漱石「こころ」100年に思う






 漱石の「こころ」が朝日新聞に連載されて100年を経過したのを記念して、100年振りに「こころ」の復刻版が朝日新聞に連載されている。100年前といえば大正時代だから見る由もないが、久しぶりに読む「こころ」は昔とはまた違う趣きで受けとめることができる。それに、復刻版には森下仁丹などの当時の広告が昔のまま掲載されていて面白い。

 改めて「こころ」を見ながら、こんなにくどい作品だったかなぁと思う。先生の遺書も長々とくどいが、遺書が来る前の父の病を見舞う場面も長々とくどい。果たして、漱石作品はみなくどいのかと思うとそうでもない。考えるに、漱石作品はある時期を境に大きく変化しているように思える。東大で教鞭を執りながら書いた時代の「吾輩は猫である」、「坊ちゃん」、「草枕」は、人間ウオッチングの目線から自由奔放なユーモアに富んだ作品に仕上げている。ところが、朝日新聞社に入社してからの作品はうって変わる。「野分」、「虞美人草」、「明暗」、そしてこの「こころ」である。次第次第にくどい作品になっている。

 なぜくどくなるのかを考えてみるに、人間の心の揺れの変化をできだけきめ細やかに描写しようとしているからだろうと思う。「こころ」の先生は、“もとから悪い人間はいない、普通の人間があるとき急に悪人になる”と言う。そして先生は、“悪人になる動機はお金だ”とも言う。しかし作者である漱石自身はまだこのことに納得していない。「それから」の主人公の代助は、食うために働くのは誠実な労働ではないと拒む。しかし最後は職を探しに町へ出る。すると目にするいろいろなものが頭の中に飛び込んできて、すべてが音をたてて崩れていく。作者である漱石自身は、人間はなぜ働くのかについて結論を得ていないように思う。

 前期の漱石が自由奔放、天真爛漫な作風であったのに対して、後期の漱石は悩める作風に変心している。悩めるとは、生きることの一生懸命さであり、自問自答を繰り返していたように思う。心の葛藤が垣間見られるのである。何に自問自答し、何に葛藤していたか、私にはわからない。想像するに、近代化と西洋化の矛盾、恋愛についての普遍性、悪と善、人間の本性、なぜ生きるのか、なぜ働くのか、などか。

 それにしても漱石作品は人気がある。小説嫌いな私にも人気である。他の作家と違って、漱石は頭が良く、科学者でも教育者でも哲学者でも、何でもできる多才な人であり、考え方がどこかフレキシブルなところが好きな理由である。他の多くの作家のように作家馬鹿でないから好きだ。反面、漱石はどこか女性に対するコンプレックスや疎外感を感じているようにも思える。

 漱石作品が人気の秘密は、ダメ男を主人公にしていることもある。「こころ」の先生はエゴイストでナルシストである。先生はやたら「私は」と始める。これはプライドが高く、自意識過剰なナルシストである証拠である。こう書きながら、私も「私は・・・・」が多い。ということは、私もプライドが高く、自意識過剰なナルシストかも知れない。「坊ちゃん」の主人公も自分勝手で甘ったれ。子どものまま大人になったようなダメ男である。ものすごくダメだとそれは嫌われるが。人間は多少ダメなほうが面白い。少しダメな男の方が女性に好かれるのかも知れない。私も見習おうと思ったが、見習わなくてもすでにどっぷりダメ男である。

  「こころ」の連載から100年。100年後も、またその100年後も人間の悩み方はそうそう変わるものではない。こころの葛藤、それこそが人間の証しなのではないかと、「こころ」の復刻版を見ながらしみじみ思うのである。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

漱石は、猫と草枕くらいしか読んでいません。
共に冒頭がいいですね~
リズム感があります。

「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい 」。

草枕の冒頭、今の世にも当てはまりますね。

Re: No title

吾喰楽さん、
おはようございます。
今日も梅雨空です。
梅雨明けが待ち遠しいです。

> リズム感があります。

良い文章の条件ですね。

> 「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい 」。

なかなかに言い得てますね。

今日もお元気で。

私は・・

漱石はほとんど読んでいませんが…孫の漫画家さんの読み物は面白かったです。

 漱石といえば、留学をして鬱になった人としてのイメージが強いです(失礼!)

Re: 私は・・

dorucasuさん
こんにちは。
毎日暑いですね。

> 漱石はほとんど読んでいませんが

漱石を読んでないとは珍しい。
小説嫌いのこの私でも読んでいるのに。

>  漱石といえば、留学をして鬱になった人としてのイメージ

それはどうでしょうか。
諸説あります。
ただ、漱石は人づきあいが苦手で神経質
なことは確かです。
そこだけは私と似ています。(笑)
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR