顔は物語る




 人間、準備ができていて確信があって信念があるときには、無駄のない自然な動作でゆったり構える。表情も柔らかであり、語る言葉は端的で少ないが、それでいて力強い。胆力が据わった物腰を醸し出す。それに引き換え、自信がなかったり何か隠していたり、うしろめたい時には、どこか落ち着きがなく、目がうろついていて、語る言葉は言い訳めいた脈絡のない長話となる。

 新潟県の泉田知事と東電の廣瀬社長の会談を見て、つくづくそう思う。「安全と金のどちらが優先されるのですか?」「あの~、その~」溜飲が下がる思いでこの場面を見たが、そこで勝負あり。それにしても、態度はいかにも下手だが厚顔である。

 同じ人間であっても、立場が変われば表情も態度も言葉も変わるもの。仕事柄、技術報告書を書いていて自信がある場合の文章は簡潔明瞭であるが、自信がないときは言い訳めいた長文となる。「必ずしも・・・・とは言い難い」とか「・・・・と考えることもできるが、しかしながら・・・」とか。ましてそれを説明するとなると、自信がある場合に比べて全く説得力を欠き、変に相手の顔色を見ながら同調を伺う。男の浮気話の言い訳話が典型的な例である。

 話す相手の顔を見れば、まして発せられる一言を聞けば、その人の人格からそのときどきの話の信頼性や核心までわかるというもの。「目は口ほどに物を言う」「目は心の鏡」「目は心の窓」すべては目を中心とした顔が物語るということである。

 この場に及んで、東電の社長のあの表情と言い様では、誰の目からも東電の自浄はあり得ない。凍土壁やベントのことや他のすべてのことを優先して、今しなければならないのは東電の解体と国営化ではあるまいか。誰がいつやるのか。安倍ちゃん、今でしょ。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは!

仰せのとおり、国営化を急ぐ必要があると思います。
最近、小泉さん(父)が、原発に関して、説得力ある発言をしていますね。

No title

geotechさん

>今しなければならないのは東電の解体と国営化ではあるまいか。

私もそう思います。
東電早く 何とかしてほしいです。

Re: No title

吾喰楽さん、
おはようございます。

> 最近、小泉さん(父)が、原発に関して、説得力ある発言をしていますね。

名古屋での講演でも話してましたね。
震災後に原発安全神話は間違いだったと述べてます。
北欧の核処理施設の見学でさらに確信したのでしょう。
国民も目を覚まさないといけないでしょ。

Re: No title

みのりさん、
おはようございます。
いつもありがとうごじます。

> 私もそう思います。

そうですか。
誰しもそう思いますよね。
今の東電には自浄能力はないです。

泉田知事と東電の廣瀬社長の会談

わたしも見ましたよ。
あの、しどろもどろの態度。
かの天下のトーデンの社長?
ほんとに中身のなさをしっかり露呈してますね。

いつまでも、ヌクヌクと高給を取るな!という気持ちです。

解体したらしたで、また問題山積。
特に債権などで銀行などが許さないのでしょう。

Re: 泉田知事と東電の廣瀬社長の会談

秋桜さん、
この季節だけは、こうお呼びしましょう。
いつもながら、お早いお目覚めですこと。

やはりご覧なられましたか。
あのしどろもどろは滑稽ですね。
裏を返せば、廣瀬社長は根がまじめなのでしょう。

> 解体したらしたで、また問題山積。
> 特に債権などで銀行などが許さないのでしょう。

そこが一番の問題。
銀行がかぶれば済むことですが。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR