写真の捏造




 人間、何かを守りたいときにする常套手段は、誰かひとりだけを悪者にしたり、変な理屈をこねたり、嘘をついたりするものだ。守るべきものは何かというと、自分であったり組織であったりする。献金問題で今、やり玉にあがっている某党首の場合、守りたいのは決して党ではなく、あくまでも可愛い自分である。STAP問題に対する内部調査の発表内容は、組織の存亡を賭けて「ひとり悪者」を披露する茶番劇とみる。この問題には、まだまだ隠蔽された何かがあると睨む。

 それは兎も角として、STAP問題の本質は論文引用や写真の捏造である。しかし、この科学技術隆盛の時代に、先端科学論文のこうした疑惑がなぜ瀬戸際で見抜けないのか。それも世界に冠たるネイチャーが。不思議で仕方がない。20~30年前ならまだしも、こうした捏造疑惑は簡単に見抜けようものを。

 たとえば、写真の加工や捏造の問題。工事現場などでは黒板に日付などを書き込んで証拠写真を撮って提出する。しかし撮り忘れることや日付を間違えたりすることもある。昔だったら撮り直しただろうが、Photoshopなどの写真加工ソフトが広まるや、いとも簡単に加工編集できるようになった。加工も合成も、編集も効果も何だってできる。お見合い写真もお好みの美人顔にできる時代である。

 しかし、ISO導入による品質管理が徹底してきた今日では、加工をチェックするソフトも開発されている。1枚の写真デジタルには様々な情報が隠されているので、いとも簡単にチェックできる。現実に、今では国に提出する写真も検査で篩いにかけられ、仮に加工・編集したものであればたちどころに判明する。

 下の写真はある現場で私が撮った写真の加工と編集である。報告書の中身としては許されるが、編集する前の元写真やスケッチなどの提出が義務付けられ、チェックされる。わかりやすいように編集したものは許されるが、都合の悪いデータを削除したりなどは言語道断。編集加工の制限範囲も、提出するものが報告書か冊子か論文かにもよる。同じ論文でもメジャーな学会かどうかにもよる。しかし、改ざんや捏造はあってはならないことは無論である。



写真の加工




 論文引用もしかり。様々なジャンヌの論文がキーワードで検索されて審査される。論文記述内容の一致性をチェックするソフトもある。こうした現代科学における検索システムやチェックシステムなどによって、引用、盗用、加工、編集、捏造はシャットアウトされるはずである。なぜ科学技術論文でそれができていないのか。不思議だ。写真の捏造の前に、組織的な隠蔽と捏造があるのではと疑いたくなる。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

同感です

小生の元会社でも、それまではフィルム以外は駄目だった隠蔽工程写真をデジタルに切り替える際は大変でした。
元の写真を改竄された場合のチェック方法等で、随分もめたことを思い出します。
やろうと思えば現在の改竄技術には追いつかないのかも知れませんが、世界の化学誌であるネイチャーにそれを見破る技術が無いとは考えにくいですね。
一部の報道によれば、「小保方氏は、当該写真の差し替え版をネイチャーに送付したが、それっきり」とか、「小保方氏は、理化学研究所から公的場での発言を止められている」とのことです。
このことは、4/9迄に予定される小保方氏側の公式会見で明らかになるのでしょうか

Re: 同感です

呑兵衛あなさん、
どうもです。

> 小生の元会社でも、それまではフィルム以外は駄目だった隠蔽工程写真をデジタルに切り替える際は大変でした。・・・・・・

ふむふむ、なるほど。
よ~くわかりまする。

> 一部の報道によれば、「小保方氏は、当該写真の差し替え版をネイチャーに送付したが、それっきり」とか、「小保方氏は、理化学研究所から公的場での発言を止められている」とのことです。

そうでしょう。

> このことは、4/9迄に予定される小保方氏側の公式会見で明らかになるのでしょうか

いや~。どうでしょ。
でも男性と違って、女子は意地があるし、
怖いですよ。

おひさししゅう

<某党首の借入金問題、守りたいのは決して党ではなく自分である。

<STAP問題に対する内部調査の発表内容は、組織の存亡を賭けて<「ひとり悪者」を披露する茶番劇とみる。この問題には、まだまだ隠<蔽された何かがあると睨む。

以上の2点、geoさんの仰るとおり、国民も皆見抜いています。
こんなときこそメディアが見抜かなくては正義が泣きます。

ひとつのテーマを理論立てて問題提起されるところには敬服いたします。

誤字、失礼しました

タイトル名を誤字で送ってしまい失礼しました。
「おひさししゅう」は「おひさしゅう」です。

Re: 誤字、失礼しました

与作さん、

おひさしゅうございます。
誤字など気づきませなんだ。
お元気そうで何よりです。
趣味の会も活発そうですね。

科学ものは女子に人気がなく、
コメントがありがたいです。

今日、広島は

陽が射すも
桜舞い散り
小雨振り

そんな天気です。

では、また。

No title

なにはともあれ、STAP細胞の再現性が確認されればいいですね。

Re: No title

rippleさん、
こんばんは。

> なにはともあれ、STAP細胞の再現性が確認されればいいですね。

正に、核心はそこですたい。
それがないならすべてgameoverですね。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR