大相撲に、待った!




 横綱・白鵬の審判部への批判会見が物議を呼んでいる。先の大相撲初場所で、横綱・白鵬は元横綱・大鵬を抜いて歴代最多33回目の優勝を果たしたが、物議の発端は一夜明けた記者会見冒頭の発言である。

 記者会見で横綱・白鵬は、優勝を決めた13日目の稀勢の里戦が物言いの末に同体取り直しになったことに審判部を批判をした。「なぜ取り直しなのか。子どもの目でもわかる。ビデオ判定は何をしていたのか。悲しい思いがした。」と。

 これに対して、横綱審議委員会の内山委員長は「良くない。審判はスポーツの世界で厳正なもの。批判することは、自分の未熟さをさらけ出している」と、白鵬の発言を強く批判した。北の湖理事長他からも、横綱としてあるまじき発言と大騒ぎになっている。

 さて、問題の稀勢の里との一戦であるが、ビデオを何度も見たところ、素人目には同体といえば同体だが、玄人的には稀勢の里の体(たい)は既に土俵を割っており死体とみなし白鵬有利と見る。ただ、審判も人がやること間違いはあるし、見る角度によっても違う。ただ、ここで問題なのはビデオ判定を導入していながら、ビデオ判定でもって審議した気配がないことである。白鵬にとっては記録のかかった大一番、それも全勝優勝がかかった大一番。もっとビデオを活用して厳正かつ慎重に判定してくれとの思いであろう。

 この審判問題もさることながら、横綱審議委員会の権威の問題、相撲協会の組織の問題、さらには親方株の問題や暴力問題など、大相撲には今なお改善されていない問題が山積すし、古い体質から抜け切らないことに嫌気がさす。それに加えて、八百長問題についても今なお限りなく疑わしい。八百長は今も公然と続いていると言わざるを得ない。

 八百長は勝ち越しがかかる千秋楽に多い。14日目まで7勝7敗の対で千秋楽に勝ち越しを賭けた場合、昔だったらほぼ100%、勝ち越しを賭けた力士が勝利していた。八百長事件以来、多少は控えめになっているが、本質的には変わっていない。

 ちなみに、この一年間の千秋楽に勝ち越しを賭けた一番を整理すると、下記表のとおりである。表の左列から、場所名、勝者力士名と勝敗、敗者力士名と勝敗を示す。黄色は勝ち越しを賭けた一番に成功したケース、水色は勝ち越しに失敗したケースである。

 結果として、成功は30例、失敗は9例、つまり8割近くの確率で勝ち越しを賭けた力士が勝利している。これすら統計学的にありえない数字である。しかしもっと中身を分析すると、失敗の9例のほとんどが、相手が三役に残るために星を残したいケース、相手が三賞候補にあるために10勝以上が欲しいため譲れなかったと推測される場合である。こうした相手に譲れない事情がある場合を除くと、実質的に千秋楽に勝ち越しを賭けた一番はほとんどすべて勝ち越しを賭けた力士が勝利している。そしてさらに興味深いことは、千秋楽に勝ち越しを賭けた力士が勝利した一戦に絡んだ力士は限られた力士が何度もでてくることである。豪栄道の4回をはじめとして、琴奨菊、玉鷲、碧山、豊響が各3回である。

 昔、大乃国という横綱は若い頃から八百長を拒み通したことで知られるが、今でもそういう力士もいるであろう。また、この表には勝ち越しを賭けた力士が自力で勝ったケースも無論ある。しかし、確率論的に見た場合、今なお八百長が蔓延していると考えざるを得ない。それも良しとして大相撲を観戦し応援することに何も文句はない。




大相撲
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは

>それも良しとして大相撲を観戦し応援することに何も文句はない。

私もそう思っています。
意見が合いましたね。

Re: No title

maiさん
こんばんは。
今晩から関東も雪みたいですよ。
こちらも既にチラホラです。

> 意見が合いましたね。

久しぶりに意見が合って
ホッとしてます。

No title

この件、ビデオ判定を行ったと新聞にはありました。

統計をみると、たしかに八百長はありそうですね。
世の中、不条理なことが多いです。

シドニーオリンピックで、篠原選手が内股すかしを
とってもらえず金メダルを逃した場面を、きのうの
ことのように思い出しました。

Re: No title

> この件、ビデオ判定を行ったと新聞にはありました。

でもちゃんと見て協議していない。

> 統計をみると、たしかに八百長はありそうですね。
> 世の中、不条理なことが多いです。
> シドニーオリンピックで、篠原選手が内股すかしを・・・・・

スポーツといえども人間のなせること。
私利私情、思惑、政治など、いろいろありますね。
でもどうも体質が古い!
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR