家族



 義母が亡くなって3年目のお盆を迎え、妻の兄弟筋だけで小ぢんまりと供養しようと山口の実家に集合することになり、私もお供することになった。お盆とあって、たまたま我が家には娘と孫、息子が帰省していた。法事ではないので、どこの家族も夫婦だけの参加と聞いている。だから、無理して行くことはないよと言った。それに、お盆で高速道路も渋滞が予想されるから、家でゆっくりしていたらと。だが、お祖母ちゃんが喜ぶのならと、みな一緒に行くと言う。ならばと、大人4人と孫の5名の家族を乗せて車で出かけた。

 歳をとると長時間の運転が苦痛である。片道2時間半の運転の帰路、息子が運転を代わってもいいと言い出した。乗っていた車は、息子が帰省したときに乗れるように家族車両保険に入っている。だから運転を代行してもらっても安心だねという会話をした。そうこうしていると、今度は娘が、私が運転を代わってもいいよと言い出し、みんなで顔を見合わせた。そもそも娘の運転に身を任すつもりは誰もいないが、それに嫁いだ娘が家族車両保険の適用になるのかどうかという疑いもあった。

 しばし沈黙のときを経て、娘がこう切り出した。「私って家族よねぇ。私らみんな家族じゃないん?」悲痛な声で懇願するような娘に、みな唖然とし、とっさに「無論、家族さ。でも保険適用上の家族に該当するかどうかって確認してみないと」とか何とか言ってお茶を濁した。

 そこで、家族って一体何だろうと、少し調べた。まず、法律的にはあまり「家族」という言葉は使われないようである。民法などにも「親族」の定義はあっても、「家族」の定義はない。ただし、育児介護休業法には「家族」の定義があり、その法律によれば、「配偶者(事実婚含む)」・「父母」・「子」・「労働者が同居し、かつ、扶養している祖父母、兄弟姉妹及び孫」・「同居の親族」が『家族』に当たるとされている。

 その他いろいろ調べたが、家族の定義には様々なものがあり、時代や社会によっても異なるし、個人によっても異なるようである。人々はどこまでの範囲を家族であると認識しているのだろうか。内閣府の国民生活モニターが、家族と考える範囲について尋ねたところ、同居している親族については、「配偶者」と答えた人が91.4%と最も多く、次いで「子ども」が87.6%、「親」が70.8%となっている。また、「孫」、「祖父母」、「兄弟(姉妹)」についても、それぞれ4割以上の人が家族と考えると回答している。そして、別居している親族については、「親」が66.1%と最も高く、次いで「子ども」が55.4%、「兄弟(姉妹)」が53.2%と高くなっているほか、「配偶者」が40.1%、 「孫」が45.1%、「祖父母」が43.3%とそれぞれ4割を超えている。つまりここからは、同居別居にかかわらず、親、子ども、祖父母、孫などの直系の親族と、配偶者、兄弟(姉妹)までを「家族」の範囲ととらえる人が多いことが見て取れる。
 
 まとめると、社会一般には、「家族」の範囲は直系の親族、配偶者、兄弟と考える人が多いようである。法律を使うときや契約を交わすときなど、公共の場における家族は「その場の定義」次第で決まるようである。しかし、日常生活における「家族」というのは我々ひとりひとりの心の中にあるのではないだろうか。つまり、私が、あなたが「家族」と思う人が「家族」ということになる。結婚していようがしていまいが、学生だろうが、別居してようが、私が、あなたがどう思うかで家族の範囲が決まるものと思う。そして、できれば私の心の中の家族は多くありたいとも思う。娘に「私ら家族じゃないん?」と言わしめたのは、私の心に中で嫁いだ娘にどこか距離を置いてたためでろう。娘よ、ごめんね。お前はいつまでも私の娘であり家族だよ。家族について考えるお盆のひとときであった。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

geotechさん

ご家族で奥様のご実家まで

広島からでしたら そう遠くないですが
渋滞が心配されますね?!

家族 嫁いだ娘は家族には入らないんですか?
多分そうですね!

暑いですね。

「家族とは、当事者同士が家族と思えば、家族である」(吾喰楽)

2年前、義妹親子と海外旅行をしたときのことです。
家族は一緒に入国審査が受けられます。
我々は、迷わず「ファミリー」と答えました。

家族は心の中にあり

reotechさん  残暑お見舞い申し上げます。

家族とは心の中にあり、ですね?

家族の定義は人それぞれでしょうが、生涯で縁在りし人が皆家族と
思えれば幸せな気持ちになれます。

Re: No title

みのりさん、
いつもありがとうございまいす。

> 家族 嫁いだ娘は家族には入らないんですか?

法的な枠組みはないようです。
でも、わが娘は嫁いでも家族に違いありません。

Re: タイトルなし

吾喰楽さん、
毎日暑いです。
お元気でしょうか。

> 我々は、迷わず「ファミリー」と答えました。


すんばらしイ~。
それこそが家族です。
即座に言えたその心にパチパチです。

Re: 家族は心の中にあり

与作さん、
暑いですねぇ~・。
おからだ大丈夫でしょうか?

>生涯で縁在りし人が皆家族と
> 思えれば幸せな気持ちになれます。

それ、理想ですね。
一度、お会いしましょうね。

お久しぶりです。
私には結婚した娘が家族でないと言う発想がなかったので、逆に驚き、最後まで読んで安心しました。

ちなみに、夫亡き後、家族でもなく相続権もない嫁に回りからも当然のような姑介護…
どうなんだ!と疑問符ばかりです…

Re: タイトルなし

みかんさん、
どうされてますか?
何も語らぬようになってかなり経ちますね。

嫁いだ娘も家族と思ってましたが、
運転の保険適用上どうなのかと思ったことが
きっかけで、家族ってなんだろうと
改めて思った次第です。

> ちなみに、夫亡き後、家族でもなく相続権もない嫁に回りからも当然のような姑介護…
> どうなんだ!と疑問符ばかりです…

そりゃちょっと違うだろうと思います。
プンプン!


No title

家族の定義は、個々違っていいと思います。
私は、ペットも家族の一員に加えていますけど・・・・

Re: No title

トパーズさん、
日本は地獄のような熱波です。
NYも当然暑いことでしょうね。

家族の定義はひとそれぞれですが、
それに加えて保険適用などいろいろです。

> 私は、ペットも家族の一員に加えていますけど・・・・

無論、私もペットを家族と思っていました。
ただ、嫁いだ娘は車両保険の家族になるのかと、ふと。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR