うがった見方



 文化庁の国語世論調査は、日常会話の使われ方を定期的に調査するものらしい。その調査結果が発表されていた。それによると、例えば「腹が立つ」のを「むかつく」と表現する人や「1歳上」を「1コ上」と表現する人の割合が5割を越したという。他にも雑多な現代風の慣用表現が国民に浸透している実態が透けて見える。

 このような日常の慣用表現は時代の推移とともに盛衰するものであり、それはそれで時代を映す鏡でもある。よって、否定するものではない。ただ、言葉の使われ方は使う相手と時と場所によらねばならない。若者が所構わず相手構わず、ため口をたたいているのを見聞きすると、感じがいいものではない。日本の言葉文化も廃(すた)れたなぁと思わずにはいられない。

 それに言葉には響きがあり、その響きが大切である。言葉の響きからくる印象というものが、良くも悪くも相手の心に響く。「むかつく」とか「うざい」では、いくら何でも品がなかろう。そういいながら、私もたまに腹が立ったとき独り言で使うのだが。逆に、同じ慣用句でも「まったり」や「ほっこり」の響きは歓迎したい。

 国語世論調査の結果はさらに、本来の意味で使っていない表現も紹介している。例えば、「失笑する」を本来の「こらえきれず吹きだして笑う」という意味で使っている人は28%であるのに対して、間違って「笑いも出ないくらいあきれる」という意味で使っている人は60%もいるという。さらに「にやける」に至っては、本来の「なよなよとしている」という意味で使っている人は15%に過ぎないのに対して、間違って「うす笑いをうかべている」という意味で使っている人は77%もいるという。

 そんな中、私もよく使う表現である「うがった見方」も紹介されていた。紙面曰く、「うがった見方」の本来の意味は「物事の本質を捉えた見方」という意味であり、このような意味で使う人の割合は26%であり、間違って「疑ってかかるような見方」という意味で使っている人が48%もいるという。だったら、私も間違った使い方の48%のひとりである。

 「うがった見方」が本来「物事の本質を捉えた見方」という意味である理由として、「うがつ」とは「雨だれ石をうがつ」というように、もともと「穴を開ける」「貫く」というニュアンスがあるからだと、紙面は説明する。

 本当にそうであろうかと疑問をもつ。「うがつ(穿つ)」は確かに「孔をあける」という意味があるが、「せんさくする」「普通には知られていないところをあばく」という意味も併せてもつのである(広辞苑)。私が謙遜して「うがった見方」を表現しているのは、「せんさくする」とか「斜めからものを見る」という意味合いで使っている。それに、「う(た)がった見方」の略とも考えられるからである。

 さらに、前述した言葉の響きが関係する。仮に本来の意味の「物事の本質を捉えた見方」という意味で相手の意見に「うがった見方ですねぇ」と評価した場合、相手は「そんなぁ」と照れるだろうか。反対に怒りはしないだろうか。さて、そうこう考える私の意見は、それこそ本来的でない「うがった見方」なのであろうか。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わたしは「点滴石をも穿つ」という諺をよく思い出します。
小学校の先生が何度も話すのを覚えたようです。
ポタンポタン落ちる雨の雫もやがては石に穴を開ける。
だから努力していればやがては成功する、という意味。

古いお寺の階段や軒下の踏み石が凹んでいるのを見て
まったくその通りだななんて思ったりします。だから、
穿った見方というのは他の人が気づかないところまで
見抜いているという意味でつかいます。せんさくする
という意味があるのは初めてしりました。(^-^)

Re: No title

rippleさん、
こんにちは。
朝晩、ようやく涼しくなりまいたね。

> わたしは「点滴石をも穿つ」という諺をよく思い出します。

私は「雨垂れ石を穿つ」と習いました。

> 穿った見方というのは他の人が気づかないところまで
> 見抜いているという意味でつかいます。せんさくする
> という意味があるのは初めてしりました。(^-^)

私はこの場合には「せんさく」の意味ではと、
今日の今日まで詮索してました。
勉強になりました。
けど、結局どうなんやろか。

No title

ジオさんが自ら話す「うがった見方」は謙遜が感じられます。
わたしもたぶんそのように表現するでしょう。
ものごとを斜めにみたり裏側から見たりするのは
決してマイナスではありません。

でも他人に言う場合はそんな言葉は使いませんね。
失礼になるように思いますもの。

言葉は言霊・・・生きています。
どうせなら響きのいい素敵な語感で話したいです^^

参考になりました

「うがった見方」の言葉を新聞で目にし、ジオさんのブログのタイトルでも見つけ、驚きました。
言葉の意味がよく分かりました。
私も、疑ってかかるような見方だと思ってました。

「むかつく」の言葉は、現役の頃子どもたちがよく使ってました。
だから耳慣れてしまい、品がない乱暴な言葉という感覚も麻痺してました。
奇麗な日本語を、私も心がけたいです。


Re: No title

しあわせさがしさん、
随分と朝晩は涼しくなりましたね。
もう風邪は大丈夫ですか?

> ジオさんが自ら話す「うがった見方」は謙遜が感じられます。

そう言っていただければ助かります。
ほんと、謙遜しかありませんから。

> 言葉は言霊・・・生きています。

言霊?また難しい言葉を。

> どうせなら響きのいい素敵な語感で話したいです^^

そりゃ、そうですね、
語感もそうですが、五感のマッチした仲間でやりたいですね。

Re: 参考になりました

まこさん、
犬の話にコメ7しようとしましたが、
どうしても亡き愛犬のことを思い出し、
コメする手に涙で垂れてできませなんだ。

> 「うがった見方」の言葉を新聞で目にし、ジオさんのブログのタイトルでも見つけ、驚きました。
> 言葉の意味がよく分かりました。
> 私も、疑ってかかるような見方だと思ってました。

やはりそうですか。
私の「うがった」はわかるでしょう。
斜め見です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: モノリスを見上げるパンツを履いた猿のモノローグ

デイオゲネスの犬さん、
はじめまして。
ようこそgeotechワールドへ。
ただの田舎侍の遠吠えです。
よろしかったら、
また来てください。


おはようございます^^

昨日から気温がぐっと下がり、寒いくらいの朝を迎えました。

今回の「国語世論調査」は、私も興味深く読みました。
恥ずかしながら・・・私も間違った使い方をしていた一人です。

少し前にフェイスブックに小学生向けの「感想文の書き方」という本が
紹介されていました。

「自分の感想がわからない時には、次の言葉から考えよう」と
書かれてあり、そのキーワードに驚きます。
「ムカついたこと、キレたこと、かなしかったこと、うれしかったこと、
うるうるしたこと、じまんしたいこと、くやしかったこと、感心したこと」
とありました。
何故、ムカついたこと、キレたことが最初に書かれてあるのか。
うれしかったことを先に書かないと、こどもの心の中には
それが一番大事なことと取るのではないかと思いました。

しかし、そういうネガティブな感情が存在することを認めさせるのも
教育なのだ、という意見も書かれてありました。

あれ?テーマから大幅にそれてしまいました・・・

日本語は大切に、と思います!!
もっと勉強します。

私も!

ニュースで見た時
「うがった見方」geoさんがよく使われているなと思いました。
言葉とは大衆のものですから伝わらなければ意味がない訳で
その使われ方が主流になればそれでいいのでは?
~なんて考え方は甘いですか?

Re: おはようございます^^

おしゃれな猫さん、
こんにちは。

> 昨日から気温がぐっと下がり、寒いくらいの朝を迎えました。

ほんと、2~3日前から朝夕が涼しいです。
春夏夏冬と秋を忘れてるんじゃないかと
心配です。

> 「自分の感想がわからない時には、次の言葉から考えよう」と
> 書かれてあり、そのキーワードに驚きます。
> 「ムカついたこと、キレたこと、かなしかったこと、うれしかったこと・・・・・・

ムカつくが最初という以前に、
こうそこで言葉が乱れていますね。
学校現場でも先生までも使っているんじゃないかと
心配です。

Re: 私も!

チカさん、
こんにちは。
今日はお休みですか?
えっと、今日は神戸新聞杯でしたっけ?
オフフェが勝ったときは風邪で寝込んでたんじゃ?

> 「うがった見方」geoさんがよく使われているなと思いました。

よく覚えてますね。
私の「うがった」は謙遜ですよ。
でもね、斜めにみた方が本質を見抜くことだって。

> 言葉とは大衆のものですから伝わらなければ意味がない訳で

おっしゃるとおり、
言葉の響きも含めて、
相手にどのように伝わるか、感じられるかが
大切ですね。

No title

川柳では『穿ち』が大事だと教えられました。
真正面から物を見ず、
私はナナメ45度目線だと解釈しています。
案外、これが本質を突いており、
他者と付和雷同にならない自分の立ち位置を考えるのに役立っているし、
物事を多面的に見る訓練になっている気もしています。

ジオさんは川柳向きの方かとおもいますが(*^_^*)

Re: No title

みかんさん、
こんばんは。

> 川柳では『穿ち』が大事だと教えられました。

川柳には俳句にない、「世をなめた見方」や「笑い」「風刺」などの
遊び心が求められますね。

> ジオさんは川柳向きの方かとおもいますが(*^_^*)

私の場合は、ただの、世を疎んだひねくれもの、流れものに過ぎませぬ。
そういう意味では、多角的というより、世の中に流されやすい「潜柳」なのかも
しれません。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR