8月6日

 原爆を体験した世代ではないが、ここ広島に住んでいると否が応でも日常的に原爆を意識する。市内の原爆ドームとか平和資料館を行きかう観光客、明らかに原爆を受けたと思われる茶褐色の石畳、原爆記念病院、原爆被災者の話、病院に行けば原爆手帳が取り交わされる。母がもう少し広島近くに住んでいたなら、この私の命はこの世にないか、あるいは原爆孤児になっていたであろう。そんな広島にいると、どうしても究極の愛と平和への願いを感じざるを得ない。一本の鉛筆があれば、世界に平和をと書くであろう、その言葉は重い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR