Gゼロの世界



 アメリカ大統領選の結果が今日にも出る。しかし、オバマが勝利しようがロムニーが逆転勝利しようが、アメリカの経済情勢に大きな変化はない。もはやアメリカには、経済力に裏づけされた、かっての世界におけるリーダーシップはない。

 国力の指標なるものは、経済力と軍事力と言っても過言ではない。軍事力に劣る日本は経済力でもって世界に台頭してきた。アメリカが牽引するG7やG8の一員として世界に羽ばたき、経済発展をとげた。しかし今や、頼りにしてきた牽引役のアメリカは存在しない。さりとて、西を向いてもユーロが危うい。

 そうした中にあって、好むと好まざるにかかわらず、中国が目玉となるのは間違いない。今や中国の経済力は日本を抜いて世界2位であり、いずれアメリカを抜いてトップになりかねない勢いである。

 しかし、巨大なエンジンをかかえて爆走してきた中国であるが、ここにきて曲がり角にさしかかっている。これまでハンドルを切ったこともなく、ブレーキを踏んだこともない中国である。共産圏における自由経済という矛盾を抱え、これに経済の停滞が加わると、危ういことこの上ない。

 すなわち、今世界はリーダー不在のGゼロの世界に突き進んでいる。Gゼロの世界とは、どの国にもチャンスがある一方、リーダーによる管制がなされない無秩序の世界でもある。したがって、戦争という2文字がどうしても現実になることを想像させるのである。今世界のどこで戦争が勃発してもおかしくない状勢にあると考える。

 では、このGゼロの世界にあって、日本の歩みゆく道筋はどうあるべきなのか。中国が領土問題や歴史問題についてやがて矛を収めるであろうとう甘い認識は捨てるがいい。いざというときはアメリカが守ってくれるという風な楽観論も禁物である。日本が歩むべき道は、技術力に立脚した経済力を取り戻すこと以外にないのではないのか。先進技術、医療、新しいエネルギーの開発、ライフラインの企画、新時代の文化芸術の創造など、テーマは限りがない。

 だからして、解散総選挙だの国会審議などと内輪もめしている場合じゃないだろう。そうこうしている間でも、科学技術に携わる者は日夜懸命に努力していることをお忘れなきように。せめて、口出さず金を出せと願うばかりである。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>解散総選挙だの国会審議などと内輪もめしている場合じゃないだろう。

そうそう~そんな川柳をつくりましたね。
ギャラリーに投稿しましょ~♪

オバマさんの勝利演説はカッコよかったです。
どじょうさんにもあのくらいのキッパリ言いきる姿勢が欲しいです。

No title

市場経済と
一党独裁は
矛盾だらけ
領土さわぎは
その隠れ蓑

http://www.youtube.com/watch?v=e9zYlimmbUA&feature=watch-vrec

Re: No title

みかんさん、
おはよう。
褒め下手な上司に困惑のご様子。
それもあと1年、我慢、我慢。

> オバマさんの勝利演説はカッコよかったです。

いや~、『』いいですね。
せめて演説だけでもこのくらいの迫力が欲しいです。

Re: No title

rippleさん、
あのスパの画像が忘れられません。

いつしか大事件が起きると
予想しますが、いかがでしょう。

おっしゃるとおり

これからの時代を生き抜く若者たちは大変です
ま、僕らは老い先短いですから、気楽ですが・・・
いやいや、気楽ではいけませんね
若者の将来がかかっていますから

中国・・・いよいよ息切れではないでしょうか
今現在ではアメリカの景気が良かったようですが
年内で減税が終わると・・・どうでしょうか

中国、欧州、アメリカ・・・それに日本も不景気
未来は暗澹としていますね

Re: おっしゃるとおり

ブルさん、
お仕事、ご苦労さまです。

> ま、僕らは老い先短いですから、気楽ですが・・・

僕「ら」、ときましたか。
私はしぶとく生きますよ。

> 中国・・・いよいよ息切れではないでしょうか

そう思います。貧富の格差問題が焦点でしょうね。

> 年内で減税が終わると・・・どうでしょうか

年明けに、世界経済が大変なことになりそうです。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR