集中と夢中





 女流歌人・俵万智さんがツイッターに投稿していた、息子さんに関するエピソード話が興味的であった。『宿題を少しやっては「疲れた~」と投げ出す息子に、「遊んでるときは全然疲れないのにね」とイヤミを言ったら、「集中は疲れるけど、夢中は疲れないんだよ!」と言い返されました。』と。

 なかなかに、親が親なら息子もちゃんとした言葉のセンスを持っているものだと、親譲りの天性に感心した。確かに、集中と夢中は違う。集中も夢中も結果の質を高めるスキルである。では、集中も夢中では何が違うのだろう。

 物事に集中できない子どもや若い社員に「もっと集中しなさい」と説教することはあっても、「もっと夢中になりなさい」とは言わない。言葉を代えれば「集中力をあげる」とは言うが、「夢中力をあげる」とは言わない。さらに言うと、集中力は努力によってあげられるが、努力しても夢中にはなれない。

 こうして考えてみると、集中というのは効率的かつ効果的に成果をあげるために後天的に身につけるスキルであって、夢中というのは好きだからこそ集中できている状態であり先天的なものかも知れない。だからこそ、集中力は疲れるから限られた時間で途切れるが、夢中は好きなわけだから疲れないし、だからずっと続くのだ。

 そういえば、サラリーマン時代の初代社長が「男は四六時中仕事だ」と言った口癖を思い出した。これは、「四六時中、仕事に集中しなさい」という意味ではなく、「努力して壁を乗り越えれば仕事が好きになって勝手に四六時中、夢中になるのだ」という意味だったのかと、最近になってわかってきた。遅い!

 私の場合、幸いにも自身で天職とする今の仕事を好きでやっているので、夢中に近いのかも知れない。だからこそこの歳になっても、仕事をすることが億劫ではなく、むしろ仕事そのものが生きがいになっているのだろう。無論、仕事する上で努力は不可欠であるが、その努力だって多くは娯楽化している。いわば、私にとって仕事は趣味なのだ。ただし、仕事する上で副次的に生じる人間関係の嫌な部分は避けて通ることはできないが。

 では、子どもや若い社員に押し付けではなく何かに夢中になってもらい、他人に真似できない成果を生み出してもらうにはどうしたらいいのだろうか。それには、その人となりをよく観察して、特性や資質を見抜き、それに合った題材やテーマをそこらへんに散らかしておく。そして当人が自然にそれを選択し、面白いと思ったらしめたもの。当人の天性の才能とマッチすればもっといい。そのような環境作りができる親や学校、会社のスキルの向上が夢中人を多く生み、ひいては国の人材力向上に繋がるのかも知れない。何でもいい、何かに夢中になれることが人の幸せだと思う。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしい

ジオさん~才能を見抜く・・・まさにその通りですね。
目先のことで必死になりそうですが、10年先を見据えて
どんな力をつけたいか?
才能を伸ばしていくことが大事でしょう。
でもその才能を見極めるのも難しいですね。
環境も大事です。

夢中になれるものに出会うこと・・・
それは幸せなことです。
ジオさんの生涯現役・天職と言える人は、そういないと思います(拍手)

Re: 素晴らしい

まこさん、

> ジオさん~才能を見抜く・・・まさにその通りですね。
> 才能を伸ばしていくことが大事でしょう。
> でもその才能を見極めるのも難しいですね。

元先生だから、よくおわかりでしょうね。
どの子もどこかに才能があるものです。
ただ勉強ができるだけではない、隠れた才能が。

> 夢中になれること、それは幸せなことです。

まこさんも夢中になれることを沢山お持ちですね。
幸せですね。

No title

はじめは
集中し
そのうち
夢中に
なってしまう

そんなことって多いような気がします。
時間のたつのを忘れますね。

Re: No title

rippleさん、
こんにちは。

集中していて
そのうち
面白くなって
夢中になった

何事も好きは上手の始まりなりですね。

そうだったのか

池上 彰じゃないけれど、集中と夢中の違いがよく分かりました。

仕事をしていた時、毎日が忙しくクタクタでした。

知人から「仕事も積極的に楽しんでやれば、いやいややるのと疲労度が違う」と言われていました。

その通りですね。

趣味で仕事が出来るなんてまさに天職でしょう。

Re: そうだったのか

マリーさん、
こんにちは。
出張中で返事が遅れました。

> 知人から「仕事も積極的に楽しんでやれば、いやいややるのと疲労度が違う」と言われていました。

その通りなんですが、
作業としてやると、なかなかね。

> 趣味で仕事が出来るなんてまさに天職でしょう。

そうなんす。恵まれてます。少々の難題は乗り越えなくては。
今日は九州方面から帰りましたが、
雪です。山陽道が規制かかるか心配でした。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR