役人の今昔




 伝統的に官尊民卑の色濃い日本においては、昔から権力をもつ役人は威張り、民間業者は媚びへつらうを常としてきた。それは今でも常態化していることに変わりはないが、今の役人の方が質(タチ)が悪い。昔の役人には同じ威張っていても人間らしさを感じたものだが、今の役人は冷徹にして陰湿なこと甚だしいのである。

 地方の小さな会社の顧問をしている関係で打ち合わせに同行すると、仰天するような役人の悪態を見てしまう。役人はまず会社の規模やランクで態度を豹変する。OBを沢山引き取ってもらっている大手には大目に見るが、相手がちっぽけな会社だと見くびるなり、チクリチクリと嫌味タラタラ文句を並べる。まるでそうすることが唯一の趣味のように。

 時間にルーズなのも役人の専売特許。先日の打ち合わせは夕刻16時の約束であった。1時間待たされても始まらない。これが立場が逆だったら、とてもあり得ない話である。それこそ、社長を呼べとか指名停止とかになりかねない話だ。これには私も少し切れて、1時間待たされた頃、こちらにも予定がありますからと言い放し、退出した。その後、さらに1時間待たされて挙句の果てに、打ち合わせが中止になったらしい。

 官尊民卑に変わりはないものの、なぜこのように役人の質(タチ)がこうも悪くなってきたのか。まず、ISOの導入によって書類の雑用が増え、地権者との協議に時間をとられ、役人の専門職はほとんど実務をしなくなっていることがあげられる。昔は国の役人でも、自ら現場に出向き、自ら図面を引いたものだが、今では全く知識も経験もない者が監督する立場にいる。常識的なことまでチクリチクリと探るから、民間業者との軋轢を生むのである。

 それでは、知識も経験もない役人が何に拠り所を求めるのか。それは過去の実績の踏襲であったり、基準書、文献や指針といった活字である。彼らは兎も角、活字になっているものは正解であり、そうでないものは誤りであると認識する。かくして究極のハンドブックエンジニアのもと、考える力も新たな発見もない形骸化した業務の遂行が蔓延しているのである。

 役人の質(タチ)が悪くなったもうひとつの原因は、官庁の行政改革にある。役人の数が多すぎるとか賃金が高すぎるという批判をかわすため、姑息な手段で対抗している。穴埋めに民間企業から国の職員として出向させているのだ。これで見かけ上、職員の数が減って人件費も減少しているのだが、外注費が嵩んでトータル費用は高騰し、作業はとてつもなく非効率的なのである。

 民間から出向している職員がまた問題である。民間の立場を理解して民のために働くのかと思いきや、まるで正反対の行動をとる。官の威を借り、ここぞとばかり偉そぶり、意地悪をするのである。官にいじめられてきた腹いせをここでやる。この出向社員は少しは専門的事項をわかっているから官に頼りにされ、それでまた増長し、さらに民をいじめ、それで点数を稼ぐという悪しきスパイラルの構図である。

 馬鹿で高慢ちきの役人を相手に、それでも民は耐え忍び、明日の糧のために働いているのだ。おべっかを使う民がいて、それでまた官は増長する。一見、公明正大な入札方式や官民のあり様も、一皮剥けば闇の世界。昔のような賄賂や飲食を伴わなくなった分、陰湿なる闇の悪徳は巧妙となっている。かつて、大災害に出動した私の宿に土木の所長が一升瓶を持って駆けつけて酒を交わした。事務所で寝食を共にし、官民隔たりなく災害復旧に全力を尽くした。帰り際には土産までいただいた。そんな良き昔の時代がたまらなく懐かしいのである。あ~、少しすっきりした。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

先日、市民館を借りるとき、担当者の横柄な態度に
ムッときましたが、腹を立てたら損と引き下がりました。
アホらしくて投書する気にもなりませんでした。
いい人もいるけれど、総じて高慢な人が多いですね。

Re: No title

rippleさん、
おはようございます。
少し暖かくなりましたね。

> 先日、市民館を借りるとき、担当者の横柄な態度に
> ムッときましたが、腹を立てたら損と引き下がりました。

偉い!!
さすが、rippleさんは大人だ。
切れる私と大違い。

> いい人もいるけれど、総じて高慢な人が多いですね。

いい人見たことがありません。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR