恋愛立国論


 今の政局を見て、どの党に投票しようと決めた人は少なかろう。党が分裂したり、新しい党がある日突然降って湧いたり、日めくりで党と党が引っ付いたり離れたりの状況である。また、同じ党であっても政策が全く違う人が集まっていたり、政策が全く異なる政党同士が大同小異のもとに野合したりしている。こんなざまを見せられて、国民に支持する政党を選べということ自体、おこがましいことである。それにどの党に投票しようが、選挙結果によっては、どの党とどの党が連合するのか、その保証すらないのである。

 ただ、よくよく考えてみれば、原発という安全政策を除くほとんどの課題は、党や人によって考え方に違いがあったとしても根源は同じである。つまり、社会保障にしても消費税にしても経済政策にしても、公共事業の増減議論(国土強靭化策)にしても、所詮、財源がないことに起因しているのである。

 それでは、なぜこうも財源が不足して赤字が増えたのかを問い詰めていくと、結局は少子高齢化という現実にたどり着く。つまりは、人口減少問題を抜きにして政治も経済もへったくれもないのだ。裏を返せば、根源である人口減少に歯止めさえかけることができれば、ほとんどすべての課題はクリアされて、原発政策以外の政策の違いは、元知事が言うようにそう大きな違いではなくなるのだ。

 それでは、なぜ人口減少に歯止めがかからないのだろうか。結婚する人の数が減少し、子供を産まないからに他ならない。では、なぜ結婚しないのか、子供を産まないのか。若者の多くが出会いや恋愛を面倒だと思う。仮にそれをクリアして結婚したとしても、セックスが面倒だと思う。

 草食男子に媚びってまでセックスしたくないと女子は思う。もっと極論するならば、女性にとって男性はもはや必要ない存在なのかも知れない。男と一緒にいるよりも仕事の方が楽しい。セックスすること自体が面倒。それでも子供だけは欲しい。だったら、そのうち精子バンクからイケメンで有能な精子を調達する、そんな時代になるかも知れない

 国力は正に人口に比例する。人口減少は亡国を意味する。人口問題なしに政治も経済もない。すなわち、国を救うも亡くすも、とどのつまりは人口問題である。それでは、日本の人口を増加するためにはどうすべきなのか。その秘策は恋愛奨励策にある。

 国営の婚活システムを作ることなど容易なものであり、その経済効果は長期的にみると大きい。恋愛は若い者に限ったことではない。老いも若きも恋愛が盛んになれば、何よりも世に活気が出てくる。そして消費が拡大する。すべてが国力の増強に繋がるのである。よって、老いも若きも恋愛を奨励すべきこと、まさにこのことを国の重要課題として進言する次第である。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

geoさん こんばんは~
本日は仕事でしたが同じような話題がありました。
共に40代のスタッフ  一人は独身もう一人は子供なし
「子供を産んでもいいことがない」と言うのが向こうさんの意見で
「いいこともあるよ」と説得できない自分がいました。
市井の中に吹く風は背中を丸めるものばかりで
春風はどこへやら。
お出掛け 出会い 交流 恋愛
なるほど消費拡大ですね。
お互い頑張りましょう。

Re: No title

チカさま、
ごんばんは。
このご時世にこのようなテーマに
コメいただいて恐れ入ります。

> お互い頑張りましょう。

はい、頑張ります(笑)。

No title

選挙と言っても何処に投票すれば良いのか・・・
こんな状態では、国民もうんざりです。
誰かさんのコメントにも書きましたが、ジオ様~シニア党で立候補して下さい(笑)

恋愛奨励論は賛成です。
若者は熱くなるし、シニアは活気が出るでしょう?
奈良は少子化の取り組みとして、県庁が婚活対策をし始めました。
登録してもらい出会いの場を作り、結婚・出産へと・・・
でも成果のほどはどうなんでしょう?
今の国の状態では、産むのも不安なんでしょうか?

No title

ネズミは増えすぎると
集団で海に入るという
人間が増えすぎると
戦争か自然災害で
淘汰される気がする

Re: No title

まこさん、
あとすこしで師走ですね。
これから何かと慌しくなりますね。

> 誰かさんのコメントにも書きましたが、ジオ様~シニア党で立候補して下さい(笑)

アッハ、もう15歳若ければねぇ。

> 奈良は少子化の取り組みとして、県庁が婚活対策をし始めました。
> 登録してもらい出会いの場を作り、結婚・出産へと・・・

あらら、進んでるぅ。
近頃の若者、とくに男子が活気ないね。
ガッツがないというか、自信がないちゅうか、
ガツンと活入れたいね!!

Re: No title

rippleさん、
おはようございます。

増えすぎもよくないけど、
せめて平均して2人の子供が標準でないと。
世界の人口バランスが崩れているのよね。
インド、中国とその他の国のバランスが。

プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR