父から息子へのメッセージ(その五)

 大学生の息子を連れて、正月に石垣島に遊びに行ったことがある。ようやくお酒が飲めるようになった息子と、ホテルのラウンジでカクテルグラスを傾けた。

 ひとしきり昔話が出たところで、中学生時代のタバコ窃盗事件の時のことが話題になった。すると息子の口から意外な言葉が返ってきた。「お父さんがあんな形で僕をかばってくれたから、僕はグレなくて済んだ」と。

 ロン毛の茶髪の大学生である息子は、就職を前にしてギターに取り付かれていた。息子の部屋には何本ものギターが屹立し、大小のアンプがゴロゴロしていた。週末には決まって、市内のライブで演奏や練習をしていた。ギター仲間とのホームページも盛んであった。そんな息子も四年生の夏には、いよいよ就職の決断を迫られた。

 ロン毛の茶髪の息子と、久しぶりに茶の間で向き合った。就職どうする、ギターを続けたい、それだったら大学辞めてプロのミュージシャンになれ、そういった押し問答の末、最終的に「お前にとってギターとは何なんだ」と問いかけた。その問いに息子は、「僕にとってギターは趣味以上で、仕事以下だ」と、ほざいた。「冗談じゃない! 仕事以下ってものはすべて趣味に過ぎないんだ.世の中、そんなに都合よくできちゃいねぇんだ」と、久しぶりに吠えた。数日後、息子は母親にリクルートスーツを買ってくれと申し出たらしい。またその数日後、床屋に行って、ロン毛の茶髪をさっぱり切り落とし黒の短髪にした。遅ればせながら、息子の就職活動が始まった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR