空虚な自己責任論





 世界の誰もが今最も危険と認識する地域に、国や周囲の警告や抑制を振り切っての入国。どのように崇高な目的を掲げようとも、どのように敬虔なる実績があろうとも、所詮はそのことで糧を得る目的の一民間人の行動である。しかも、自身でも事前に、何があってもこの行動の結果は自己責任であると言って出ている。いわば覚悟の上の行動である。

 それでもである。拘束されて人質になったとなれば、国は総力をあげて救出するための行動をとらざるを得ない。それこそ、国のトップが不眠不休の救出作戦を展開する。少なからず国の行政にも影響を及ぼすであろう。秘密裏に、解決のために莫大な国家予算が投入されることもある。自国のみならず、世界がそのことで翻弄させられる。

 もういちど確認しておくが、これは組織への攻撃の最中に相手に拘束されたものではない。平和な都市での自爆の犠牲になったものでもない。安全と思われる場所での拉致の話でもない。ただの一民間人が自己責任を覚悟の上で最も危険な地域に入ったことによる事件である。

 世界は「断じて許せない暴挙である」と相手組織に強く抗議する。確かに相手の行動は許すことのできない暴挙である。しかし当方の行動だって無謀と言わざるを得ない。「命は地球より重い」「命は金に代えがたい」と、まことしやかに言われる。一民間人の無限なる無謀な行動であってもそうなのか。無限なる無謀な行動の結果に対しても、国や世界はこれほどに多大な犠牲を払わないといけないのか。それでは一体、自己責任という論拠はどこに消え失せたのか。

 人によっていろんな意見があろうと思う。この危険な時代であるからこそ、もう一度、「自己責任」のあり方について考えてみよう。この文は議論のためのひとつの叩き台として紹介する。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

空虚な自己責任論・・・
まったく同じ思いです。

世界中が注視するなか日本の一挙手一投足が
固唾をのんでみられています。
もはや自国だけのことでは済まされないことです。
さまざまな大国を巻き込んでいます。

母親が出てきて涙ながらに訴えることも
理解できないではないですが、どうして報道陣の前に
現れることができたのか?という疑問もぬぐえません。

Re: No title

秋桜さん、
病後の身には重すぎる話で恐縮です。

> 母親が出てきて涙ながらに訴えることも・・・・・・

そこんとこ、割愛しましたが、
言いたいことのひとつです。
よくもまあ、どの面下げて出てきたものだと。
言うならば、親の責任でもあります。
息子は覚悟の上のこと、
どうぞ国に負担になるような救出の行動はお控えください、
なんて言えないのか。
日本人の識者の多くはそう思ってても
なかなか言いません。

No title

単なる偶然の結果であろうと、平和を約束されているハズの地で発生した事であろうと、すべては「自己責任」であると考えます。
増してや、イスラム国での人質事件は「自己責任」の論議にも値しない無謀な行為の結果であると考えます。
「自己責任」である事を公言して身勝手に行動ながら、いざ人質になれば日本国に助けを求めることは如何なものでしょうか。
ちなみに、「命は地球より重い」「命は金に代えがたい」とは戯言であると考えます。

Re: No title

呑兵衛あなさん
お久しぶりです。

> 単なる偶然の結果であろうと、平和を約束されているハズの地で発生した事であろうと、すべては「自己責任」であると考えます。

そこまでですか。
私よりもかなり硬派ですね。

> ちなみに、「命は地球より重い」「命は金に代えがたい」とは戯言であると考えます。

まさにそのとおりです。
人命第一という言葉が空言に感じます。

No title

ご無沙汰です

この問題を書かれると思っていました。

>覚悟の上の行動である。

そう、本人は助けて欲しい等とは思っていないと思います。

このような事が起きた原因は別にあると思います。

わきが甘いのは紛争国に出かけ不用意な発言した

首相の行動にもあるとおもいますが、、、

No title

geoさん
最初の条件とは違う様相になって来ましたね。
水面下ではどんなやり取りがなされているのか
一般人にはわかるはずもありませんが・・
大きく「保護」について考えるに
思い付くのは生活保護や虐待児の保護とか
本人の意思に反しても国が手を差し伸べるもの
今回は他国を巻き込んで大きな犠牲を払うかも知れませんが
保護の基本から言えばこれも然り、仕方ないのでは?と
思えるのです。甘いですか?


Re: No title

maiさん
こちらこそご無沙汰してます。

> この問題を書かれると思っていました。

読まれてますね。

> そう、本人は助けて欲しい等とは思っていないと思います。

それはそうだと思います。

> 首相の行動にもあるとおもいますが、、、

まあね。
ただ、テロとの戦いに
日本も参加しているのだと
世界に発信したかったのでしょう。

Re: No title

チカちゃん、
こんにちは。

> 大きく「保護」について考えるに
> 思い付くのは生活保護や虐待児の保護とか
> 本人の意思に反しても国が手を差し伸べるもの

生活保護や虐待児の保護とかと性質が全く違いますが、
本人は救出して欲しいなんて思っていませんよ、多分。
言わされているだけだと思います。
そのあたりの裏を読まなければと思います。

> 保護の基本から言えばこれも然り、仕方ないのでは?と

甘~い!
ジェスチャーとして、人命第一で行動するのは
止む負えませんが、
テロ犯を解放するなんてあり得ませんよ。

No title

そんなところへ
行くやつが悪い
エボラの研究で
現地に行く医師とは
わけが違う

本音が言えない首相がかわいそう。

Re: No title

rippleさん
こんにちは。
暖かいのが一転して
雪化粧ですね。

> そんなところへ
> 行くやつが悪い

ああ、そうな風に言ってみたぁ。
世間じゃ本音が言えないので、
せめてブログで本音を語らせてください。

FBへのコメントはやめました。

私が母ならば、
息子の行動を詫び、救出不要を願い、

私が、本人ならば、
身代金要求のためのビデオ撮影の前に自害します。

Re: タイトルなし

夕里子さま

> 私が母ならば、
> 息子の行動を詫び、救出不要を願い、
> 私が、本人ならば、
> 身代金要求のためのビデオ撮影の前に自害します。

真っ当な日本人です。
さすがです。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR