「はだしのゲン」問題に思う




 思想的判断を行う場合、判断の根幹たる考え方は、よほどしっかりとした信条に基づかなければならない。何よりも体系的な考え方の構築の上に立って、熟慮を重ねた判断をしなければならない。そうして決められた判断であれば、他からの批判に怯むこともあるまい。

 浅はかな考えからの思想的判断を露呈したのが、「はだしのゲン」問題である。そもそものきっかけは、ある男性から市議会に提出された陳述書であった。「ありもしない日本軍の蛮行が掲載され、子どもたちに悪影響を及ぼす」という内容であった。これを受けて松江市教育委員会は当初、「はだしのゲン」の閲覧制限を校長会に要請し、現にそれを受けて閉架図書(自由に読めない図書)にしていた学校があったが、全国からの批判を受けて閲覧制限要請を撤回したというものである。

 撤回した措置をめぐって、市民から電話やメール、郵便物でさまざまな意見が寄せられたという。内容をざっと区分すれば、賛成約600件、反対1800件であったという。つまり、25%がどの学校でも閲覧できるようになったことに賛成しているものの、75%の大多数が逆に閲覧制限に賛同していることになる。現在、松江市の35校の小学校と17校の中学校の約8割の図書館に「はだしのゲン」が置かれおり、いつでも自由に見れる状態にある。

 市教育委員会が閲覧制限をした背景には、作品後半にある旧日本軍がアジアの人々の首を切断するなどの描写があまりに過激であるとの考え方がある。ただこれも、市教育委員会独自の考え方ではなく、陳述書に背中を押されたものである。これに対してある専門家からは、作品前半にある原爆投下で人間が溶けていく描写の方がはるかに残酷であると指摘している。また、松江市教育委員会は今回の撤回の理由として、「情報の制限を子どもに加えることは、子どもの知識に偏りが生じる恐れがあり、発達にマイナスである」との、とってつけたような言い訳をしている。

 果たして、「はだしのゲン」は子どもに読ませて良いものなのか悪いものなのか。これにはまず、子どもにとっての残虐な描写とは何かを考える必要があろう。作品の文脈全体が戦争を否定し平和を望むものであっても、残酷過激な描写が子どもの精神状態を阻害するものであれば読ませない方がいい。その場合に、子どもを皆ひとくくりにするのは乱暴である。小学生と中学生では精神の発育状態も違うし、精神疾患を患っている子どももいるかも知れぬ。

 その上で、「はだしのゲン」に書かれた内容が史実かどうか、あるいは思想的に偏向していないか検討する必要がある。旧日本軍の行為、昭和天皇の戦争責任を厳しく糾弾する行為などである。

 この問題において、私は「はだしのゲン」を読ませた方がいいとか、読ませない方がいいとかを言っているのではない。教育者の態度である。仮にも教育者が、教育的効果と子どもに与える影響を熟慮して決めたことであるなら、他から何か言われてすぐ引っ込めるような真似はするなと言っているのだ。要するに、「はだしのゲン」を見せる見せない以前に、教育者としての信条や覚悟に欠けると思うのである。これでは「はだしのゲン」も浮かばれまい。

 なお余談であるが、そもそも歴史教育の中における近代史の割合があまりに少なすぎるのが教育の基本問題としてある。戦国武将の話は面白いかも知れぬが、なぜ日本が戦争の道を歩んだのか、なぜ日本は敗戦したのか、なぜ中韓と摩擦があるのか、戦時中に犯したと言われる日本軍の罪とは何か、そこらの正確な近代史をちゃんと精査した上で子に教え伝える義務が我々先人にある。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます。

民主的な社会では、いかなることでも、賛否両論あるのが普通です。
指導的な立場にある人は、確固たる信念を持って欲しいですね。

こんにちは

私は「はだしのゲン」の漫画をDVDで観た。

 そのうえで思うのは”子供には見せたくはない”
しかし、あなたが言うようにあまりにも私たちは歴史を知る機会を与えられていないということもある。

私は大人になり敗戦の時代に生まれた者として手に入れられる本や画像、テレビ、映画などを見たのである。

今回の様子を見ていると「皆さんは真剣に向かっていないのだな~」ということなのでは・・・

Re: タイトルなし

吾喰楽さん、
おはようございます。
今、こちらは雨が振っていて
雷もとどろいてます。

> 指導的な立場にある人は、確固たる信念を持って欲しいですね。

腹がすわってませんねぇ。
こんな話より、夕食の献立の方が楽しいです。

Re: こんにちは

dorucasuさん、
こんにちは。
ようやく秋らしくなりましたね。

> 私は「はだしのゲン」の漫画をDVDで観た。

そうなんですか。
私もこの際だからと、全巻読もうと
したのですが、あの事件以来注文が殺到して
品切れだそうです。
DVDはさすがに高くて手が出ませんでした。

>  そのうえで思うのは”子供には見せたくはない”

やはり、そうですか。
素朴にそう思う親が多いと思います。

> 今回の様子を見ていると「皆さんは真剣に向かっていないのだな~」ということなのでは・・・

そこですよ。
その場しのぎの行動で真剣さがないです。

No title

こんにちは
「はだしのゲン」話題になっていますね。
私も全巻見たわけでは無いのですが、子供に見せるにしてはかなり過激な部分もあるとみています。
問題は、あれを見て子供たちがどう思うかですね。
史実的にはどうであれ、残虐なシーンが多々あるように思われます。
私でさえ躊躇する絵も描かれていますし・・・。

「はだしのゲン」が反日を目的として描かれているのは確かとは思いますが、あのような描写で子供の視覚に訴えるのはどうかと思っております。

Re: No title

俊介さん、
もう生活の方は落ち着きましたか?
2年半、大変だったでしょうね。

> 「はだしのゲン」が反日を目的として描かれているのは確かとは思いますが、あのような描写で子供の視覚に訴えるのはどうかと思っております。

作者は日本人なのに反日的ですね。
思想の偏向を感じます。
変なことでブームになって困ったことです。

No title

geoさん
こんにちは
はだしのゲンは高3の時ジャンプに掲載されて
読んだ記憶があります。
当時の少年漫画は粗暴なタッチが多かったですね。
はだしのゲンはアシスタントを使わず一人で書き上げたそうで
迫るものがありました。
そして全体から受けたメッセージは
一つの思想に集団で傾いて行く恐さだったと思います。
そこが推薦図書になった所以と思っておりました。
私自身はゲンに共感するところが多いです。
それにしても教育委員会の対応は風見鶏で
質を疑ってしまいましたね。
でも これで注目された事は良い事でした。
私も今コミック本の順番待ちをしているところです。

同感です。

「はだしのゲン」は読んでいないので
何とも言えませんがジオさんが云わんとしていることには
うなづけます。

教育委員会なんて形骸化していて何の
つっぱりにもなりませんね。
GHQの置き土産・・・悪しきです。

Re: No title

チカちゃん、
どうもです。

> はだしのゲンは高3の時ジャンプに掲載されて
> 読んだ記憶があります。

言ってくれるじゃないですか。
若いってことですね。
私ゃ、大学生でした!

> 私も今コミック本の順番待ちをしているところです。

私もこの際、全巻読もうと、古本を予約してます。

Re: 同感です。

しあわせさがしさん、
今夜は寒くて窓閉めて寝ます。

> 何とも言えませんがジオさんが云わんとしていることには
> うなづけます。

ごっつあんです。
教育者の質が悪いです。

> GHQの置き土産・・・

そこまで言いますか。
ま、それも一理。
それよりも、その後の日本人の体たらくでしょう。

おはようございます

はだしのゲンは、まだ見ていませんが、
「火垂の墓「のアニメは、見ました。
子供には、ちょっと残酷なシーンが出てきますが、
戦争とは、そういうものだと思います。
戦争を2度と起こさないためにも、
子供達に、史実を正しく教えることは、
大人の役目ですね。

Re: おはようございます

トパーズさん、
急に秋めいてきました。
お客も帰ってゆるりとした日々を
おくっていることでしょう。

> 戦争を2度と起こさないためにも、
> 子供達に、史実を正しく教えることは、
> 大人の役目ですね。

そうですね。我々には史実を伝える
義務があります。
それよか、先生がどうにもしゃんとしないです。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR