特許権の帰属




 かの国にあふれている数々の偽造品や模造品に象徴されるように、知的財産権の保護の問題が問われている。科学技術の分野においても、戦々恐々とした特許権に関する戦いが日夜、繰り広げられている。

 連日のノーベル賞受賞に関する話題で恐縮であるが、今回の受賞対象となったiPS細胞は発見から発表まで1年の経過があった。特許権申請の手続きと同時に発表しないと、それこそ、かの国などが盗用しかねないからである。今回の受賞の影の立役者である京都大学・高橋講師は、世紀の発見から論文発表までの1年間を振り返り、「早く言いたいのに秘密を貫くことが辛かったと」と述懐している。

 他人の研究成果をそ知らぬ顔で盗用して我が身の手柄とし、おまけに特許権まで取得する輩がいる。そんなことをされたら、本拠本元はなすすべもない。それを防ぐために、山中教授は特許申請の手続きを待って、申請と同時に論文を発表した。そして、特許権の所有者は山中教授個人ではなく、公的な機関である大学および研究所とした。これでもってiPS細胞の技術が盗用されて利権にさらされることなく、世界の公的機関で自由に利用することができた。現に、論文発表と同時にiPS細胞に関する研究と応用技術は瞬く間もなく世界に広まった。

 この話で思い出すのが「青色LED訴訟」である。N社の研究部門に在籍していたN氏が青色発光ダイオード(LED)を発明し、N社に対して特許権の個人への帰属返還を求めたものである。N社の研究部門は長年、不採算部門であったが研究費を継続していたところ、たまたまN氏が発明したというものである。会社から発明の報酬を手にしたN氏はそれを不服として退社し、会社を相手取って訴訟した。不採算部門でも研究を継続できたからこその成果であるのにと、私などはN氏の研究者としての見識を疑うばかりである。そして、山中教授の対応と対照的であることに気づく。

 個人的な話で恐縮であるが、私自身のやや似た話題の経験談を披露する。独立する前の会社において精密な地盤変位を計測する装置を開発した。その装置を独占的に売り込みたいため、特許権を取得して他社が利用できないようにしたいと電話会議で社長に進言した。すると、先代の社長はこう言った。「トップランナーがそんなケチなこと言ってどうするのだ。他社が真似れば業界が発展する。追いつかれたらまた新たな開発をするがトップランナーなんだ」と。負けた。

 科学技術を広範に普及することと特許権とは、どこか矛盾する。さりとて、特許権の制度がないと利権が蔓延る。多少、利権が蔓延っても、科学技術の普及を優先するという考え方もあるが、それは無謀だろうか。利権どころか偽装や模造による被害が蔓延し、人の生命に関わる事件も多発しかねないかも。ならばどうするのか。特許権の帰属について、今一度考える必要がある。少なくとも人の生命に関わる世界の特許制度を改善すれば、今より急速に生命を維持できるように思えてならない。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

中国では「讃岐うどん」なんかが登録商標になっていて、
本家が使えないというからおどろいちゃいますよね。
とにかく節度というものがない。恥というものがない。

三井記念病院の白内障の鬼才、赤星先生は自分が
開発した手術器具の特許をいっさいとりません。一人
でも多くの患者がかんたんに治療を受けられるようにと。
微妙な問題ですね。

Re: No title

rippleさん、
こんにちは。

> 中国では「讃岐うどん」なんかが登録商標になっていて、
> 本家が使えないというからおどろいちゃいますよね。

そういえば、そういうこともありましたね。
かの国には、「嘘をつく」とか「ごまかす」
という概念がないようですね。

> 三井記念病院の白内障の鬼才、赤星先生は自分が
> 開発した手術器具の特許をいっさいとりません。一人
> でも多くの患者がかんたんに治療を受けられるようにと。

その話は知りませんでした。
白内障の手術にそんな特殊な器具が必要なのでしょうか?
どんな器具でしょ。
調べてみます。

No title

>「トップランナーがそんなケチなこと言ってどうするのだ。他社が真似 れば業界が発展する。追いつかれたらまた新たな開発をするがトップ ランナーなんだ」と。負けた。

先見の明のある社長さんだと思います。

かつてシャープが繁栄していたころの企業理念は
まさにそうでした。
他社が真似ることができる製品開発。

経営者の代が変わり、その理念を捨てたときに
今のシャープの危機です。

うまく言えませんが・・・・
一見、無謀と思えることに会社と国の
大きな発展と価値があるようです。

いつの世も食うか食われるか・・
問われます。

Re: No title

こんばんは。

鼻水タラタラ、テッシュペーパー片手に
それでもネット徘徊している姿を
想像しちゃいました。

> 先見の明のある社長さんだと思います。

初代オーナー社長で、全国の支店長で私が一番可愛がられ
怒られもしました。
禿ちゃびんで元祖共産党幹部だったらしいです。
私がいつも「お言葉ですが」とかみついていたのが、
好かれた理由らしいです。
今私があるのはその方のお蔭です。

特許

新薬の特許権で、世界中の貧しい人が望む薬が
高くて手に入らないそうですね
せめて、医学や科学の世界は誰でも研究できるように
特許をはずしたらどうかなと思います

世界中の研究者が協力し合うような仕組みになって欲しいな
・・・甘いか

Re: 特許

ブルさん、
最近いいことないですね~。

> 高くて手に入らないそうですね

やっぱりそうか。
貧しいひとに光が当たらないのよね。

それこそ、世界の平和が確約できれば
人類の英知をもって何だってできるのに。
口惜しくて、残念!!(古いギャグ)

No title

こんばんわ。
PCのブログ編集画面は不具合のままです。
いっそ、ブログ引っ越しも視野に入れています。

さて、ips細胞ですが、
パーキンソンの救世主として話には数年前から患者の同い年の人から聞いていました。
理数オンチで、
難しい事はわかりませんが、助かる人が出るのは嬉しい事です。
ノーベル賞を機に早く医療で役立つ物になって欲しいと願っています。

特許権など思いもよらぬ世界で、ほぉ~っと関心しきりです。

Re: No title

みかんさん、
こんばんは。

PCの調子、どうでしょ?

> ノーベル賞を機に早く医療で役立つ物になって欲しいと願っています。

確かにそう思います。

No title

とつぜんですが、訳あってシニアナビを退会いたします。
またお会いできる機会があると思います。(^-^)
ブログはいままでのまま続けてゆきます。

No title

かの国にあっては、特許権なんて、クソクラエ。
何でも銭になれば、作ってしまう。
買う人がいる限り、その方の取り締まりが
あっても、一向に改善されませんね。

Re: No title

rippleさん、
残念です。
また思い立ったら戻ってきてください。
いつまでも待ってます。

Re: No title

トパーズさん、
こんにちは。

> かの国にあっては、特許権なんて、クソクラエ。

アッハ、「クソクラエ」出ましたね。
痛快!痛快!
その調子で毎回お願いします。

プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR