実の蚊と虚の蚊



 若い頃から目を酷使してきたためか、もともとの近視に遠視と乱視を患っている。蛍雪のもとで苦学してきたためだと本人が主張するも、悪友は、若い頃から暗闇の遊びが過ぎたからだと揶揄する。

 この歳になっても、仕事柄、現場に行かない日は一日中、パソコンと対峙する。それもCADなどの細かい設計図を扱ったり、三次元のビジュアル系解析画面と睨めっこするので、目の酷使は半端じゃない。

 そんな生活習慣からか、10年前に早くも片目を白内障手術をしている。白内障手術で有名な全国の病院や医師の情報を収集した結果、遠方の病院と医師を指名し、入院手術を行った経緯がある。今日日、「日帰り手術可能」の看板が掲げられる眼科医の状況からすれば、今になって思えば、随分と大げさなことをしたものだ。

 あれから10年、あまり視力のことなど気にも留めなかったが、最近になってまた見え難くなった。手術していないもう片方が白内障なのか。そういう思いで、総合病院の眼科の門を叩いた。しかし、そうたやすく門戸は開かない。

 病院は時間がかかるもの。それも総合病院ともなれば、門前払いも茶飯事。案の定、受付には「紹介状がないとお断りします」「緊急性のある患者さんに限ります」の掲示板がある。そこを何とかと、やっとの思いで予約を取り付け、後日、診断をしてもらう。視力だの眼圧だのと一通りの検査を終え、ようやく診断となる。さて、暗闇の中にいた眼科医は超美系の女性ドクターであった。

 歳のころなら40才前半の美人ドクターが眼に光を当てて、「私の鼻の方をみてください」と言われるままに見るが、これがまた細くて筋が通った鼻だこと。暗闇の中の閃光に浮かぶその姿はまるで白衣の天使。診断の合間に待合室で待っていると、そのドクターがトイレに出て行った。白衣の下から黒いスパッツが見えて、その下は限りなく細い足首と高い白のハイヒール。

 診断の結果、片方の目も白内障が進んでいるが、手術した目のレンズが汚れてきていると。レーザーによってこの場で簡単に治療できますが、どうされますかと。美人ドクターにそう聞かれれば、一も二もなく「は、はい、お願いします」と。

 簡単に治療できるとはいっても、レーザーで焼くことに他ならない。治療後はほとんど眼が開けられない状態。運転してきては駄目だという忠告がようやく理解できた。

 しばらくして眼を見開いたところ、眼中に蚊のようなものが飛んでいる。これが「飛蚊症」(ひぶんしょう)というものらしい。蚊であったりミミズであったり、破片のようなものであったり、奇妙な物体が眼中をウヨウヨとさ迷う。

 そういえばレーザー治療の際、注意事項に署名した。よく見るとこう書いてある。「レーザー治療によって一時的に飛蚊症を発症することがあります。稀に永遠に飛蚊症となります。極めて稀に眼球を痛めることもあります。」何と恐ろしいことを。そんなリスクや脅迫を物ともせず進んで治療をお願いするとは、美人ドクターの威力は絶大である。

 その夜、夜中に耳元で蚊が飛ぶ音がして目を醒ます。どうにか退治しなくてはと目を見開くも、目の中の虚の蚊と実の蚊の区別がつかない。蚊は一匹なのに私の視界には虚実合わせて4、5匹いる。どうしたものか。この時期の実の蚊はタチが悪いが、この歳の虚の蚊もタチが悪い。虚実の蚊にさいなまれる日々が続くこと1週間。そろそろ夏も終わりに近づくころ、実の蚊も虚の蚊もめっきり少なくなってきた。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まったく・・・

最近、ジオさん
お目見えしないと思っていたら
美人ドクターに骨抜きにされていたのですね(笑)
ほんでもって蚊飛症に悩まされて・・・
お気の毒に。

最近の白内障手術の日帰りコースには
目を日張りますが、色々水面下で問題ありのようです。

あとお大事にね。
まだ30年はお目目を使わなくては・・・

Re: まったく・・・

こんばんは。
耳なし芳一ならぬ、弱視のきよしです。

> 美人ドクターに骨抜きにされていたのですね(笑)

心の浮気は許され。

> ほんでもって蚊飛症に悩まされて・・・

これがほんまの、飛んで火にいる・・・・ですね。

> 最近の白内障手術の日帰りコースには
> 目を日張りますが、色々水面下で問題ありのようです。

はい、問題ありそうですね。
またいろいろ教えてください。

No title

geoさんも片目だけ、白内障の手術をなさったんですか。
私も、15年前に左目だけ手術しました。
以来、左目で遠くを見、右目で読書をしてきましたが、
ここ数年、右目も白内障が始まりほんやりしてきました。
私の場合、術後は、飛び蚊ではなく、金魚蜂の底から
モノを見る感じでした。
この右目の手術をいつするか、万が一の失敗が怖くて、
中々決断がつきません。
目の検診って、ドクターとかなり接近しますから、geoさん
嬉しくて笑いが止まらないでしょ。

おつかれですね

飛蚊症も白内障も年齢の友ですね(*^_^*)
最近、
秋口のしぶとい蚊にいっぱい刺されています。
O型の女性に寄ってきやすいんだそうです。
血くらいあげてもいいんですが、痒い薬の注入は止めてほしい(;_;)

書いていたら痒くなってきたカイカイカイイカイ~~~!



脳内に蚊がとんでいるーー;

すみません。↑コメに名前がありませんです<(_ _)>

No title

日帰り白内障やりました 私はそれはよかったんですけれど
膜を取り除いたら中に黄斑円孔と言って黄斑に穴が開いていることがわかり直ぐ手術しました その麻酔の注射の痛かったこと
奥の方に入れて飛び上がるくらいでした 先生はこれで良しとかいってますけれど穴の開いたのをふさいだら跡が残るに決まっていると
私は思いました案の定0、3の視力でこれはメガネをかけても駄目です
縦の物がまだ少し歪んでいますにし小さいものは見えません
此れはもっと発見が遅いと剥離されて見えなくなったそうで
このくらいでは良いらしいです
飛蚊症はたいしたことないとか わたしも手術が終えてなっていましたけれど
今は治りました

No title

美人の先生じゃ
目の方なんか
そっちのけですね
その正直さに
好感が持てます

Re: No title

トパーズさん、
こんにちは。
そろそろ短い秋ですね。
どこか行かれるご予定は?

> 私も、15年前に左目だけ手術しました。

そうでしたか?15年前とは早いですね。
まだ40代じゃないですか?

> 以来、左目で遠くを見、右目で読書をしてきましたが、

目が見え難いと読書が嫌になります。

> この右目の手術をいつするか、万が一の失敗が怖くて、

そこなんす。
もう失敗してもいっかとも。

> 目の検診って、ドクターとかなり接近しますから、geoさん
> 嬉しくて笑いが止まらないでしょ。

いや、瞬間、いやらしいオヤジになってます。

Re: おつかれですね

みかんさん、
名前をかかずとも、
内容みればわかりますよ。

> 飛蚊症も白内障も年齢の友ですね(*^_^*)

あれ、太っ腹。友ときましたか。

> 秋口のしぶとい蚊にいっぱい刺されています。
> O型の女性に寄ってきやすいんだそうです。

O型に寄ってくる?
私や、呑み助に寄るものだとばかり。

> 書いていたら痒くなってきたカイカイカイイカイ~~~!

掻かないで我慢する方が、痒さが飛び火しないようですよ。

Re: 脳内に蚊がとんでいるーー;

はい、コメコメ倶楽部ってことで。

> すみません。↑コメに名前がありませんです<(_ _)>

Re: No title

喜美さん、
こんにちは。

> 日帰り白内障やりました 私はそれはよかったんですけれど
> 膜を取り除いたら中に黄斑円孔と言って黄斑に穴が開いていることがわかり直ぐ手術しました その麻酔の注射の痛かったこと

それって、手術してみてわかったのですか?
恐いですね~。

> 奥の方に入れて飛び上がるくらいでした 先生はこれで良しとかいってますけれど穴の開いたのをふさいだら跡が残るに決まっていると・・・・・

それって、医療ミスではないんですか?
今は普通に見えるんですか?
縦と横が歪んで見えたりしないんですか?
恐ろしいですね、目の病気は。

Re: No title

rippleさん、どうもです。

> その正直さに
> 好感が持てます

ただの助べえジジイですよ。
いや~、技術が下手でも
このドクターなら任せたい、
そう思うオヤジの哀れさよ。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR