晩秋を惜しむ



 この連休は晩秋の安芸宮島を訪れる観光客が多く、マンション廻りの道路は渋滞となり少しも動かない。近所の大型店舗も観光客の駐車お断りの臨時職員を多数派遣している。


 その渋滞と喧騒を掻い潜り、裏道から広島市内方向に脱出する。こちらも今年の紅葉の見納めと、メジャーではないが広島市内の「三瀧寺(みたきでら)」にぶらりと出向く。ここは高野山真言宗の寺院であり、寺伝によれば809年に空海(弘法大師)により創建されたとされる。そのためか、空海をはじめ、親鸞、日蓮などの像が建つ。



看板


参道


空海



 広島市民には「三滝観音」として古くから親しまれている。三滝山の切れ込む谷の底に位置するため、原爆投下の際、爆心地から3kmにもかかわらず無傷であり、臨時救護所になったそうである。境内にある朱塗りの多宝塔は原爆犠牲者の供養のため和歌山県広川町の広八神社から移築されたものらしい。ほとんどが紅葉の終盤であったが、多宝塔を望むところだけは真紅の紅葉が日に照らされていた。


多宝塔

鐘



 境内には三滝があり平和記念式典の献水にも使われている。三滝のひとつ幽明の滝を眺めながら抹茶をいただく。亡き母はここ三瀧寺によく通っていた。寺の下まで車で送っていくと、帰りは電車で帰るからと言って別れた。なぜ一緒に参ってやらなかったのか。母は何を祈願しに来てたのだろうか。そんなことを沸々を思い、晩秋を惜しんだ。



滝





三滝短歌
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

錦秋

日本全国、錦秋に包まれ
紅葉が終わると本格的な冬がそこまで。
良いお寺さんがあるんですね。
真っ赤な紅葉が見事ですね。
珍しく写真入りですね。

亡きお母様は何を祈願していたのでしょうね。
きっと息子の無事でしょう。
私の母も、一言だけ願いが叶うという、観音様へよくお参りしていました。
こんなことを思い出すのも秋深し・・・・ですねェ・・・・

Re: 錦秋

ミルフィーユさん、
おばんです。

> 日本全国、錦秋に包まれ
> 紅葉が終わると本格的な冬がそこまで。

錦秋には喜びが感じられますが、
晩秋には寂しさを感じます。
同じ秋でも、人により感じ方が違いますね。

> 珍しく写真入りですね。

写真はごまかしです。
文にて勝負できぬ故。

> 私の母も、一言だけ願いが叶うという、観音様へよくお参りしていました。

我々の年代の母はよくお参りしてましたね。

> こんなことを思い出すのも秋深し・・・・ですねェ・・・・

いや~、郷愁にかられます。

No title

こんばんは~
今年は何処も紅葉綺麗ですね~
亡きお母様を想い出し、祈願されていた事などを今になって何だったのだろう~と思う事私にもあります。
やはりきっと家族の健康の事子供の事を祈願されていたのではないでしょうか。
良い連休過ごされましたね。

晩秋の響き

わたしは11月生まれなのでこの季節・・・
特に母を思い出します。

誕生日には決まったように小さいころから「おはぎ」でした。
今のように生クリームたっぷりのデコレーションされた
ケーキなどずっとあとのことで・・・

いま、せっせと暇に任せ、小豆を焚いては
ぜんざいや、おはぎを作って食べているのは母の影響が大です。

ジオさんのお母さまへの想いとわたしの母がだぶりました。
晩秋は「もののあはれ」を特に感じます^^

Re: No title

neneさん、
いつもありがとうございます。

> 今年は何処も紅葉綺麗ですね~

ほんとほんと、今年はどこも綺麗です。
昨年がっかりだった分、嬉しいですね。

> 亡きお母様を想い出し、祈願されていた事などを今になって何だったのだろう~と思う事私にもあります。
> やはりきっと家族の健康の事子供の事を祈願されていたのではないでしょうか。

孝行したいとき母おらずです。
若いときは仕事の忙しさで孝行なんて考えてもいなかったです。

Re: 晩秋の響き

しあわせさん、
おはようございます。
相変わらず早起きですね。
でもこの頃、6時30分でも真っ暗ですね。

> わたしは11月生まれなのでこの季節・・・
> 特に母を思い出します。

そうでしたね。

> 誕生日には決まったように小さいころから「おはぎ」でした。
> いま、せっせと暇に任せ、小豆を焚いては
> ぜんざいや、おはぎを作って食べているのは母の影響が大です。

あ、それでですか。
以前にも何回かおはぎやぜんざい作っているの
ブログで拝見しました。
よほど好きなのだと思いましたが、
そういう意味もあったのですね。

> ジオさんのお母さまへの想いとわたしの母がだぶりました。

ダブって光栄です。

そろそろ戻ってきては。

亡き母

亡き母のことはいまだにはっきりと覚えています
母に連れられてよく墓参りに行きました
夏、お墓に水をかけ「涼しい?」と言っていたのを
鮮明に覚えています

いくつになっても、母のことは思い出しますね

Re: 亡き母

ブルさん、
こんにちは。

> 亡き母のことはいまだにはっきりと覚えています
> 母に連れられてよく墓参りに行きました

ブルさんもそうですか。
男にとっての母親はまた格別の感がありますね。

晩秋もいいものね

ジオさんの広島だより、いいですね。
何時もの雰囲気と違い、しかも直筆の歌がしっとりとしています。
多才ですねぇ~

奇麗な紅葉と母の思い出。
思い出は何時までも心の中に生きていますね。

Re: 晩秋もいいものね

まこさん、
おはようございます。

> 何時もの雰囲気と違い、

こういうの苦手なんですが・・・・

> 奇麗な紅葉と母の思い出。
> 思い出は何時までも心の中に生きていますね。

はい。男の子にとって母は神のようなものですから。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR