研究者の鑑




 科学技術の進歩は著しいが、その裏には、幾たびもの挫折を乗り越えた並々ならぬ努力の継続がある。しかし科学技術の真理というものは、闇雲な努力をいくら積み重ねたとしても、到底、捉えることはできない。無限の可能性をひとつずつ立証していくためには、無限の時間が必要になるからである。そこで、先見性に長けた仮説が必要になり、仮説を立てるための大胆な発想と奇抜なアイデアが欠かせない。

 山中先生のノーベル賞受賞は、先見性に長けた大胆な発想と奇抜なアイデアに裏付けされた努力の継続の賜物であろうと思う。それ以上に嬉しいのは、山中先生の受賞の弁である。受賞の感想を聞かれて、ひとことで言うと「感謝」であると。200名以上のスタッフ全員の日々の努力のお陰だとした上で、家族、母親、研究者仲間など、関係者すべての人へ感謝したいと。また、自宅の洗濯機がガタガタしていたので座り込んで直していたときに受賞の電話を受けたとも。

 昨今、〇〇大学名誉教授とかの肩書きをかざして傍若無人な振る舞いをする大学教授や、自己の手柄や実績を吹聴する研究者が多い中、久しぶりに研究者たる研究者を見た思いである。国からの支援は他国に比べて決して多くはないのに、政府からのお祝いの電話にも感謝で答えていた。多くの挫折と困難を乗り越えてきたからこその研究者の品格を感じる。科学技術分野の末席にいる私としても見習いたいものである。

 科学技術の世界では真理を探究するための基礎的「研究」が重要であるが、実はそれ以上に重要なことは社会に役立てる「技術」である。その意味で山中先生の受賞はまさに「研究」の成果を応用する「技術」へのスタートラインにいる。「まだひとりも助けていない」との本人の弁にあるように、画期的な医療改革が期待される夜明けでもある。素直にノーベル賞受賞を祝い、改めて日本の科学技術立国に期待するとともに、自らの励みの糧としたい。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

これからが

「まだひとりも助けていない」
この言葉には感銘を受けました

iPS細胞の研究では2年後には眼の成果が実用化されるとのこと
他の難病でも、5年後には実用化のめどがついたとの話
いや~嬉しいですね
難病で苦しんでいる人たちにとって明るいノーベル賞でしよう

ノーベル賞をとれば国の補助金も今よりさらに大きくなるでしょうから
研究成果が飛躍的に伸びることを切に願いますね

Re: これからが

ブルさん、
こんばんは。
風邪、直りましたか?

> 「まだひとりも助けていない」
> この言葉には感銘を受けました

なかなか言えるものじゃないです。
本当に謙虚さが伝わってきます。

> 難病で苦しんでいる人たちにとって明るいノーベル賞でしよう

いや~、どんなにか待ち望んでいることか。

> ノーベル賞をとれば国の補助金も今よりさらに大きくなるでしょうから
> 研究成果が飛躍的に伸びることを切に願いますね

日本って馬鹿だね。
ノーベル賞をとる仮定が重要なのに。
もっと補助金つけておけば、
もっと早く取れたかも知れないのに。
山中先生は特許とらないみただから、
この先、利権が絡んで先生を煩わすことなきように
願うばかりです。

メチャ嬉しい

geoさん
こんなスゴイ方の奥様のお名前が
奇しくもHNの音とご一緒で
大変恐縮ながら
日夜 この名を呼んでいるのかと思っただけで
嬉しさが込み上げて来てしまいます。
日本にもスゴイ方がいらっしゃるんですね~
geoさんも頑張って下さい。

Re: メチャ嬉しい

知佳さん、じゃなくチカちゃん
こんばんは。

> 奇しくもHNの音とご一緒で

ほんと、ほんと。
夫婦そろっての会見で
お名前聞いて思い出しました。
奥様は皮膚科医で娘さんも医学部
に通っているらしいですね。
私の親戚も医者だらけですが、
なるもんじゃないなって思います。
ほとんど休みなんかないんですよ。
開業医は別ですよ。

No title

深夜にコメントです。

geoさんに同感です。
この先生、本当に好感がもてますね。
謙虚で誠実な人のようです。
彼の「感謝と責任」
何度も言ってましたね。

こんな人もいるんだなあ~と
日本人、まだまだ捨てたもんじゃないと思いました。
geoさんも続いてくださいな~
ナビのみんな喜ぶよ。

Re: No title

かをるさん、
おはようございます。

> 深夜にコメントです。

私は朝5時起きなので0時には爆睡してます。

> 謙虚で誠実な人のようです。

ほんと、ほんと。
見るからに誠実そうですね。
それでいて、茶目っ気があって。

> 日本人、まだまだ捨てたもんじゃないと思いました。

はい。科学技術分野ではまだ捨てたものじゃないです。

> geoさんも続いてくださいな~

ありがとうございます。
レベルが違い過ぎますが、私は私なりに国に貢献するよう
精進します。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR