長であり、同じ北大研究室の助手であったSさんが専務であった。その後、Fさんが会長となり、Sさんが社長となった。FさんにもSさんにもご子息がおられ、いずれのご子息もハーバードなどの名門に行くほど優秀だと伝え聞いた。しかし、FさんもSさんも子息には会社を継がせないと断言するばかりか、同族はダメだと、ことあるごとに力説していた。社員のモチベーションが上がらない、誰にも社長の可能性があり、争ってこそ会社は洗練される、というのが彼らが同族を嫌う理由であった。その後、会社は今では第10代目の社長となり、1部上場、業界トップの座にあり、取締役を含めて同族は皆無を押し通している。

 私事であるが、吹けば飛ぶような零細会社をやり始めて23年が経つが、前の会社の教えを守ってか、最初から息子に継がせる気はさらさらない他、同業他社に就職の世話をするのも嫌がった。もっとも、こんなチンケな会社を継ぎたいとも言わなかっただろうが。

 今、世間を騒がしている骨肉の争い劇を見て、ふと、前にいた会社との違いを思った。同族会社は珍しくなく、むしろ日本のほとんどの会社が何らかの形で同族会社である。同族会社にはそれなりのメリットもある。意思が通じ易い、経営方針をまとめ易い、経理を含めた秘密保持がし易い、乗っ取られ難いなど。しかし反面、一歩間違えるとこのような骨肉の泥試合を公にさらすことになる。こうなると、血は汚く、感情が複雑に絡み、本筋の会社経営論から逸脱し、株主に対する背任行為となり、結果、業績はますます低迷して回復不能に陥る。それに、どうせ頑張っても取締役なんかなれないのだからという、同族会社の社員の口癖を耳にタコができるほど聞いてきた。

 今回の骨肉の争い劇について、どちらが正論だとか意見するつもりは毛頭ない。それほどに馬鹿げていて、意見するほどの価値もないからである。ただ、同族会社が悪いとか良いとかの問題ではなく、両人とも社長としての資質に欠けていることを申しあげたい。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>誰にも社長の可能性があり、争ってこそ会社は洗練される
その通りでしょうね?
同族会社でなぁなぁのことをしてたら、成長は難しいかもしれません?
骨肉の争い劇を見ていたら、身内での醜い争い~
客や株主ははますます、ひいていくのではないでしょうか?

Re: No title

まこさん、
おはようございます。
連日のカラオケデビュー、
すばらしい声を堪能させていただいてます。

> 同族会社でなぁなぁのことをしてたら、成長は難しいかもしれません?

島国日本はどうしても内向きになるから
同族が多いのでしょう。

> 骨肉の争い劇を見ていたら、身内での醜い争い~

ほんと醜いですね。
あ~、嫌だ嫌だ。

No title

家具屋の
親子喧嘩
まちがいなく
売り上げは
落ちるな

Re: No title

rippleさん
こんにちは。
いよいよ春本番ですね。

> 売り上げは
> 落ちるな

西日本には大塚家具はないです。
西日本ではニトリかイケヤですかね。
ビジネスモデルは常に変化しますから、
昔の成功体験を引きずっては駄目ですね。

No title

こんばんは。

経営方針の良し悪しに関わらず、私は「父親が身を引くべき」と、思っていました。
公共の電波で父親が云う、娘に対する悪口は、聞くに堪えません。

事前に意思表示しなかった株主の多くは、社長を支持したことに、「なるほど」と、思いました。

Re: No title

吾喰楽さん、
おはようございます。
桜満開の今日この頃、
お花見に行かれましたか?

> 経営方針の良し悪しに関わらず、私は「父親が身を引くべき」と、思っていました。

私も個人的にはそう思います。

> 公共の電波で父親が云う、娘に対する悪口は、聞くに堪えません。

まさに、株主を無視した骨肉の争いですね。
醜いのひとことです。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR