老人の主張



 成人の日にNHKで放送されていた「青年の主張」がなくなって、もう何年くらいになるのだろうか。ちょっと気になって調べてみたら、1955年に始まって1988年まで続いていたというから、私が物心ついた頃に始まって40歳頃まで続いていたことになる。若い頃は同じ若者の血潮に刺激されたり共感したり、大きくなってからは若者の意気込みに感動し、いつも決まって涙したものだ。その「青年の主張」も1989年から「青春メッセージ」となり、ついにはそれも2003年には廃止されたらしい。

 成人の日の恒例であった「青年の主張」や「青春メッセージ」が廃止されるに至ったのには、時代とともに社会の変化があったのだろうか。2000年代に入り、成人式での参加態度の悪化が社会問題化し、年々若者を取り巻く環境が変化した。アーティストのライブも入ったりするなど、これまでの弁論コンクールとはかけ離れたものになり、イベントとしての人気にも陰りが出たのだろう。情報化社会の到来によってパソコンや携帯電が普及し、筆や活字からメールが主流となり、趣味が多様化していったことも背景にあるのだろう。でも、なんだか寂しい。

 大人の「今時の若者は・・・・・・」という言い方は好きではない。でも、「今時の若者はって、ひとくくりにして欲しくない」とか「個性がないなんてことはない」と、今時の若者が異口同音に唱えるのも、少し無理があるように感じる。実際、若者がそうでないなら、そこまで意固地に反論することもあるまいと思うからだ。

 今、若者の離職率が高いと言われるが、昔から若者はすぐに会社を辞めたものだ。今月は誰かれさんと誰かれさんの送別会という風に、合同送別会をよくやった。それでは昔と今とで何が違うかというと、昔は若者が会社を辞めることをさほど気にしなかったが、今は離職率が高いのは社会に問題があると大騒ぎすることである。なぜ会社をすぐに辞めるのがいけないことなのか、よくわからない。すぐ辞める人がいてこそ、我慢して成功する人が浮かばれる。辞めるということは、適応性を早く知るということで本人もよかろうに。ただ、そういう人はどこに行っても長続きしないだろうけど。

 成人の日にちなんで、若者と大人のトーク番組が放送される。若者ひとりひとりの言葉はあまりに稚拙で論理性は全くない。しかし、そこにはテレビでお馴染みの若者を代表するリーダー的存在の人が決まって出てくる。そのリーダーが若者の言葉を吸収して今の若者の価値観論を展開する。よく聞けばそれにも説得力はまるでないのだが、出席する常識的な大人たちがそれを容認する。若者をけなすでもなく、やっつけるでもなく、シャンシャンと終わる。

 「青年の主張」がなくなった背景にも関係するが、社会が若者に気遣いし過ぎてないか。あまりに柔になりすぎてないか。過剰に遠慮していないか。もっと堂々と、駄目なものはダメと主張する、昔青年の大人の主張が欲しいものである。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

geoさん
こんばんは。
小気味いい記事ですが耳が痛い文章でもありました。
少子高齢化が叫ばれてから 
中高年は若さに遠慮を持つようになったと感じています。
仕事関係でもこんなご時世に子供を産んで頂けるのだから
多少のことには目をつぶろうという空気があります。
この遠慮の根源は 
自分たちはやがて社会のお荷物になるという消極的な発想から
来るものではないでしょうか。
そう考えるとこの風潮を作った責任は私達にもありそうですね。
昔青年の主張はまず自分に向けて 背を正す?
そんな事を感じた記事でした。

Re: No title

チカさん
こんばんは。

> 多少のことには目をつぶろうという空気があります。
> 自分たちはやがて社会のお荷物になるという消極的な発想から
> 来るものではないでしょうか。

それ、あかん、
ほんとに次世代を思うのなら
叱らにゃあかんで。
お荷物とか、なんとか、
それ、違いまっせ、
(なぜか今日は関西風です)

No title

>昔青年の大人の主張が欲しいものである。

ほんとにそう思います。
若者世代がきちんと育っていかないのは
大人がきちんと叱ったり、いさめたり、がないからですね。
ヘンに迎合しています。

年々、人間の大人の成熟度が低下しています。
幼いというか・・・
軟弱になっているのを感じます。

Re: No title

秋桜さん、
こんばんは。

> 若者世代がきちんと育っていかないのは
> 大人がきちんと叱ったり、いさめたり、がないからですね。
> ヘンに迎合しています。

その点、全く同感です。
ただ、自分のことになると甘くなっていることも事実。
自分の中の憤慨と強調の狭間で揺れています。

No title

瀬戸内寂聴さんは60歳以上はなれた若い女性を二人
秘書兼お手伝いさんとして使っています。
寂聴さんを「爆発キャラ」なんて平気で呼んでいて、
見ている(テレビでしたが)こっちがあっけらかんとして
しまいます。それでも若い人から学ぶことは多いと言って
おられました。寂聴さんの「相手を理解する姿勢」が
すばらしいなと思いました。

Re: No title

rippleさん、
こんにちは。
寒くなりました。
丹沢からの吹き下ろしも寒いと
聞きます。
瀬戸内寂聴さんはすごいですね。
人生悟ってなお人間ぽい爆発キャラ
を発するなんて。
寂聴さんの「相手を理解する姿勢」
は現代の大人にも若者や子供にも
求められていると思います。

プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR