肉は食べるべきか食べざるべきか



 この歳になると油物はどうしても敬遠しがちで、魚を好む。それでもたまには、ジュジュ-っと焼いたカルビーかホルモンで一杯やりたくなる。そんな中、「長生きしたけりゃ肉は食べるな」(幻冬舎)というショッキング本に出くわした。若杉友子さんという御年76歳のおばあちゃんが書いた本である。この手のタイトルには何度も騙されてきたが、「長生きしたけりゃ・・・・」と言われりゃ見たくなるのが心情。タイトルのネーミングのうまさに騙されて注文した。





肉は食べるな




 著者紹介によると、なんでもこのおばあちゃんは食養研究の第一人者とある。「命と暮らしを考える店・若杉」を静岡に開店したり、自給自足の生活を実現するために京都府綾部市に移住したりしている。著書には他に「これを食べれば医者はいらない」(祥伝社)、「体温を上げる料理教室」(致知出版社)、「野草の力をいただいて」(五月書房)など。どれも、いかにもというタイトルである。

 この本にはいろいろなことが書いてあるけど、要するにこういうことである。畜産農家で飼育されている鶏や牛はホルモン剤や抗生物質などの添加物が含まれた肥料で育っている。有機野菜も鶏糞や牛糞を肥料としている。よって、肉も牛乳も生野菜も体に悪いのだと。まあ、言っている趣旨はわかるのだけど、体に悪いメカニズムが今ひとつ。それに、長生きとの因果関係を示す具体的なデータが何ひとつない。

 世の中には必ず反対意見を持つ人がいるものだ。反対に肉を食べた方が良いと言う者もいる。「肉を食べる人は長生きする」(柴田博著)や「肉を食べると健康になる」(高田明和著)などである。もう騙されまいと、こちらは書店でパラパラと立ち読みする。例えば、「肉を食べる人は長生きする」によると、いろんな地域の百寿者(100歳以上の高齢者)を調査した結果、肉を常食としている人が多いという。肉を積極的に食べている人は脳卒中になりにくく、認知症や鬱の予防にもなるという。しかし、こちらも私を説得さすだけの具体的なデータは何ひとつない。

 それじゃ一体全体、肉を食べた方がいいんだか悪いんだか。そこで著者の経歴を詳しく調べていくと、それぞれにビジネスに直結した立場をお持ちで、その立場から物を申しているようだ。たとえば、「肉を食べると健康になる」の著者である高田明和さんは「砂糖を科学する会」代表であるが、同時に「財団法人食肉消費センター委員会幹事」の顔も持ち合わせている。当然、「肉を食べると健康になる」は後者の顔で書いたものである。ショッキングなタイトル本を出すこと自体が目的化しているふしもある。

 こうした相反する意見を拝聴し、自分の頭の中で咀嚼し、信じれるものと信じれないものを取捨選択していくと、健康に良い普遍的なことが自然と炙り出されてくる。私の解釈によると、それはこういうことである。

1. 薬に頼らないで自己治癒力を活かす。
2. 食事は偏らず満遍なく食す。
3. 自分の生活リズムに合った食事を美味しく食す。
4. あまり人の意見に惑わされない。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

気になってました

「長生きしたけりゃ肉は食べるな」
新聞広告で見て、興味はあったのですが読んでいません。
ジオさんのブログでおおまかを知り、良かったです。

きんさん・ぎんさんは、ハンバーグが大好物だったとか。
朝食に肉を食べれば、脳の働きを良くするなど言われ、肉は良いのか悪いのか??
よって私の考えは、「食べ物は好き嫌いなくまんべんなく食べることが長生きする」でしょうか?
野菜でも肉でも、そればかり食べていたら添加物の影響などを受けるように思います?
もちろん食べ物に気をつける事が、長生きに繋がるでしょうけど。

また長生きする人は・・・・
長寿家系と聞くけど、遺伝などにより細胞の若い人だと勝手に思っています。
年齢を聞いて、驚くほど若い人がいますものねぇ~
そうそう、ジオさんも若く思いました。

No title

今、中性脂肪の値が薬を飲むかどうかの瀬戸際で
医者から動物性脂肪は×。
鶏のささみ、魚、卵は2日に一個までetc・・
これで数値が下がらなければ薬を飲むことになるんですけど

これでは、どうしてもタンパク質が不足します。
今冬は例年になく3回も風邪を引いた原因はこれなんじゃないかと
思ったり。
1,2,3,4は大正解です。
薬を飲んででも肉を食べようか思案中です^^

バランスよく

geoさんの4ヶ条、全くその通りだと思います。
母(94歳)は、食べる量はやや少なめですが、私と全く同じ
食事をしています。かなりボケてきていますが、
自分の事は自分ででき、至って健康で、風邪もひきません。
バランスの良い食事、適度な運動、適度なストレスが
長生きの秘訣かと・・・・

Re: 気になってました

まこさん、
こんにちは。
春の嵐が通り過ぎて
いよいよ桜前線が上昇してますね。

> 新聞広告で見て、興味はあったのですが読んでいません。
> ジオさんのブログでおおまかを知り、良かったです。

それだったら買わないほうが。
だいたいそんなところです。

> 朝食に肉を食べれば、脳の働きを良くするなど言われ、肉は良いのか悪いのか??

「肉を食べれば長生きする」には、そんなことが書いてあったような気がします。

> よって私の考えは、「食べ物は好き嫌いなくまんべんなく食べることが長生きする」でしょうか?

まんべんなくバランスよく。
それに限りますね。
食も友も。

> そうそう、ジオさんも若く思いました。

いや~、嬉しいことおっしゃってくれるじゃ
あ~りませんか。
まこちゃんも若々しいですよ。

No title

お早う御座います。

タイトルの答えは、「程ほどに食べるべき」。
本は、編集者が売れそうな、センセーショナルなタイトルを付けることが多く、著者が決めるのは稀とのことですね。
肉に限らず、体に良いというと、品切れになるほど集中するのは愚の骨頂。

吾喰楽は献立を決めるのに、難しいことは考えずに、色々な食材を食べるように心掛けています。
でも、肉よりは魚、洋食よりは和食になりがちです。
だから、酒もその日の気分で、色々飲んでいます。(笑い)

Re: No title

greenさん、
こんにちは。
その後、お体どうですか?

> 今、中性脂肪の値が薬を飲むかどうかの瀬戸際で・・・・

そうでしたか。
瀬戸際ですね。

> これでは、どうしてもタンパク質が不足します。
> 今冬は例年になく3回も風邪を引いた原因はこれなんじゃないかと

いたし返しって、これですね。
どうしたらいいものか。
医者の言うようにして、タンパクも補充できれが一番いいのですが。

> 薬を飲んででも肉を食べようか思案中です^^

結局は自身で直さないといけないことですからね。
自然がいいのでは?
肉が食べたいと思えば、
体が肉を要求している訳で。
体の声に耳を傾けて。

Re: バランスよく

トパーズさん、
こんにちは。
そちらNYの気候はでそうですか?
まさか、黄砂もPM2.5もないでしょうが。

> 母(94歳)は、食べる量はやや少なめですが、私と全く同じ
> 食事をしています。かなりボケてきていますが、
> 自分の事は自分ででき、至って健康で、風邪もひきません。

立派ですね。
ということは、トパーズさんも同じ歩みを。

> バランスの良い食事、適度な運動、適度なストレスが
> 長生きの秘訣かと・・・・

ほほっ、適度なストレスもですか。
なるほど。
適度なストレスは最小限の緊張感の保持。
それが体に良いということですね。
新説、いただき。

Re: No title

吾喰楽さん、
おはようございます。
先日は関東の春嵐、大変だったでしょ。

> タイトルの答えは、「程ほどに食べるべき」。

ほどほどにね。
実は、なかなかこれが難しいことで。
過ぎたるは・・・のように、
何でも過ぎるといけませんね。
私の場合、過ぎてばかりいます。
仕事も、深酒も、執着心も。

> 吾喰楽は献立を決めるのに、難しいことは考えずに、色々な食材を食べるように心掛けています。

いや~、いつも感心してみてます。
こんな人、一家に一台、じゃなくひとり欲しいなって。

おっしゃるとおり

1. 薬に頼らないで自己治癒力を活かす。
2. 食事は偏らず満遍なく食す。
3. 自分の生活リズムに合った食事を美味しく食す。
4. あまり人の意見に惑わされない。

その通りですね
僕の場合、問題はシチュー、グラタンなどの洋食が苦手なこと
ま、簡単に言えば乳製品が苦手なのですが
でも、ヨーグルトも食べれるし、牛乳も我慢すれば飲める
どうも、温めた乳製品は苦手で
冷やした乳製品は食べれるようです

お酒も冷ならば飲めるが、お燗は苦手ですわ
話が趣旨と違ってあいすみません

Re: おっしゃるとおり

ブルさん、
こんにちは。
暖かくなりましたね。
お元気ですか?

> 僕の場合、問題はシチュー、グラタンなどの洋食が苦手なこと

それはもったいない。美味しいものを。

> ま、簡単に言えば乳製品が苦手なのですが

男性は概して乳製品が苦手ですね。
女性よりも腸が敏感なのでしょう。

> お酒も冷ならば飲めるが、お燗は苦手ですわ

えっ (?_?)、冷だったら飲めるんですか?
そりゃ、初耳だ。
今度、飲みましょう。

No title

どちらでもいいのでしょうが、人間はもともと武器がありません。
爪も歯も小さいし、他の動物を襲って食いちぎる力はありません。
菜食が無難でしょう。健康番組や医療番組を見ていると、最期は
だいたい野菜を食べましょうということになっています。
とくに日本の風土に合った食べ物は、野菜、木の実、果物など、
せいぜいが魚でしょう。食の欧米化は問題です。

ブッダは殺生をいましめ、菜食をすすめています。肉食をすると
一般に性格が攻撃的になるからです。菜食少食の名僧が
つやつやの顔をして長寿をまっとうしている例も多いですね。
それから、みんなが菜食をすれば食料問題は生じません。

悩ましい問題どすなぁ。

結論から言うとわたしは肉気のものを控えています。
でもステーキや焼き肉なども本来好きですから
食べ過ぎない程度に・・・おいしいですもの。

比重はやはり伝統的な日本の和食です。
特に納豆や味噌汁漬け物など発酵食品を特に
多く摂るようにしています。

先日NHKのクローズアップ現代で長寿について放映していました。
沖縄の「長寿NO1」が、いま4位と30位ほどに落ちており
原因はやはり肉や油分の多い欧米食だと。

油分控えめで楽しく、おいしくいただきましょう~~~
あ、そうそう何を食すかも大事ですが
だれと食べるかもキーワードかも(笑)

Re: No title

rippleさん、
おはようございます。

> どちらでもいいのでしょうが、人間はもともと武器がありません。
> 爪も歯も小さいし、他の動物を襲って食いちぎる力はありません。

そっか、そういう見方しますか。
生き物としての原点的な
考え方ですね。

> ブッダは殺生をいましめ、菜食をすすめています。肉食をすると
> 一般に性格が攻撃的になるからです。

日本の風土からすると菜食主義であるのは
理解できますが、
ブッダの教えは何なんでしょうね。
宗教が絡むとよくわかりません。

Re: 悩ましい問題どすなぁ。

おはようございます。

> 結論から言うとわたしは肉気のものを控えています。

やはりそうですか。

> 食べ過ぎない程度に・・・おいしいですもの。

高くても、いいものを少しですね。

> 特に納豆や味噌汁漬け物など発酵食品を特に
> 多く摂るようにしています。

ほとんど私と一緒ですね。
ただ、納豆はピンキリですね。

> 沖縄の「長寿NO1」が、いま4位と30位ほどに落ちており
> 原因はやはり肉や油分の多い欧米食だと。

あっ、それ見ました。
やっぱりね、と思いました。

> だれと食べるかもキーワードかも(笑)

それって、一番大切なことかも。

追伸:そろそろお帰りなさい。

No title

geoさん
おはようございます。
若杉友子さん 御年76歳 とても綺麗な歯列です。
彼女の幼少期の日本のデンタルIQはかなり低かったと思われます。
努力ではなく 持って生まれた口腔環境かも知れませんが
健全な歯列は長生きと因果関係があると思われます。
つまり何食べても長生きなんじゃない?って。
あ 肉食とは関係のないは話になりましたね。
すみません。
因みに私自身は何も考えていない雑食ですww

Re: No title

チカちゃん、
こんばんは。

> 若杉友子さん 御年76歳 とても綺麗な歯列です。

さすが、歯の専門家は見どころがちゃいますな~。

> 努力ではなく 持って生まれた口腔環境かも知れませんが
> 健全な歯列は長生きと因果関係があると思われます。

そっか、そんで何食べても長生きということですね。

> 因みに私自身は何も考えていない雑食ですww

その雑食が一番長生きなんじゃないですか?
私みたいにあれこれ考えるタイプは薄命でしょう。
結果はこれからのお楽しみ。

No title

バランスよく食べれば、
いいんじゃないでしょうか?
そして
体が欲するだけの量を。

みんなと同じコメ…あらジオさん4カ条ともかぶりますね(*^_^*)

思えば、それが一番むつかしい…気もします。

4. あまり人の意見に惑わされない。

ここだけは自然体でクリア(だんだん頑固)^^;

Re: No title

みかんさん、
こんにちは。
快調にウオーキングされてますね。

> 体が欲するだけの量を。

体が浴するだけ摂取してたら、
私みたいにメタボ予備軍のアル中になりますよ(?_?)

> 4. あまり人の意見に惑わされない。
> ↑
> ここだけは自然体でクリア(だんだん頑固)^^;

アッハハ、段々と頑固になってますか?
人は年とともに稲穂のように頭が下がり素直になると
いうのは、間違いですね。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR