洪水の恐怖

洪水の恐怖

護岸のコンクリート擁壁は長さ200mにわたって破壊。
SPOT-5の温泉は難を逃れる。
Aの萱葺きのレストラン、Bのログ蕎麦屋は流されて破壊。
河川の猛威を侮ってはいけません。
河川敷にある石の大きさを見れば、わかるでしょう。
流水はこれら巨石をいともなく運ぶのですから。

とくに河川が屈曲する攻撃側(写真上の上流側から下流に流れると写真右側が攻撃斜面となる)は洗掘が著しく危険なのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

恐ろしい爪あとに唖然とされた事でしょう・・・
被災前の護岸線からも水の流れの強かったのが読み取れます、

geotechさんのお宅は大丈夫でしたか?

No title

ひばりさんに同じく。
お宅は大丈夫でしたか?
この写真はお近くですか?
広島県内に大きな被害がでましたね。

Re: No title

お見舞いありがとうございます。
お陰で、我が家は大丈夫でした。
今後ともよろしくです。

Re: No title

お見舞いありがとうございました。
我が家から少し上流のところです。
仕事柄、災害が発生すれば、すっ飛んで行きます。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR