かの国とどう向き合うか



 一連の騒動を見るにつれ、国の歴史や体制が違えども、日本はかの国と正面から向き合えるのか、はなはだ疑問に思う。あれはデモではなく、れっきとした暴動でありテロである。それも国家が扇動する組織的な暴力行為である。そのような国とまともに付き合えるのか。

 悲しい思想的歴史を引き摺った結果といえばそれまでであり、共産党による一党独裁主義の宿命と言ってしまえばそれまでである。階層的かつ組織的な指令による思想と行動と言ってしまえばそれまでである。ひと握りの暴動とはいえ、あまりに無残であり、あまりにも悲しいことである。これでは、今日の経済発展の礎となった日本人による協力の努力が一瞬に泡沫となった感がする。孔子や孟子の教えは一体、どこにいったものか。

 かの国を理解するには、多様なものの考え方、思想教育、貧富格差、民族問題など難しいと言われる。しかし、問題はかの国の事情ではなく、日本の態度なのである。

 かような国のあり様に対して、日本はかの国とどのように向き合おうとしているのか。正確な情報収集や分析も良かろう。沈着冷静な大人の態度も良かろう。しかし、いくらそれを繰り返しても元の木阿弥である。混乱と敵対は永遠に続くであろう。冷静な態度の結果が、河野談話や村山談話のひとり歩きを招いているのである。

 かの国との関係は、もうそろそろ決着するときにある。経済的なリスクを挙げる人がいる。しかし、経済的なことを言えば、日本も苦しいが相手はもっと苦しいはずである。経済のかげりが見えてきた今、13億人を越える胃袋を満たし、13億人分の明かりを届けることがいかに大変なことか、その危機感にさらされているのが相手国である。だからこそのあせりが見え隠れする。

 日本は決着するときにある。しかし、その前にやることがある。自国は自国で守るという国民意識の高揚であり、自国は自国で守るための憲法改正である。アメリカだってどこの国だって最終的には守ってくれない。「自国は自国で守らねばならない」この最も単純な原理を、平和の坩堝に埋没した国民が忘れているようでならない。










 たまたま机の引き出しに1枚の名刺がある。今まさに総裁選挙の票読みの最中であるが、「国を守る」という意識が高い政治家のひとりとして、私は個人的に期待している。






安倍
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

同感です。

かの国の顔色ばかりうかがう外交はいい加減やめて欲しいですね。
メディアの表層的な一面を信じて脅威に感じている
日本ですが実際は,貿易にしろ困るのは、かの国です。

すでに田中真紀子議員、経団連会長など水面下で招聘して
現状打開に必死になっているのでは?

ちなみに安倍さんは自民党政権時代、霞が関でお会いしたことがあります。末席にて・・・

No title

近くて遠い国は、中国も、韓国も同じ。
先日、竹島問題について韓国の識者の討論会を
TVで観ましたが、日本側とは平行線を辿る発言ばかり。
お互い理解し合うのは、無理だとつくづく思いました。

Re: 同感です。

しあわせさがしさん、
こんにちは。
朝夕と随分、過ごし易くなりましたね。

> かの国の顔色ばかりうかがう外交はいい加減やめて欲しいですね。

顔色伺いの島国根性には、ほとほとうんざりしています。

> 日本ですが実際は,貿易にしろ困るのは、かの国です。

このこともあまり知られてないですね。
メデイアは盛んに日本だけが困る論調で報道してますからね。

> すでに田中真紀子議員、経団連会長など水面下で招聘して
> 現状打開に必死になっているのでは?

あの経団連会長のおっちゃん、どうにかなりませんかね。
もっとグイグイ引っ張る経営者にやってもらいたいです。

> ちなみに安倍さんは自民党政権時代、霞が関でお会いしたことがあります。末席にて・・・

そうでしたか。
温和な顔ですが、かなりのタカです。

Re: No title

トパーズさん、
こんにちは。
ニューヨークも随分と過ごし易くなったのでは?
今は大統領選挙のことでもちきりでしょうね。
ロムニーさんの失言が目立ちますね。

> 先日、竹島問題について韓国の識者の討論会を
> TVで観ましたが、日本側とは平行線を辿る発言ばかり。
> お互い理解し合うのは、無理だとつくづく思いました。

大陸の隣国はどうしてあのように熱気の単細胞なのでしょうか。
どうみても日本はつきあえそうにありません。
まるで人種が違うようです。
そこでまた、私の血液型大陸移動説の持論が出てきそうです。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR