若妻を迎えしなれど




 前妻に不満があったわけではない。それはそれは、私にはよくできた妻であった。ああ~それなのにそれなのに。若くて才女という風評に押されて、念願の若妻を迎えることに。

 ところがその若妻、いろいろと多才なれど、基本的な家事がおろそかで得意ではなさそう。秘めたる多芸多才だって、この老いぼれの手で開花させることができるかどうか。

 若妻は前妻ほどスリムではない。しかしその肌はまことに繊細であり、スッと指先で触るだけで滑らかにすべる。前妻には力で押しつけたが、若妻には優しく指を絡めなければならない。この年寄りにはそれがとてもおぼつかなく、ついつい力んでしまう。その扱いに慣れないと、若妻はじゃじゃ馬となる。

 今考えれば、前妻の何とすばらしかったことか。私には何の不満もなく、きちんと家事をこなす姿が愛おしい。多くを語らず、言われたことを、主の指示のもとに完璧にこなす充足感。いつも一体となって生きてきた満足感。昨日までのそうした生活が懐かしく、できれば前妻との縒(よ)りを戻したいと思う。

 しかしそれは叶わぬことで、高い代償によって、もうすでに若妻との生活が始まり、後戻りはできない。ならば、この若妻とどう向き合うか。この若妻をどのように操縦していくのか。わが余生の課題である。

 スマホという名の若妻を迎え、昨夜が初夜であった。これから私の若妻との格闘の日々が続くのである。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
かなり読み進むまで、若妻さんの名前が、スマホさんとは気付きませんでした。
吾喰楽は、すでにスマホさんを娶っていますが、扱いかねています。
猫に小判、豚に真珠、吾喰楽にスマホです。
ご検討をお祈り致します。

Re: No title

吾喰楽さん、
今晩のおかずは何でしょうかね。

> 吾喰楽は、すでにスマホさんを娶っていますが、扱いかねています。

本日2日目ですが、かなり手を焼いてます。
でも大丈夫、一週間で操縦してみせます。

No title

私最後まで読みながら元木に勝るものはなしと考えていました
バカバカしい 随分お上手に文章作りますね

スマホ私も娘に進められていますけれど
私は使いこなせないだろうと思ってまだ買う気に
なりません

No title

ナ~~ンダ、ビックリした~~~~~~~~~(@_@;)

No title

わたしはスマホを買う話を聞いていましたから、
若妻の正体がすぐに分かりましたよ。しかし、
まあ、うまいことつづるものですね。小説家に
鞍替えしてもやっていけるでしょう。(^-^)

No title

大笑いしましたよ~

最初の出だしで「ええ~!そうなんや~」と思いながら読み進めると
どうも人の話ではなさそうと言う予感。

ああ~  最後の方でほっとしたのはなぜでしょう!?
相変わらず読みごたえがありますね。

ああ、驚いた!!

geoさん、悪い冗談はやめておくんなはれ!!!!!
体にこじゃんと悪いきね。
この歳になって、若妻などと、、、勇気あるなあと思って
読んでいたけど・・・ハッピーエンドでよかった、よかった。ヾ(@^▽^@)ノアハハハ

、、、ていうか、ぼくも10月に若妻を迎えましたが、これがまた
ようできたおなごでね。(*^_^*)
もうすっかりこの若妻なしでは生きられませんわ♪ヾ(@^▽^@)ノアハハハ

Re: No title

喜美さん、
こんばんは。

> 私最後まで読みながら元木に勝るものはなしと考えていました
> バカバカしい 随分お上手に文章作りますね

いやはや、人をくった話で誠に失礼しました。

> スマホ私も娘に進められていますけれど
> 私は使いこなせないだろうと思ってまだ買う気に
> なりません

確かなご忠告。
お辞めになった方がよいかと。
メカにある程度強いこの私ですら
手を焼いていますから。

Re: No title

ミルフィーユさん、

つまらないことで、足手まといをさせました。
罪滅ぼしに、今度、「足でまとい」
を歌ってあげます。

Re: No title

rippleさん、

若妻を そぞろ迎えし 気分なリ
おそろおそろと スマホに触れて

> わたしはスマホを買う話を聞いていましたから、
> 若妻の正体がすぐに分かりましたよ。しかし、

バレバレでしたか。残念!

Re: No title

さくら子。。さんにも、
足手まといをさせてしまいました。
人をくった話で申し訳ないです。

> 最初の出だしで「ええ~!そうなんや~」と思いながら

そうした君を想像するだけで、私の願いはかないました。

> ああ~  最後の方でほっとしたのはなぜでしょう!?

それに加えて、恐れ多くもこのようなお言葉、
ありがとうございます。

Re: ああ、驚いた!!

やまとおのこさん、

> geoさん、悪い冗談はやめておくんなはれ!!!!!

いやはや、ごめんちゃい。
こうも世の中、面白くないと、
たまにはこんなギャグも言いたいじゃ
ないっすか。

> 体にこじゃんと悪いきね。

私も体にこじゃんと悪いきよ。

> 、、、ていうか、ぼくも10月に若妻を迎えましたが、これがまた
> ようできたおなごでね。(*^_^*)
> もうすっかりこの若妻なしでは生きられませんわ♪ヾ(@^▽^@)ノアハハハ

そうっすか。へ~。
意外ですね。
土佐人はおなごはんの扱いが上手やけんね。

誘惑

< その肌はまことに繊細であり、スッと指先で触るだけで滑らかにすべる。前妻には力で押しつけたが、若妻には優しく指を絡めなければならない。この年寄りにはそれがとてもおぼつかなく、ついつい力んでしまう。その扱いに慣れないと、若妻はじゃじゃ馬となる。

 今考えれば、前妻の何とすばらしかったことか。私には何の不満もなく、きちんと家事をこなす姿が愛おしい。多くを語らず、言われたことを、主の指示のもとに完璧にこなす充足感。いつも一体となって生きてきた満足感。昨日までのそうした生活が懐かしく、できれば前妻との縒(よ)りを戻したいと思う。

私も何度か才女の誘惑に心動かされましたが、使いこなせない我が身を考えると、見ばえ悪く反応鈍くとも従来の生活が性にあっています。
格好良いスマホさんはシニアにはじゃじゃ馬に思えます。

Re: 誘惑

与作さん、
おはようございます。
もう奈良は朝、冷えるでしょうね。

> 私も何度か才女の誘惑に心動かされましたが、使いこなせない我が身を考えると、見ばえ悪く反応鈍くとも従来の生活が性にあっています。

お誘いあったのは、ほんとうの才女だったりして(笑)。
若い妻など迎えるもんじゃないですよ。
手に焼いてます。

いつの間に

ジオさん~何時の間にって・・・びっくりしたじゃない!

最後まで、勇気あるなぁと思い読みました。
スマホで良かったかも?
シンプルなのには、シンプルなりの良さがあるのでしょう。

No title

キャハ~♪
なんか胡散臭いな・・・と思いながらも
読んでいて、最後の2行で、ヤラレタ~!!
と思いました。
早く若妻を上手く乗りこなして下さいね。

Re: いつの間に

まこさん、
こんにちは。
明日香の里はもうすっかり
晩秋でしょうね。

> ジオさん~何時の間にって・・・びっくりしたじゃない!

いやはや、願いごとをかねて(ポリポリ)。

> シンプルなのには、シンプルなりの良さがあるのでしょう。

若い妻に手を焼いてます。

Re: No title

トパーズさん、
こんばんは。

> 読んでいて、最後の2行で、ヤラレタ~!!

つまらんことで、お手をかけました。
あいすみません。

> 早く若妻を上手く乗りこなして下さいね。

はい。征服本を買いましたので、
今日明日には。

ふふふ、若妻に

翻弄されてますなぁ~
古女房の良さをしみじみ思っても
もうあとの祭り!
しっかり懐柔してちょ。
時代の波には勝てませぬね。

No title

おもわず、どきどき~あらぬ想像をして読み進んでしまいました。
お上手ですね。
お堅い文章だけでない、多才ぶりに脱帽。
ジオさんが悪戦苦闘なら…スマホ、私には無理かしらん(*^_^*)

Re: ふふふ、若妻に

しあわせさがしさん、
こんばんは。

> 翻弄されてますなぁ~

いつも誰かれとなく翻弄させられてます。
人生というのは、所詮、
自分以外のものから翻弄される運命でしょう。
その中で、自分を見出せるか否かが
その人の真価でしょうか。

> しっかり懐柔してちょ。

懐柔とはまた懐かしいお言葉。
はい。わかりやした。
怪獣みたいな代物に懐柔いたすまする。

Re: No title

みかんさん、
こんばんは。

> おもわず、どきどき~あらぬ想像をして読み進んでしまいました。

それでなくても介護のお仕事でお疲れなのに、
このような悪ふざけの文章のために、
お気を使いいただき、
ほんとうにごめんなさい。
みなさんに謝って回ってます。

> ジオさんが悪戦苦闘なら…スマホ、私には無理かしらん(*^_^*)

ええ、それは自信をもってお答えします。
無理です!

ちょっと・・・

ジオさんも再婚者かと思って、おもわずこのブログを開きましたよ
こんな優しい前妻を捨てるなんてとんでもない男だと激怒したが
なんだ、スマホのことか
怒って興奮と若い女性の肌の興奮で疲れちゃったわ
ハハハハ

Re: ちょっと・・・

ブルさん、
こんにちは。
まだ半袖ですかい?
風邪引かないように。

> 怒って興奮と若い女性の肌の興奮で疲れちゃったわ

大変お手間を取らせました。
ごめんなさい。
でもほんと、じゃじゃ馬の若妻みたいです。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR