日本人とサッカー




 こんなことを書くと非国民だと叱られそうだけど、それでもあえて言いたい。日本人というのは何て楽観的というか、ボジティブな国民なんだろう。つくづくそう思う。今、日本も世界も白熱するワールドカップにおけるザックJAPANの試合予想のことである。

 はっきり言って、初戦のコートジボワール戦の前から、私は今大会の日本を全敗と予想している。無論、私だってザックJAPANに勝ってもらいたいし、是非とも1次リーグを通過してもらいたい。それは山々であるが、冷静に分析すればするほど悲観的にならざるを得ないのだ。別にFIFAランキングだけの話ではない。フィジカルな面、メンタルな面、あらゆる面で大きな差を感じるのである。

 フィジカルな面でどうしても劣勢な日本が勝つためには、点を与えない堅守と速攻のサッカーしかないと私は常々思う。それをあえて攻撃サッカーを目指すというなら、それもよかろう。だったら、多少のリスクを覚悟でも前線を押し上げないといけないのだが、コートジボワール戦では逆に尻すぼみしていた。前に進まないどころか、一人でねじ込んでシュートする選手もなく、守りもサイドが完全に破られていた。これでは攻撃サッカーどころか守りのサッカーもできていない。

 もともとサッカーはある種、格闘技だと思う。あの広大なピッチに審判員は主審1人、副審2人の3人しかいない。あの狭い土俵下に5人の審判員がいる大相撲と比べればその違いがわかるというもの。個々の細かいプレーまで見ちゃいない。いわば無法地帯の暴力劇が行われているようなもの。だからしてフィジカルな面が優位性を発揮するのである。

 サッカーの審判員が10人程度に増員されるとか、反則行為をさらに厳しくするとか、違反行為をビデオによる可視化によって判定する時代になれば話は別。しかし今のルールが続く限り、日本人が世界のサッカーと肩を並べるには頑強な体力作りしかないように思う。

 楽観的でボジティブなことは悪いことではないが、もう少し冷静な判断も必要なのではと思う。一過性のサッカー熱に終わらずに日本サッカーが世界で躍進するためには、ファンも国民も冷静な視点で厳しく選手を見守ることも大切である。日本人にとって世界のサッカーはまだ50年早い。そんな気がするほど、サッカーの歴史の重みの違いを感じるのである。





(悲観論者の弁)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは!

私は、サッカーのにわかフアンです。
サッカー自体も、詳しくありません。
その上での感想です。

日本の先取点は、正に速攻で見事でした。
でも、その後の流れを見ていると、完全に押されていました。
シュートが少なすぎます。
パスが通りません。
前半、1-0で終わりましたが、正直、負けを予期しました。

“歴史の重みの違い”なんでしょうか。

Re: No title

吾喰楽さん、
おはようございます。
夜はパソコンやらないので
レスが翌朝になってしまいます。

> 日本の先取点は、正に速攻で見事でした。
> でも、その後の流れを見ていると、完全に押されていました。

あの先取点はたまたまとしか言いようがないです。
その後の本田選手の動きは精彩がなかったです。
やはり彼をワントップのFWに据えるべきです。

> パスが通りません。

パスミスがあまりに多かったです。
後半、足が止まってました。

> “歴史の重みの違い”なんでしょうか。

農耕民族が狩猟民族に
サッカー、陸上で勝つには
まだまだ歴史的な体力進化が必要だと
思います。

No title

勝ち目がないのは
わかっているけれど
万が一を
目撃したい気持ちも
あるのです

(^-^)

Re: No title

rippleさん、
こんにちは。
今、ギリシャ戦が
終わりました。
よくやりました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

コメント
ありがとうございます。
私もオシムの理論を尊敬します。
彼が途中半ばで倒れなければ
日本のサッカーはまた違っていたと
思います。

プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR