嫉妬






 今朝も、いつもと同じようにひとりご飯していた。何気につけたテレビで、昔のおしんを放映していた。とたんに涙がとどめなく湧いた。覆った手の端からしたたり、お陰で、おかずが少なくなったご飯が少し塩辛かく美味しかった。

 おしんに擬えて、自身のことが走馬灯のように思い出された。小さい頃から本を買ってもらえなかったけど、小学3年生のクリスマスの朝だけ、枕元に小学館の小学三年生が置いてあった。その本を6年生になるまで大切にしたこと。その小学校6年生のときに入った化学クラブで、ビーカーの代わりに空き瓶を持って行った。それをみかねて、半田君がフラスコをひとつくれたこと。宇部高に入った冬、みんなが制服のグレーのコートを着て通学するのを横目に、寒くはないと強がった自分。京都を志望するも諦めて失望した、東京オリンピック・女子バレー優勝の夜のこと。下宿する大学の同僚を横目に、4時間もの自転車通学が楽しいと嘘ぶいた俺。そんな、切ないけど大切なひとつひとつの思い出がよみがえった。

 考えてみれば、私の人生は失望と嫉妬と羨望の日々であった。でも、それを糧に生きてるのが、今ある自分でもある。物や人への嫉妬や執着心がなければ、今の私はなかったろう。今でも嫉妬はある。東京・京都出への嫉妬と負けん気、学閥と財閥への挑戦状、学会への痛烈な批判、国家、社会、組織への抵抗。それらの嫉妬と抵抗が自身のエネルギーとなって、今の自分を支えているようでもある。

 自分でもときどき思う。俺って素直じゃないなぁ、意固地だなぁ、頑固だなぁ、堅物だなぁ、辛口だなぁと。でも、それが私であり、それが私の所以でもある。変えようとしても変えられない。この自分を受け入れて生きていくしかないのだ。嫉妬を経験したからこそ、人の痛みがわかる。人への感謝が生まれる。くやしくても頑張れる。優しくもなれる。嫉妬も無駄ではないのだ。先日、太宰治論と題して悪態を垂れたのも、実は、彼が女にもてたことへの嫉妬からかも知れない。偉そぶっているようですが、何を隠そう、私は嫉妬と妬みの塊の人間なのです。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

geotechさんの生い立ち読ませていただいて
私も似たり寄ったり・・・
その頃の胸のうちを思うと切なくなってきます。
楽あれば苦あり・苦あれば楽あり
人生の帳尻は上手くできています。

No title

多かれ少なか、人間は嫉妬と妬みの塊ですよ。
問題は、その気持ちに対して、如何に対応するかだと思います。

金の工面が出来ずに、仲間との海外旅行や、ゴルフを断ったことが何度もあります。
勿論、金がないなんて云えませんでした。

とはいえ、飲み代は何とか工面していました。

Re: No title


greenさん、
お久しぶりです。
新しい仲間の会ができて、
おめでとうございます。
最初の歩き会の模様を見させて
いただきました。
京都はいろいろありますね~。
素晴らしい。

> 私も似たり寄ったり・・・

えっ、そのような不遇を?
では同じムジナのってことで、
よろしくね。

Re: No title

吾喰楽さん、
こんばんは。

> 問題は、その気持ちに対して、如何に対応するかだと思います。

なるほど、吾喰楽さんらしい発言。
ごもっとも。

> 金の工面が出来ずに、仲間との海外旅行や、ゴルフを断ったことが何度もあります。
> 勿論、金がないなんて云えませんでした。

そんなこともあったのですね。
今では考えられない思い出でしょ。
それも事実。これも事実。
すべてを受け入れて我がありますね。
いつもありがとうございます。

No title

geoさん
おはようございます。
そんな経験のない自分が安易に語る事はできないですが
ふとしたキッカケで昔の想いに万感溢れた様子が見て取れます。
それでも自身を冷静に客観的に書かれ心根の正直さが伝わりました。
geoさん独特の先鋭さと優しさの根源を見た思いです。
でもたまには良く頑張ったと自分を褒めて上げて下さいまし。

Re: No title

チカちゃん、
いつもありがと。

> それでも自身を冷静に客観的に書かれ心根の正直さが伝わりました。

正直ですか?
根はそうなんでしょうね。
性格は悪いかも。

> でもたまには良く頑張ったと自分を褒めて上げて下さいまし。

それはいつも。
ご褒美あげてます。
だって、これでちょっとした
ナルシストですから。

不遇が人をつくる?

我々団塊の世代は、親が戦後の日本の屋台骨を
根底から支え直さなければならない非常事態に
直面し、そんな中で生まれ育ちましたから、多かれ少なかれ
金銭的な面で苦労した人が多いと思います。
貧乏を経験することは、お金の有難味が分かるし
それに伴う人情の機微にも敏くなり、ナニクソこれしきに
負けていられるかという反骨精神も湧き、悪いことばかり
ではないと思っています。
今のgeoさんがあるのも、この経験があるからでは?

Re: 不遇が人をつくる?

トパーズさん、
こんにちは。

> 我々団塊の世代は、・・・・・多かれ少なかれ
> 金銭的な面で苦労した人が多いと思います。

それはそうですね。
ただ、今より格差があったように思います。

それにしても、
「不遇が人をつくる」とは
いい表現ですね。
確かに言いえてます。
さすが、外資系銀行キャリアウーマンとして
ウオール街を闊歩されただけあります。

No title

ウフ・・・私メは、外資系銀行ではなく、
日系のみず○銀行、NY支店勤務でした。

Re: No title

> ウフ・・・私メは、外資系銀行ではなく、
> 日系のみず○銀行、NY支店勤務でした。

それはそれは、とんだ失礼をしました。
何か勝手にトパーズさんを想像し、
外資系にしてしまいました。
お許しください。

No title

執着こそ
苦の原因であるが
執着を自覚しなければ
執着から
抜け出すことはできない

私もgeotechさんに似ているように
思います。(^-^)

Re: No title

rippleさん
おはようございます。
今日も頭、明晰ですか?

> 執着を自覚しなければ・・・・・・

ふむふむ、執着の自覚ですか。
意味が深い。
己を知る
自身の悪を知る
そんなところでしょうか。

> 私もgeotechさんに似ているように
> 思います。(^-^)

はぁ、光栄です。

No title

geotechさま。
ご無沙汰しております。
記事拝読し ジオさんの優しさの原点を視る思いです。
今、こんなに気骨ある殿方にはお目にかかれなくなりましたね。
4時間もの時間掛けて大学へ 自転車で通学されたこと、
全く想像すら出来ません。頭が下がります。嫉妬 それは
質は違えど「人間全てが持つ煩悩」ではありますよね!!
小さいときの体験 育ち方 出会う人々 様々な体験が
その人を作るのでしょう。その体験を糧に大きく成長し
人の痛みを自分の事のように理解出来る!その大きな差は
何処から来るのでしょう!? 正に「負けるもんか!」
そういう負けん気、自分に勝つということでしょうね(^^)
「最後に笑うのは自分だぁ〜〜」なんちゃってね(爆)
素敵な記事拝読出来ました。いつも有り難うございます♪

Re: No title

ミー子さま

こちらこそ
ご無沙汰してます。
お元気そうで何よりです。
写真の技術も一段と向上してますね。

> 記事拝読し ジオさんの優しさの原点を視る思いです。
> 今、こんなに気骨ある殿方にはお目にかかれなくなりましたね。

あらら、どうしましょ。
淑女に褒められると
すぐ有頂天になる性格ですので、
お気をつけくださいな。

> 質は違えど「人間全てが持つ煩悩」ではありますよね!!

はい。
人の煩悩ですね。
煩悩と向き合うことが肝心だと、
この歳になって気づきました。

今後ともよろしゅう
お願いしますね。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR