東海道車窓の記




 昔は広島から東京へ出張となれば必ず泊まりであったが、新幹線のスピードが速まるにつれて日帰りも可能になった。その日帰り出張も時間との勝負で、慌しいことこの上ない。何だかせせこましくて、せっかちな嫌な時代になったものだ。

 先日、東京出張の折、急いで広島まで帰ることもないと、名古屋まで新幹線の「こだま」に乗り込んだ。普段では考えられない、非効率きわまりない行為である。しかも出張帰りなので、多少の後ろめたさも感じた。『早く帰って仕事せんかい!』と恐い社長に叱られそうで。

 いつもだと、「のぞみ」に乗るとザーアッと通り過ぎ、陽炎のごとき残像となる東海道沿線の風景である。独身時代から新婚時代、子育て期まで名古屋や静岡で過ごした懐かしの風景がどのように変貌したのか、楽しみでもあった。当時、既に東海道新幹線が走っていて新幹線通勤もしていたが、当時の新幹線の駅は、東京を出ると横浜、小田原、熱海、静岡、浜松、そして名古屋であったと思う。当時の「ひかり」は東京から名古屋まで一直線であり、「こだま」がその間の駅を補足して停車していたと記憶する。

 今回「こだま」に乗ってみてわかったのは、東海道沿線に新しい新幹線駅舎がいくつもできていることである。「三島」「新富士」「掛川」「三河安城」と聞きなれない駅舎が続く。その昔、東海道新幹線開業時にたんぼの中に「岐阜羽島」駅ができて問題になったことを思い出した。大野伴睦と同じ事情なのかと想像してしまう。

 富士川、大井川、天竜川と一級河川が堂々と流れるさまは、昔と変わらず貫禄がある。富士山を望む富士川では地下水調査に苦労した。掛川の茶畑でも多くの地すべり調査をした。天竜川沿い千頭までの災害はひどかったなぁ。はるか向こうに見える第二東名の調査にも携わった。あちらこちらの風景に昔のことが走馬灯のように廻る。途中の駅から乗る人の話にも、静岡のなまりがあって懐かしく聞き入る。

 ゆっくりとした時間と風景の流れの中で思い出に浸っていると、ふと、いつからこんなに我々は急ぐようになったのかと思ってしまう。社会の急速な発展とともに、人の気持ちはせせこましくなり、過去を顧みず、前へ前へと突き進む。人間関係も希薄になり、地域のつながりもなくなる。果たして、社会の発展は人間にとってほんとうに幸せなことなのであろうか。

 たまには、こうして立ち止って過去を懐かしむこともいいなぁ、そう思う少しのんびりの東海道の車窓であった。







富士

(車窓からみた富士)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 ある禅僧も同じような事を言ってました。昔は東京から大阪と言ったら一泊したものだ。新幹線はどんどん早くなる。日帰りしなけれならなくなった。忙しくてかなわん。速く走れば良いと言うものではない。それこそそんなに急いで何処に行く。突っ走ってあの世にまっしぐらか!?って

 彼流の少し乱暴とも思える言葉を改めて思い出しました。
 そうですよね。せめて時々立ち止まって考えてみるべきでしょうね。
 私も暫くぶりに故郷に帰りたくなりました。

年齢速度

geoさん
おはようございます。こちらは冷たい雨
朝から炬燵&PCスイッチオンです。
素晴らしい富士山 郷愁に包まれた様子が伝わります。
先日 新聞に「年齢速度」という投稿文がありました。
10歳なら10キロ 60歳なら60キロ
なるほど 私達は一般道ならちょっと飛ばしている速度?
高速ならトロイ速度? 
微妙に揺れるお年頃ではあるのですが
何故かつい生き急ぎたくなってしまうのですよね。

Re: No title

真樹さん、
こんにちは。

> ある禅僧も同じような事を言ってました。昔は東京から大阪と言ったら一泊したものだ。新幹線はどんどん早くなる。日帰りしなけれならなくなった。忙しくてかなわん。速く走れば良いと言うものではない。それこそそんなに急いで何処に行く。突っ走ってあの世にまっしぐらか!?って

ええっ、同じようなことを言った人がいたんですね。

>  私も暫くぶりに故郷に帰りたくなりました。

あら、真樹さんの故郷ってどこでしょ?

Re: 年齢速度

チカさん、
こんにちは。
いよいよ明後日、ジャパンカップですね。
準備万端ですか?

> 朝から炬燵&PCスイッチオンです。

炬燵ですか?
懐かしい。もうずっと使ってません。

> 微妙に揺れるお年頃ではあるのですが

はい、悩める63歳です。

素晴らしい富士山

車窓からこんなに素敵なくっくり写真が撮れるのですね~
パチパチパチ!

のぞみで、さぁ~~と通り過ぎる旅もいいですけれど
たまにのんびりローカル列車の旅も楽しみたいと
思うこのごろです。

ほんとに性急にものごとを済ませる世になりました。

Re: 素晴らしい富士山

しあわせさがしさん。
こんばんは。
いつもありがとうございます。
勝手に、私の酒の肴の友としまして。

> たまにのんびりローカル列車の旅も楽しみたいと

青春キップを経験されているじゃないっすか。
そこんとこ、先輩ですね。

No title

お久しぶりです。

gioさん、少し違うかもしれないですが
63歳にしてこう考えるのは、しあわせな気もしますよ。
毎日が忙しいからそう思うのでしょう?
ワタシの周りの男性人は、時間をどう過ごそうか
何をして遊ぼうか・・・と悩んでるのですから・・・

未だバリバリの現役だから
>過去を顧みず、前へ前へと突き進む<
見方を変えれば、羨ましいことかも?



Re: No title

かをるさん、
こちらこそ、お久しぶりです。
いつも黙ってみて通り過ぎてます。
ごめんなさい。

> 毎日が忙しいからそう思うのでしょう?
> ワタシの周りの男性人は、時間をどう過ごそうか

そっか。
幸せなことですね。
よ~く分かりました。
今が幸せなんですね。
まだ前に突き進みます。
いつもありがとう。
感謝しています。

No title

おはようございます。
新幹線の”こだま号”よく利用しています。

静岡県の地質調査もかなりされたようですね

新幹線からの富士山きれいに撮れていますね~♪

No title

わたしの好きな言葉に「道草」があります。
立ち止まると気が付かなかった野の花を見つけたり小川のアメンボーを
見つけたり、キラリ光る物が発見出来るかも知れません。
人生いずれ一人になります。

ゴールに向かって急ぐ事無いですね?

Re: No title

みのりさん、
こんばんは。

みのりさんは静岡ですから、
東海道新幹線はよく使ってるでしょうね。
随分と新幹線の駅が増えたものですね。
静岡が懐かしいです。

Re: No title

与作さん、
こんばんは。

> わたしの好きな言葉に「道草」があります。

ああ、いい言葉ですね。
私は、遠回りという表現してますが、
いずれにしても無駄が必要だと思います。

> 人生いずれ一人になります。

そのとおり。
なんだかんだ言っても、
確かなことは、最期はひとりですから。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR