自然災害と危機意識





 今回の木曽御嶽山の火山噴火災害は、自然災害の猛威をまたもや見せつけられる結果となった。御嶽山は確かに活火山ではある。しかし何の警告も出てなかったのだから、頂上を目指す登山者に不注意があったとは、普通に考えれば到底思えない。

 では、広島の大規模土砂災害はどうか。宅地開発が認可された場所のアパートや建売住宅に住み、その結果、大災害に見舞われたのであるから、普通に考えれば被災者に何の落ち度もないと思える。

 いろいろな自然災害が起きるたびに、我々は自然の脅威に同感し、ひたすら被害者を哀れみ同情する。そして、被害の責任は法律の不整備にあり、国や自治体の対策や予防措置などにあるとし、マスコミも同調した非難合戦を展開する。

 しかし、法律や国や自治体を責めたところで失われた命は戻ってこない。それよりも、尊い命を守るために、我々国民は賢明な意識をもって、適切な行動をしたと言い切れるのか。普通に考えれば不注意でも落ち度でもないと思われているが、果たしてほんとうにそうだと言い切れるのか。

 これから述べることは、血も涙もない冷徹な意見と思われるかも知れない。私とて血の通った人間。人の死を哀れみ、同情もする。しかし、血や涙があっても尊い命は救えない。自然災害から少しでも尊い命を守るための意見である。鬼になって、あえて言いたい。

 結論は、ひと口に言って自然災害に対する国民の危機意識の欠如である。最初に、危機意識が最も欠如した例を挙げよう。豪雨が予想されている最中に、川の中州でキャンプして濁流に呑まれた事故を記憶している人もいよう。台風が接近して川が氾濫しているのに田んぼを見回って流された人もいた。こうした事例は自殺行為に近い無謀な行為と言わざるを得ない。使命を与えられた殉職者とは訳が違う。目前に迫った生命の危機まで予測できないというのか。

 そのような自殺行為に比べると、今回の噴火災害は不可抗力と言えるかも知れない。しかし、それでも御嶽山は活火山である。最近でも1979年、1991年、2007年、2008年に噴火しているから、平均して7年に1回程度は噴火している。となれば、少なくとも登山用ヘルメットは準備するだろう。さらに気にする人なら、気象庁が公表している「火山の状況に関する解説情報」にたどり着く。そこには直前の9月10日~16日に異常な火山性地震が発生していることが記されている。予兆とも思える情報に、ならば今回は避けようという選択肢も出てこよう。

 恐らく、登山者の多くは活火山であるという認識すらなかったのではないだろうか。仮に少しでも活火山としての知識と危機意識を持ち合わせていたら、噴火直後に、慌てて逃げるでもなく能天気に火口を覗き込んだり写真を撮ったりの行動はないであろう。知識と危機意識に裏づけされたとっさの行動が生死を分けることがある。

 広島の大規模土砂災害の現場は、「蛇落地悪谷」(じゃらくじあしだに)という地名の由来が象徴するように、土石流が繰り返された常習地域である。宅地開発の制約はなかったものの、土石流警戒区域であったことは承知していただろうに。それよりも何よりも、背後の山容を見れば素人眼にも危険であることはわかろうに。それでもその地に住もうとした根拠は何なのか。住人の「まさかこんな災害が起こるとは夢にも思わなかった」という言葉が危機意識のなさを象徴する。

 危機意識の大小はともかく、どの例においても自然災害に対する危機意識は十分とは言えない。ここに記した意見は被災関係者には血も涙もない、酷で冷徹な意見かも知れない。しかし、命を失っては身も蓋もないから言うのである。自然災害から少しでも尊い命を守りたいから吼えるのである。自然災害から身を守るためには、実のない法律改正でも当てにできない政策でもない。個々の危機意識なのだ。そして、吾の身は自ら守るという自己責任の覚悟なのだ。

 多くの自然災害は同じ場所で、歴史的時間軸の中で何度も繰り返し起きる。甚大な自然災害を受けるたびに、古人はその教訓を石碑にするなど後世に残す。しかしある期間はそれを守るが、そのうち忘れてその地にまた人が集まり、再び被災する。寺田寅彦の「天災は忘れた頃にやってくる」この言葉の真意をよく考えてみよう。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>ひと口に言って自然災害に対する国民の危機意識の欠如である。

もう200%賛同します。
ノーテンキに他人事みたいに考えている輩が多すぎます。
そして、何かあると国などに責任転嫁する。
あまりにも甘えた態度と思います。


自らの命は自分で守る!
食べもものでも災害でも、常に問題点は我にあり!です。

No title

ご無沙汰しております!!
お元気そうで何よりです。
今日の記事 素晴らしく 拝読致しました。
>自然災害から少しでも尊い命を守るための意見である。
>鬼になって、あえて言いたい。
>結論は、ひと口に言って自然災害に対する国民の危機意識の欠如である。
ミー子も共感しますし、心で思ってもなかなか言えない 記事に
出来ない 情けなさです。何かこういう事を敢えて提言 苦言を呈する
geotechさん 尊敬致します。天災は人災でもあります。
自分の命 家族の命 自分で守る そんな賢さと自然に対する謙虚さ
持ちたいと強く思いました。有り難うございます。

Re: No title

しあわせさがしさん、
って呼んでみたくなりました。

> もう200%賛同します。

たまには意見が合いますか。

> ノーテンキに・・・・・・
> 何かあると国などに責任転嫁する。
> あまりにも甘えた態度
> 自らの命は自分で守る!
>常に問題点は我にあり

ほう。私に劣らずかなりの辛口硬派ですね。

Re: No title

ミー子さま

こちらこそご無沙汰しています。
いつも読み逃げばかりでごめんなさい。
最近はPhoto技術が向上して
素晴らしい作品ばかりですね。

> ミー子も共感します

ミー子さまに共感していただければ
鬼に金棒。
ありがとうございます。


ごもっともです

ジオさん~血も涙もない冷徹な意見とは思いません。
引き締まる思いで、読んでいました。
ごもっともです。

活火山で、しかも何回か噴火しているのであれば、
危険であるという意識が必要です。
後からこうすれば良かったでは、命が戻ってきません。
ジオさんのように真正面から意見が言える人は、
立派だと思います。

Re: ごもっともです

まこさん、
ようやく秋本番。
万葉の里でのいろんなイベント、
楽しそうですね。

> ジオさんのように真正面から意見が言える人は、

ご賛同、ありがとうございます。
奥歯に物が詰まった言いぐさが大嫌いな
性格なので。
そんで、損をしたり人を傷つけたりすることも
あります。
黙っちゃおれないこの性格は直りません。

No title

かわいい子に
誘われていたら
私も
御嶽山に登っていた
かもしれない

富士山も
ついこのあいだ
噴火している
また噴火したら
どうなるやら

Re: No title

rippleさん
こんにちは。

> かわいい子に
> 誘われていたら・・・・・・

そりゃ、私だって。
でもほんとうに怖いのは、
山ではなく、かわいい子かもしれませんぞ。

> 富士山も
> ついこのあいだ
> 噴火している・・・・・

3.11以降、何やら
日本列島の地下で
不気味な動きが連動しているようです。

No title

geoさん
こんばんは。

御嶽山の災害に関し
私がニュースで見た限りはどの遺族の方も
「こんな状況下によく見つけてくれました」的なコメントをされ
極めて常識的に見えました。
私も常々母親には
「どこで行き倒れになっても驚かないで。好き好んで行ったのだから」と
申しておりますが
皆さんもだいたい同じ物差しなんだと安心致しました。
geoさんの記事も血も涙もないとお書きになりつつ
実は個々でも気を付けようと注意喚起して下さったと解釈しております。
それにしても
天災は忘れた頃どころかバンバンやって来そうですね。

危機管理意識

日本は、自然災害もさることながら、今回の
デング熱など、今やありとあらゆる災害の
危機に直面していますが、平和ボケして
いるのか、大半の国民は案外呑気に構えて
いるように思えます。自分が危機に直面して
初めて気がつくんでしょうね。
日本は、欧米のようにテロの脅威には、
まださらされていないのが不幸中の幸いです。

Re: No title

チカちゃん、
おはようございます。

> 極めて常識的に見えました。
・・・・・・・だいたい同じ物差しなんだと安心致しました。

再び山小屋へ救助に向かった山小屋の方など、
日本人の意識の高さに世界が再び驚嘆しています。
とんでもない日本人もいますが、
概ね日本人は良識的であることに誇りを感じます。

Re: 危機管理意識

トパーズさん、
こんにちは。
ギャラリーを臨時休業してますが、
何かあったのかと。

>平和ボケして
> いるのか、大半の国民は案外呑気に構えて
> いるように思えます。

歴史的には島国根性がそうさせているのでしょう。
痛い目に合わないと気づかないのかも。
ただ一方で、歴史的な悲劇である原爆だって
忘れ去られようとしてます。
ときどきの自然災害は日本人の危機意識に
警笛をならしているのかも知れません。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR