高速割引制度の功罪

 高速道路の通勤割引制度が出始めた頃、割引利用にやっきになった。朝6時~9時または夜17時~20時の間にETCで料金所を通過すれば、半額という制度。ただし、100Km未満の場合が適用。時速100Kmで高速道路を走ると1時間で100Km進むから、朝6時~9時の3時間に3回利用できることになる。

 例えば、山陽道の宮島スマートインターを出発点として大阪方面へ向かうと、尾道インターで概ね100Km弱だから、そこで一旦料金所を出て、ETCカードを入れ替えて、また高速に入る。次に岡山県の山陽インターで概ね100Km弱だから、そこでまた出て、ETCカードを入れ替えてまた入る。そうすると、300Km間が半額になる。なぜ、ETCを入れ替えるかって?1人(同じETC1枚)1日朝晩1回の利用に限るという規定があったから、別のETCカードに替えるのだ。

 別に違法でも何でもない。口コミで徐々にそういう人が増えた。料金所でUターンする車が増えて事故が続出した。その後、係員の横断途中の事故も増えた。係員が安全に横断できる2階立て通路を現在、全国で建設している。またそれに莫大な費用がかかる。

 そうこうしていると、100Km越しても、通勤時間帯であれば100Km分が自動的に半額になるシステムに変更になった。また、平日であっても100Km分が3割引きになったり、休日乗り放題千円など、いろいろと割引制度が変更してきている。加えて、本州四国連絡橋など地域特有の制度もある。だから、常にネットで割引制度の変更を確認しておく必要がある。

 国の高速道路割引政策が変わるたびに国民は踊らされる。ETCを装備している人とそうでない人の不公平、ネットに詳しい人とそうでない人の不公平、細かくてわかりにくい料金制度。我々国民は何も安いだけを望んでいるのではない。シンプルで公平な料金制度を望んでいるのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

無関係

車には乗りますが、高速道路はおっかなくて乗れません。車のない人にもどうでもよい法律です。しかし、シンプルな制度って皆無じゃないですか?年金しかり介護保険しかり健康保険も後期高齢者医療受給制度が出来、障害者自立支援法のシンプルからはますます遠くなり・・・
ブツブツ・・・ややこしいことがどんどん苦手になる昨今です(涙)

Re: 無関係

みかんさん、こんにちは。
確かに、言えてますね。
シンプルなものは何もないですよね。
ややこしくした方が分かり難くて騙し易い
からでしょうかね。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR