アベノミクスの真価




 私の仕事および同じ業界は公共事業と直結しているので、国の公共事業予算の大小によって真っ先に景気の影響を受ける。小泉政権からの公共事業の大幅な削減によって業界は苦戦し、大手企業といえども倒産の憂き目にあうのが不思議でない時代に突入している。ましてや、私のような末端のそのまた末端の零細においては、仕事そのものが激減する一方、元請からの単価も下がるダブルパンチを受けて瀕死の状態である。

 加えて、2年前の原発事故により、これは私自身の道徳的信条から原発事業から撤退する決断をしたことが経営悪化に拍車をかけた。事業の縮小を計り、新たな別の仕事の方向性を模索し、さらなる能率向上と品質向上に励む2年間であった。2年間の赤字決算を経て、ついには無給の役員を通してきた。その甲斐あってか、今期の決算では雀の涙ばかりではあるが黒字決算になりそうである。

 ところが、このところやけに仕事が忙しい。正確にいうと、昨年の解散・総選挙を節目に状況が一転した。昨年の夏から秋にかけて、どうしようもなく暇であったのが嘘のようである。この仕事の忙しさは、株価上昇や円安移行ともピッタリ連動している。忙しいことは必ずしも経営良化にはならないが、ともかく停滞するより動くことの方がましである。

 安倍政権はこう明言した。デフレ経済を克服するためにインフレターゲットを設定し、これが達成されるまで日本銀行法改正も視野に、大胆な金融緩和措置を講ずると。これが所謂、アベノミクスである。

 ただ、今のところ安倍さんが実際に何をやった訳でもない。ほとんど何も実行していないのである。なのに、なぜなのか。なぜ株価上昇をもたらせ、円安移行に転じたのか。ローカルな話では、私の身の廻りでもこうも仕事が忙しくなるのか。

 つくづく、市場経済は生き物であり、この生き物は気分次第であることを痛感する。アベノミクスという御言の奉納によって、期待する信者が連鎖的に増殖し、そのことが日本経済を底上げしている。そんな感じがする。

 ただ、この景気浮揚感は心もとないものである。これはいわば実態経済ではなく、虚構経済と言える。逆に、打つ手を間違えると本当にインフレへ陥落するリスクを伴う。現に、ガソリンや食料品がジワジワと値上がりしてきている。

 金が出回り、株価が上昇し、円安が進む。それと同時に、庶民がお金を使い会社が設備投資しなければ、元の木阿弥となる。結局は金が廻らないとアベノミクスは失敗となる。期待は疑心暗鬼に容易に変貌する。

 折角のアベノミクス信奉の気運を確実な実体経済へと活かすために、日銀総裁人事に始まる具体的な政策に期待するばかりである。私のような末端の仕事が忙しいとか忙しくないとかはどうでもいい話である。日本経済が活力をもって再生することに期待するものである。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

geotechさん

お久し振りです。

>アベノミクスの真価

お仕事が忙しくなってきたようですね
安心しました。

これから日本の景気も良くなることを
期待したいです。

Re: No title

みのりさん、
お久しぶりです。
相変わらず、写真、好調ですね。

> これから日本の景気も良くなることを
> 期待したいです。

はい、期待したいです。
いつもありがとう。

No title

ジオさん
お仕事が多忙で結構なことです。
このご時世に黒字に転化しているって
たっぷり喜んでいいですよ~~~

ただ「アベノミクス」の実態はおっしゃるように
わかりませんね。
楽観的にはしゃいでいるようにも見えます。
足元をみすえてじっくり本腰据えてやるところが
勝利者になるような・・・?

Re: No title

しあわせさがしさん、
おはようございます。

> お仕事が多忙で結構なことです。

貧乏暇なしを地でやってます。

> 足元をみすえてじっくり本腰据えてやるところが
> 勝利者になるような・・・?

そう、足元を見据えて、ね。
未来志向と現実思考のバランスが必要だと思うのですが。

やっぱり

亡夫はほくほくだったかな?とか
ただでも忙しい年度末に拍車がかかっていたかな?
などと、思っていたとこです。

ジオさん
資本のお体たいせつに

今日、高杉晋作の生家を見てきましたよ。
銅像もじっくり見ましたが、当時のイケメンですね。

Re: やっぱり

みかんさん、
レスが遅くなってごめんなさい。

> 亡夫はほくほくだったかな?とか

建設関連だから、多分。

> ただでも忙しい年度末に拍車がかかっていたかな?
> などと、思っていたとこです。

昔の年度末というイメージはもうないです。
無駄な予算消化がなくなったのでしょう。

> 資本のお体たいせつに

はい、ありがとうございます。
ほんと、体が資本ですから。

> 銅像もじっくり見ましたが、当時のイケメンですね。

昔の料金所のところですな。
まさか萩まで歩いたわけじゃないでしょ。

プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR