追い出し部屋




 独立する前にいた会社での支店長時代、私より2年先輩のFさんは組織のラインから外され、私の管理下にあった。すべては本社の人事であり、逆らうことはできない。本社から取締役が来るたびに、Fさんは支店長室に呼ばれて檄を飛ばされた。「あれだけ辞めろと言っただろう!」「まだ辞めてないのか!」などと罵倒されるFさんだが、後輩の私は忍びない気持ちで黙って同席するしかなかった。

 その後、私は自ら志願して退職したが、Fさんはとうとう定年まで勤めたという。罵声を浴びせられながらも耐え忍んで最後まで勤めあげたFさんは、ある意味、とても偉いなぁと思う。とてもじゃないが、この私には真似ができない。

 当時は、こんな無茶なことをするのはこの会社くらいだろうと思っていたが、最近、名の知れた大企業の多くで同じようなことをしていることが発覚している。退職してもらいたい人を同じ部署に集めて、時間をかけて自主的に辞めるのを待つという手の凝りようだ。

 これまでに発覚した主なものは、キャリアチャレンジプログラム(日立製作所)、キャリア開発課(コナミ)、事業・人材強化センター(パナソニック)、キャリアデザイン室(ソニー)、プロジェクト支援センター(NEC)、マーケット開発担当(ノエビア)、キャリア開発グループ(セイコーインスツル)、業務支援センター(東芝)、企業開拓チーム(朝日生命保険)などである。どこも日本を代表する大企業である。

 各社は報道関係からの問い合わせに対して、「退職を強要していない」「単純作業は命じていない」と言っているが、実態は「追い出し部屋」そのもののようだ。本人の専門と関係ない簡単な単純作業をさせる、社内・社外での就職活動をさせる、評価や給与を一方的に下げる、名刺を持たせない、電話に出させない、社内ネットにアクセスさせないなどの行為である。


 中小零細だったら、無能な人がひとりいるだけで大きな負担となるので、辞めてもらいたいという会社の気持ちはわからぬ訳ではない。中小零細では手をこまねく間もなく、即刻に首にしてしているのが実態だろう。しかし、追い出し部屋をもつ上述した会社はどこも大企業である。その人の能力や専門性、人間関係などを考慮して、最大限にその人が活かされるように配置転換が可能だと思うのだが。それに、仮にその人に能力がないとしても、その人を雇ったのは会社であり、会社の責任でもある。

 私にとっては、会社を辞めさせるという行為そのものよりも、その手段が陰湿なことが気に入らないのだ。その人に問題があるとすれば、また会社にとって不利益なことがあるとすれば、なぜ当人と向かい合って、とことん話をしないのだろうか。そのための人事部であり人事課ではなかろうか。いじめ問題を始めとして、現代の多くの社会問題が「陰湿」というキーワードで共通する。

 また前にいた会社のことであるが、当時の社員数は2000人程度であったが、何でも人事ソフトを使って配置転換していたことを聞きつけた。それで本社の人事部長に、その程度の人数、全国行脚すれば一人ひとりの人となりを頭に刻むことができるはずだと談判したことを思い出す。

 人事、つまり人を動かすことは、国家にとっても企業にとっても家庭においても、最も大切な要素のひとつである。人ひとりを巧く使うことができなくては、国家の長にも企業の長にも、あらゆる組織の長にもなれない。人ひとりを使うということは、それだけの度量が備わなければならない。つくづくそう思う。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

うちの会社(NTT)は・・・

どうしてもついて来れない人たちを簡単な仕事につけ・・それでも精神に問題の起きた人たちを会社におらせるだけで給料を払っていましたね~

犯罪を犯さない限り首にはできないという公社時代からの決まりがあったからかな?

私はコンピュータになってからも頑張りましたが、三分の一はやめましたね。キビシイ!!

No title

わが社は、規模が小さいからか、追い出し部屋なるものはありませんでした。
とはいえ、Fさんの受けた処遇、わが身のことのように拝読しました。
私の場合、幸い、誤解は解けましたが・・・

もし、追い出し部屋に入れられたら、徹底的に居座って、定年まで居るかも知れません。
勿論、プライベートで、生きがいを見つけますが。

ハラハラしました

私は公務員だったので、追いだし部屋は無かったです。
むしろ一生懸命仕事をする人の方が神経すり減らして、早く仕事を辞めてました。

ブログで大企業まで読んで、ちょっとハラハラしました。
それで息子の勤務先は無かったので、ホッとしました。

追いだし部屋は、週刊誌で読んだ事があります。
私も陰湿だと思ってました。
辞めるまで仕事を与えないなど、いじめじゃないかと。
でもこんなに大企業の名が上がるのだから、組織の恐ろしさを知りました。

No title

geoさん
さすが経営者目線の記事だなと思って読ませて貰いました。
私の所は小さくて追い出し部屋はありませんが
使われている方からしたら 
何であの人と同じ給料なの?と思う事はいっぱいあります。
(相手もそう思っているかも知れない)
仕事をすれば評価されるのは当たり前のことで
ここを上がきちんと見てくれないと自然と陰湿な関係が生まれるように思えます。
しかし上は上で諍っていて度量もなにも・・
職場の人間関係は永遠のテーマなのかも知れません。

Re: うちの会社(NTT)は・・・

dorucasuさん、

公務員や準公務員は別です。
企業はどこも厳しいですよ。
でないと生き残れないのも事実です。

> 犯罪を犯さない限り首にはできないという公社時代からの決まりがあったからかな?

はっきり言って公務員改革しないと駄目です。

Re: No title

吾喰楽さん、
こんばんは。

> 私の場合、幸い、誤解は解けましたが・・・

その話、ブログに書かれてましたね。
でも、そういう誤解はそこらに一杯ありますね。

> もし、追い出し部屋に入れられたら、徹底的に居座って、定年まで居るかも知れません。

そこで人間性が問われるのでしょう。
私なんかは、退職金捨てて啖呵切って去るタイプです。

Re: ハラハラしました

まこちゃん、
こんばんは。
風邪は直りましたか?
気を付けてくださいね。

> むしろ一生懸命仕事をする人の方が神経すり減らして、早く仕事を辞めてました。

真面目が馬鹿を見る、そんなところあります。
いえ、私も真面目ですよ。

> それで息子の勤務先は無かったので、ホッとしました。

程度の差はあれ、どこも民間はありますよ。
それで耐えれるかどうかが試されている部分もあります。
陰湿の元凶は組合です。
組合さえなければ、追い出し部屋はありません。

Re: No title

チカちゃん
こんばんは。
神戸新聞杯、そうだったでしょうか?
 
> 何であの人と同じ給料なの?と思う事はいっぱいあります。

あるある。
他人の給料を知らない方がいいです。

> しかし上は上で諍っていて度量もなにも・・

無能な上司が多すぎです。
私も無能な上司だったかも知れませんが、
自信を持って言えることは
部下の防波堤になってきたことです。

No title

この問題について、geotechさんはレベルが一段高いところから考察されていると思います。単に評価とか職場の人間関係といった問題ではないと思います。社会の在り方として、そのもとである人間をどう尊重するかということなんでしょう。その視点がなければ上に立つことはできないと。その通りと思います。

役所でも、それ用の部署こそないにしても、それらしいことはあったと思います。退職まじかな人をよくそんな配置するなあという異動はありました。ちなみに、私は元市役所職員です。かなり早く退職しました。

今、JR北海道が話題ですが、国労・動労を分断するため国鉄を分割しその目的は達したものの、各JRは経営の格差が広がり、働く世代の繋がりもなくなってついには保線もままならぬ事態に至った。ここには、企業が追い出し部屋を作るのと同じ論理が見え隠れしませんか。

結構いい時代に勤めをした者の時代にそぐわない甘い考えかもしれませんが、一言。

No title

追い出し部屋は、無かったですが、三行均衡合併を
経験し、同僚の15%~20%が解雇されました。
日本は組合があり、NYの方が解雇率が高かったようです。
合併後は、システムトラブルで大問題になり、頭取が
国会に召喚され事情説明をするなど世間の顰蹙をかいました。
二行合併ならまだしも、三行均衡合併の難しさを働いている間中
味わいました。また旧行同士の激しい派閥争いも水面下で
常時行われていました。
------
ちなみに、もし私が追い出し部屋へ追いやられるような状況に
なったら、即座にWalkout & Never come backです。
------
色々大変な事はたくさんあったけれど、よい時代に
仕事をしていたと思います。



Re: No title

よこずきさん、
こんにちは。
確か二度目のコメですね。

>単に評価とか職場の人間関係といった問題ではないと思います。社会の在り方として、そのもとである人間をどう尊重するかということなんでしょう。

そのとおりですね。
人としての尊厳に関わる問題です。

> ちなみに、私は元市役所職員です。かなり早く退職しました。

それはそれでまた勇気ある決断。
退職理由やその後の人生をお聞かせ願いたいところです。

JR北海道の問題も根底的には同じですが、
ここではふたつの労組の問題が大きく絡んでます。

> 結構いい時代に勤めをした者の時代にそぐわない甘い考えかもしれませんが、一言。

コメ、ありがとうございます。
今後とも意見してやってください。

Re: No title

トパーズさん、
引き続いてありがとうございます。

>三行均衡合併を
> 経験し、同僚の15%~20%が解雇されました。
> 日本は組合があり、NYの方が解雇率が高かったようです。

対等合併の場合の方がトラブル多いらしいですね。
銀行の場合、何といってもシステムトラブルが
一番ですね。
それに旧行の風土がありますから。

> ちなみに、もし私が追い出し部屋へ追いやられるような状況に
> なったら、即座にWalkout & Never come backです。

いや~、すんばらしい。
颯爽とした行員時代を彷彿させますね。

身につまされる

はじめまして。
後5年で定年退職を迎える夫が、まさに追い出し部屋に追いやられています。
三年前に発症した病が原因で私が身体障害者になってしまったためです。
本社の統括本部に異動になった際の夫の顔を思い出すと、申し訳ない気持ちで一杯です。

Re: 身につまされる

にしきさん、
はじめまして。

事情を聞き、まさに身につまされます。
それも奥様のことが原因だとすれば、
余計に主人に申し訳ない気持ちが一杯でしょう。
でも、あまり自分を責めないでくださいね。
こうなったら、意地でも辞めないのが勝ちです。
あと5年、主人ともども頑張って、勝利の祝杯をあげましょう。



プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR